株の基礎知識

今さら聞けない日経225とJPX400の違い

日経225とJPX400の違い
yuki
yuki
本日はおすすめのサヤ取り銘柄が集中しているJPX400と日経225の違いについてお話したいと思います
カオチャイ
カオチャイ
登録銘柄はどちらも文字通り400社と225社なのですが、選出方法はどのようになっているのでしょうか?
yuki
yuki
また、選出基準も両者は異なりますのでそのあたりもお話していきますね
無料で使える株のサヤ取り統計分析ツール
ダウンロード
BLSシステムのダウンロードページこちらはバフェットロング・ショートシステム(BLSシステム)のダウンロード専用ページです。 初めてご利用の方は2週間無料チケットもご利用いただけますよ。...

日経225やJPX400などの株価指数

今回お話するのは日経225やJPX400といった株価指数のお話です。

株価指数とは取引所全体の銘柄や特定の銘柄を集めて数値化したものです。

私達は株価指数を見ることで個別銘柄からはわからない景況感や、市場全体のリアルタイムの状態を把握することができます。

株価指数で重要なのは「連続性」で、これを保つために計算方法は単純平均ではなく、銘柄間の価格調整を行うなどの工夫がされています。

たとえば1株→10株といった株式分割が起こった場合、株価は10分の1になりますので、この株価を指数に採用してしまうと実態は変わっていないのに指数が変動してしまうということが起こりますからね。

連続性が保たれているおかげで、先週より「割安」「割高」や、「バブル時期の景気はすごかった」といった判断をすることができます。

それでは具体的な計算方法なども踏まえて日経225とJPX400の違いをご紹介していきますね。

正規分布
サヤ取りで負けている人は正規分布していないデータを使っている 相場はランダムの中の規則でトレードする トレードの世界にはランダムウォーク理論というものがあります。 これは「相場は不規則で...

 

エリート企業が集まった日経平均株価(日経225)

東京証券取引所

株式市場でもっとも利用されている株価指数は日経平均株価(日経225)です。

日本を代表する企業で構成されており、日本経済新聞社が東証一部銘柄の中から225企業を抽出して株価を平均したものです。

225という数値に特別な意味はなく、売買高の多い銘柄を全業種からバランス重視で選んだ結果、225銘柄になったということです。

採用銘柄は固定ではなく、毎年9月6日に日経新聞社から発表され、10月の第1営業日に変更されます。

 

日経225の計算方法

225銘柄の株価の合計 ÷ 24.917

実は日経225、単純に225銘柄の平均を出したものではないんです。

個別企業の株式を見ると長い期間中に分割されたり併合されたりと変化しています。それを単純に株価÷銘柄数で割ってしまいますと市場の景況感を表す正確な数値をだすことができません。

そこで、「除数の修正」と「みなし額面の調整」によって株価の連続性を保っています。

 

除数の修正

株式分割や株式併合された株価を日経225で利用するためには除数の修正を行います。

たとえば株式分割で1株を2株に分割すると、そこで株価は半分になってしまいます。その株価をそのまま日経225に採用してしまうと計算に大きなズレが発生しますので、過去に1株を2株にした銘柄はその株価を2倍して計算します。

もちろんその逆で2株を1株に株式併合した銘柄は1/2にして計算です。

この除数の修正を日経225銘柄で繰り返していくうちに、現在の日経225の除数は24.917となっています。

日経平均株価指数を開始した当初はもちろん225で割っていましたが大分小さくなってしまいましたね。

 

みなし額面の修正

みなし額面は、各銘柄の影響力を平均化するために調整しているものです。

今はありませんが、昔は「額面」という、「会社が設立されときに発行した株式の値段」がありました。この価格は昔の会社だと50円が多く、新しい会社は50000円の額面が一般的です。

そしてこの額面ですが、連続性を保つのが大切な株価指数にとっては少々厄介な存在なんです。

額面の価格というのは現在の株価のベースになっています。50円スタートと50000円スタートでは最初から株価に大きな差がありますし、株の値動きも、もともと50円の株が1000円になったのと、50000円が1000円になったのとでは意味合いがまったく変わります。

