株の基礎知識

特定口座と一般口座の違い【確定申告は不要?必要?】

特定口座と一般口座
yuki
yuki
本日は株取引が初めて!という人向けに特定口座と一般口座の違いをご説明していきたいと思います!
カオチャイ
カオチャイ
証券会社の申込用紙にはいきなり特定口座か一般口座を選ばないといけないんで、初心者の方は何のことかさっぱりですからね!
yuki
yuki
まあ答えとして殆どの方は特定口座で良いのですが、一般口座にも使い所がございますので、その当たりもご説明していきますね~
株サヤ取りへの案内
株ラボが初めての方はこちらから まずはサヤ取りの前提知識から! サヤ取りソフトのダウンロードと基本マニュアル チャートの分析方法を深堀り...

特定口座は確定申告がいらない

特定口座

株の利益や配当金には税金がかかります。

証券会社に口座を開きますと、まず「特定口座」か「一般口座」を決めなければいけませんが、どちらの口座を選ぶかによって税金の申告方法に大きな差が出てきます。

FXやバイナリーオプションなどから株に移動してきた人たちは、株の世界はこのように税金関連にかなりきっちりとした規則ができあがっているので驚くかもしれませんね。

さて、まず特定口座ですが、こちらは確定申告がとっても簡単にできる口座です。株取引には20.315%の税金がかかりまして、基本的には自分で税務署へ行って納税しなければいけません。

しかしこの特定口座を選ぶと、口座を開いた証券会社さんが1月1日~12月31日までの1年間の譲渡損益を、投資家がなにもせずともまとめてくれるんです。

そして一般口座ですが、こちらは出た利益や損失に関してすべて自分で計算して年間取引報告書を作成して確定申告も自分で行います。圧倒的に手間がかかってしまいます。

それではまず、ほとんどの方におすすめできる「特定口座」のご紹介から進めていきますね。

 

特定口座の源泉徴収あり

特定口座を選びますと、「源泉徴収」のあり・なしを選ぶ必要があります。

源泉徴収とは、お勤めの方でしたら給与から引かれていますのでご存知だと思いますが、年間の利益にかかる税金を予め差し引くことを言います。

つまり「源泉徴収あり」を選ぶと、投資で毎回利益が出る度に証券会社が税金を徴収して、投資家さんの代わりに納付してくれるので確定申告をする必要がなくなるんです。

また、同じ証券会社の特定口座内でしたら、利益が出て源泉徴収された後に、もし大きな損失を出した場合、先に源泉徴収されていた分が戻ってきます。これも特別な手続きはいりませんのでとっても楽なんです。

そして特定口座源泉徴収ありのデメリットとしては、年収2000万円以下の会社員の場合は投資の利益は20万円以下の場合は無税なのですが、特定口座の場合、毎取引ごとに徴収されますので、納めなくてもよい分まで毎回引かれてしまいます。

そのため、もし年度末に年間損益がプラス20万円以下に収まった場合は、確定申告で取り戻す必要があります。

利益が20万円以下でも、免除されるのは所得税15%と復興特別所得税0.315%で、住民税5%に関しては税金は免除されません

 

特定口座の源泉徴収なし

特定口座の源泉徴収なしですが、先ほどの源泉徴収ありとの違いは、証券会社が年間取引報告書は作成してくれますが、税金を自動で徴収してくれないので確定申告は自分でしなければいけません。

ただし年間20万円以上の利益が出なければ確定申告は不要ですので、そのことが事前にわかっている投資家さんでしたら、源泉徴収がされない分、余計な税金を払わなくて済みます。

 

特定口座の源泉徴収ありでも確定申告はできる

手間のかかる確定申告ですが、年間の利益がマイナスの場合に確定申告を行うと、その年の損失を翌年以降3年間繰り越すことができます(損失の繰越控除)

特定口座の源泉徴収ありの場合、この繰越控除は自動でおこなわれると思っている方もいらっしゃいますが、繰越控除を受ける場合はご自身での確定申告が必要です。

 

カオチャイ
カオチャイ
ちなみに、繰越控除はうっかり確定申告の期限が過ぎてしまっても受理される場合がありますよ!

 

一般口座は確定申告が必要

一般口座

一般口座で取引している株式は、投資家が自分で損益を計算して確定申告を行わなければいけません。いわゆる帳簿付けが必要です。

特定口座と一般口座の一番の違いは、この損益計算を自分でやるかやらないかの部分ですね。

税理士や会計士を目指している人が勉強のために一般口座を開くというのはあるそうですが、一般の人にはほとんどメリットはありません。「一般」口座という名前だけでこちらを選んでしまう初心者さんも多いそうで、ここは名前の変更をしたほうが親切ですね。

一般口座は年に数回しかトレードされない長期投資の方ならまだなんとかなるのですが、デイトレーダーなどの売買回数が多い方は1年期間ですと計算が多くなりますので必ず特定口座を使うようにしてください。

なお、最初に一般口座で申し込み、途中で特定口座に移したいとなっても、口座をまたいで株の移管はできませんので、一旦決済してから特定口座に資金を移して取引再開となります。

 

一般口座を作るメリットとは?

上場株の売買では注文が成立した「約定日」と株の「受け渡し日」まで2日の時間差があります。(2019年7月以前までは3日)

投資信託の場合は種類によってはさらに時間がかかるものもあります。

特定口座の場合は受渡日の記載が損益計算に必要ですので、その年の最終取引日(大納会)よりも2日前には売買を完了していなければ年内の取引分としてまとめることができません。

しかし一般口座の場合、約定日ベースで計算しますので、大納会までの取引が年内取引としてまとめられます。

次に、一般口座では未公開株(プライベート・エクイティー)の売買が可能となっています。これは証券取引所を通さず、当事者同士で売買をすることが可能ですが、この時に一般口座を利用します。

ただし、個人間の未公開株売買は怪しい話も多いので注意が必要です。

 

カオチャイ
カオチャイ
あと余談ですが、以前までの一般口座は30万円以下の損益に関しては税務署へ情報がまわっていなかったので、ちょっと良からぬことができたりとかできなかったりとか・・・しかし現在は少額でも全て税務署へ情報がいきますよ!

 

特定口座と一般口座の違い【確定申告は不要?必要?】 まとめ

yuki
yuki
以上が特定口座と一般口座のお話でした!
カオチャイ
カオチャイ
基本的には「特定口座の源泉徴収あり」を選べば問題ないということです!
yuki
yuki
そして損失が出た時だけ繰越控除を受けるために確定申告ですね!
カオチャイ
カオチャイ
特定口座は2003年に始まりましたが、当時は画期的でした!次の年の確定申告窓口が一気に空きましたからね!FXやバイナリーオプションなどには無い、株特有の便利なシステムですよ!
証拠金と追証
サヤ取りで気をつけたい追証と委託保証金維持率の解説 https://fx-ea-labo.com/sayadori/first_order/ 追証とは? FXから株にい...
株のサヤ取りとは?
正しい株のサヤ取りとは?【相関係数に騙されてはいけない】聖杯手法と言われているサヤ取りなのになぜ勝てないのか?それには明確な理由がはっきりと存在します。これまでサヤ取りで勝てていなかった人向けに理由と、無料の統計ソフトを使った分析をご紹介します。 ...
ABOUT ME
YUKI
株ラボの他に、BO自動売買ハイローオート、MT4・MT5のツール制作サイトシストレファクトリーを運営しています。 MT4に関する幅広いサポートを行っております。