自動売買システム

自動売買の設定で、データウィンドウに数値がたくさんある場合は?【インデックスの設定お悩み】

自動売買でバッファ値が複数ある場合の設定方法
yuki
yuki
自動売買エントリーのハイかローかを決めるインデックス設定ですが、データウィンドウにたくさん数値がでるインジケーターの設定方法のご相談がとても多いので記事にまとめてみました!
カオチャイ
カオチャイ
こういった複数データを出力するインジケーターはたまにありまして、内容はマーチンのエントリーが割り当てられていたり、ロジックだったり様々です!
yuki
yuki
お問い合わせをいただいても、スクリーンショットを送っていただかないとわからない場合が多く、お手間をとらせてしまうので、この記事がみなさんの問題解決につながれば幸いです!
カオチャイ
カオチャイ
ちなみにこちらの記事は、すでにハイローオートのマニュアルをご覧になって、インデックス設定でつまづいてしまっている方向けの記事でございますよ!

参考:インデックスの設定マニュアル

MT4のデータウィンドウに複数のデータがある?

MT4のデータウィンドウ

通常、MT4のチャートのハイやローの矢印にマウスカーソルをあてますと、このようにデータウィンドウに値が出力されます。このように値を出してくれるタイプのバイナリーインジケータを「バッファ型インジケーター」と言います。

そしてこの値ですが、この赤枠のように、データウィンドウに表示されるのが2種類のデータ(HighかLow)だけでしたら自動売買の設定はすんなりいきます。

 

MTをデータウィンドウ

しかしお使いのインジケーターによっては、このように複数のデータが表示されるものもあり、色々な値を出力するものがあります。

ほしいのはHighとLowの2種類だけのデータで良いのですが、赤枠の中には6つのデータが表示されており、どれがHighでどれがLowのデータなのかわかりません。

 

自動売買のインデックス

また、自動売買に利用するSignalAUTOインジケーターのパラメータ画面にも、HighとLowの2つしか入力することはできません。

データは6つあるのに、入力できるところは2つ。これは困りましたね・・・

 

yuki
yuki
この解決方法ですが、このインジケーター専用のツールを有料でハイローオート公式に作ってもらう事ができますが・・・
カオチャイ
カオチャイ
やはり皆さん、なるべく出費は減らしたいですよね?ですのでちょっと強引に設定を行います!

 

一つのチャートに2つしか設定できないならチャートを増やしてしまえばいい

MT4のデータウィンドウ今回のインジケータですが、このように6つのデータが表示されています。

SignalAUTOの設定のインデックスのルールとして、このように上から0,1,2,3,4,5,と数字は割り当てられていきましたね。

しかし一つのSignalAUTOで設定できるインデックスは2つまで。

じゃあデータが6つあって一つのチャートに2つまでしか設定できないならチャートを3つに分けてしまえばできるんじゃないですか?

 

yuki
yuki
はい。実はその発想でできるんです!
カオチャイ
カオチャイ
チャートを3つ作ってそのすべてに、お使いのサインツールとSingnalAUTOを適用させてしまえば可能なんです!

 

 

というわけでチャートを3つ作ってインデックスを実際に探してみます。

 

HighとLowの矢印にマウスカーソルをあててインデックス番号を見つけます

自動売買のインデックス番号 ひとまずサイン(矢印)にマウスカーソルをあてて値がちゃんとでているかを見ていきます。このHighのサインはどうやらインデックス番号は0のようです

 

自動売買のインデックス番号 次にLowのサインにマウスカーソルをあてると1のインデックスが反応しました。

 

yuki
yuki
インデックス番号は0と1で隣り合っていて、サインもHighとLowをセットにするとわかりやすいので、これでチャートを一つ作ってしまいましょう

 

 

自動売買のインデックス番号 続きまして、色々と触っているとどうやらインデックス2番(番号はMT4のルールで上から0,1,2と割り振られてますのでこれは2ってことです)はHighのサインのようです

 

自動売買のインデックス番号Highのインデックス2番が見つかったので、じゃあ次は3番の矢印がないかを探していましたらありましたよ。どうやらLowのサインのようです。

ですのでこのHighとLowのサインをワンセットでもう一つチャートを作ります

 

yuki
yuki
チャートに適用させるインデックス番号は正直どれをセットにしてもよいのですが、このようにHighとLowをワンセットに、さらにはインデックス番号も隣合わさったもの同士でセットにしたほうがあとからわかりやすいですね!

 

そして残りの一つも同様に番号を見つけてチャートを分ければ複数のデーターが出力されているインジケーターも動かすことができます。

yuki
yuki
以上が強引ではありますが、複数のデータを出力するサインツールの設定方法でした! 

マーチン機能があるサインツールの場合はマーチンスイッチをオフにして下さいね

カオチャイ
カオチャイ
ここでご紹介した方法は専用のツールが必要ないので、出費が抑えられる代わりにですが自動売買で稼働させた時に少し注意点があります

 

マーチン設定

バイナリーのサインツールによってはこのように矢印が2つや3つ連続してでているものがあります。

これはおそらくサインツールの開発者さんがマーチンの設定をロジックに割り当てたものだと推測できます。

ですので1本目で敗けたら2本目のサイン(マーチン)が、2本目が敗けたら3本目のサイン(再マーチン)がでるように作られています。

それに関しては問題がないのですが、もしハイローオートの自動マーチンスイッチをONにしている状態でチャートを分けてしまいますと、ハイローオートはそのチャートのエントリーが新規のエントリーなのか、マーチンのエントリーなのかを読み取ることができません。

ですので、今回のようにチャートをわけて自動売買を行う場合は、かならずマーチンスイッチをオフにしていただいて稼働させてくださいませ。(マーチン機能が内包されていないロジックでしたらマーチンスイッチはONでも大丈夫です、ただし無理やりチャートを分けているので、もし他のエントリーがマーチンと被った場合はエントリーが優先されます。)

バイナリー自動売買システムハイローオート
【ハイローオーストラリア対応】バイナリーオプション自動売買システムハイローオーストラリアでの取引を24時間自動売買化するシステム、ハイローオートのご紹介です。 複数同時通貨のエントリーや、口座凍結防止機能も搭載。もちろんVPSにも対応しております。 無料デモトレードも可能ですのでぜひ御覧くださいませ。...