その辺りを修正せずに計算してしまったら、当然額面50000円の影響力が大きくなってしまいますね。

そこで日経225では、計算上は50000円の額面を50円に統一して計算します。額面50000円の銘柄は株価を1000分の1にして計算するということです。

これがみなし額面の修正です。

 

日経225には問題点も・・

日経225は連続性を保つために株価の修正はしますが、単純に225銘柄の平均なので、株価の高い「値がさ株」の影響を強く受けます。

特にユニクロで有名なファーストリテイリング社だけで全体の値動きの8%も影響します。

そのため海外ファンドなどの投機マネーがファーストリテイリングにはいり、意図的に日経225の上昇をつくることもできてしまいます。

また、KDDI・ファナック・ソフトバンクグループ・京セラをいれると全体の20%の値動きに影響するため、日経225と実態経済の乖離があり、そのため海外では東証株価指数(TOPIX)を重視する傾向があります。

※東証株価指数(TOPIX)は東証一部の全銘柄を対象とした指数で、1968年1月4日を基準日の「100」として、2020年6月16日の時点では「1589」となっています。

日経225の過去最高値と最安値

日経225の過去最高値は1989年12月29日の終値で3万8915円87銭です。

この年は政府の財政政策と日銀の低金利政策で好景気が起こっており、この1年で株価が8750円も上昇しました。バブル経済というやつですね。

逆に日経225の過去最低値ですが、これは2008年10月28日リーマン・ショック時の「6994円90銭」です。

前年のサブプライムの暴落の余韻がまだあり、市場は下げることに多少慣れてはいましたが、一旦2008年3月に底らしい動きをみせて反発してからの、6月~10月の5ヶ月で14000円台から7000円台までの落ちは誰もついて行けない相場でした。

 

資本を有効活用している企業が集まるJPX400

東京証券取引所(JPX)

JPX400は、JPX(証券取引所グループ)と日本経済新聞社が、2014年から公表を始めた株価指数です。

特徴としては日経225のように単純に平均を取ったものではなく、過去3期以内に赤字を出していなかったり、株主資本利益率が魅力的な値だったりの基準を満たす「投資家にとって投資魅力の高い400社」で構成されています。

比較として、JPX400採用銘柄の3年平均ROE(自己資本利益率)は12.5%であり、東証一部の平均8.2%を大きく上回っています。

また、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が運用指標として使っていたり、日銀がJPX400に連動するETFを買い入れしていることから、新しい指標ながら十分に認知されていると言って良いでしょう。

銘柄入れ替えは年に1回、8月に行われます。年の途中に上場廃止銘柄がでてもそのつど補充はせずに、8月の定期入れ替えで補充されます。

 

JPX400の算定方法

JPX400の算定方法ですが、まず東証一部と二部、マザーズにJASDAQから、次の適正基準を満たしていない企業をふるいにかけます。

「上場後3年未満」「過去3期で債務超過がある」「過去3期が赤字」

「整理銘柄に該当」した企業

そして直近3年間の売買代金と時価総額をみて市場流動性を満たしていないものも外します。

その後、残った銘柄を次の3項目でスコアリングします。

3年平均ROE:40%
3年累積営業利益:40%
選定基準日時点における時価総額:20%

さらに、次のコーポレートガバナンスなどに関する評価を加えます。

独立した社外取締役の選任(2人以上)
IFRS採用(ピュアIFRSを想定)または採用を決定。
決算情報英文資料のTDnet(英文資料配信サービス)を通じた開示

カオチャイ
カオチャイ
そして残った銘柄のスコア上位400銘柄がJPX400になります!

 

JPXの弱点

JPX400構成銘柄の成績はよくTOPIX(東証1部上場の全銘柄が対象の指数)や日経225と比較されます。

実際のところは日経225にちょっと負けてTOPIXとそこまで変わらないというのが現状でしょうか。

なぜ将来性のある銘柄で構成しているJPX400がTOPIXと比べてそこまで変わらないのか?

これは銘柄選考の時に過去三年間のROEや営業利益などが参考にされるのですが、JPX400に採用されるほど良い成績を上げているということは、株価はその三年間で上がりきっているということで、採用時には上値余地がすでに無くなっている場合があり、好成績が出せないという理由があります。

また、業績によって入れ替えがされるのですが、選定の基準が読みやすく、証券会社などの予想はかなりの率で当たるため、8月の銘柄入れ替えの時期が近くなると不採用銘柄と採用銘柄の株価が激しく動きます。

ただし業績が悪いところはどんどん退場させられるので企業努力を焚きつける役目としてはしっかり機能しているかと思います。

 

日経225とJPX400を重複している銘柄

日経225は東証一部銘柄、JPX400もその9割以上は東証一部銘柄で構成されていますので、当然2つの指数を重複している銘柄が存在します。

このような銘柄は流動性が高く、特に一つの銘柄に絞ってひたすら売買する「うねり取り」などの手法をおこなっている人たちは、重複銘柄を主戦場にする方が多いです。

実際、サヤ取りのBLSシステムの場合ですと重複している銘柄ペアは異常値がでてもすぐに戻る傾向があり、重複銘柄に絞ってトレードするのは有効だと考えられます。

ただし、銘柄入れ替えの8月には各証券会社からJPX400入れ替え予想がバシバシでるので、値動きには注意しておかなければいけませんよ。

日経225とJPX重複銘柄一覧(2020年9月時点)

(株)IHI 7013 (株)あおぞら銀行 8304
旭化成(株) 3407 アサヒグループHD(株) 2502
(株)アドバンテスト 6857 アルプスアルパイン(株) 6770
味の素(株) 2802 アステラス製薬(株) 4503
(株)アマダ 6113
イオン(株) 8267 いすゞ自動車(株) 7202
出光興産(株) 5019 伊藤忠商事(株) 8001
宇部興産(株) 4208 エーザイ(株) 4523
AGC(株) 5201 ANA HD(株) 9202
(株)NTTデータ 9613 (株)NTTドコモ 9437
ENEOS HD(株) 5020 MS&ADインシュアランスGHD(株) 8725
エムスリー(株) 2413 王子HD(株) 3861
大塚HD(株) 4578 (株)大林組 1802
小田急電鉄(株) 9007 オムロン(株) 6645
オリンパス(株) 7733
花王(株) 4452 カシオ計算機(株) 6952
鹿島建設(株) 1812 関西電力 9503
キッコーマン(株) 2801 キヤノン(株) 7751
京セラ(株) 6971 協和キリン(株) 4151
キリンHD(株) 2503
(株)クボタ 6326 (株)クラレ 3405
京成電鉄 9009 京王電鉄(株) 9008
KDDI(株) 9433 国際石油開発帝石 1605
コナミHD(株) 9766 コニカミノルタ(株) 4902
(株)小松製作所 6301 コムシスHD(株) 1721
(株)コンコルディア・FG 7186 (株)サイバーエージェント 4751
(株)SUMCO 3436 JFE HD(株) 5411
(株)ジェイテクト 6473 J.フロントリテイリング(株) 3086
塩野義製薬(株) 4507 (株)資生堂 4911
清水建設(株) 1803 昭和電工(株) 4004
信越化学工業(株) 4063 (株)新生銀行 8303
(株)SCREEN HD 7735 スズキ(株) 7269
(株)SUBARU 7270 住友化学(株) 4005
住友金属鉱山(株) 5713 住友重機械工業(株) 6302
住友商事(株) 8053 住友電気工業(株) 5802
住友不動産(株) 8830 セイコーエプソン(株) 6724
積水ハウス(株) 1928 セコム(株) 9735
(株)セブン&アイ・HD 3382 双日(株) 2768
ソニー(株) 6758 ソフトバンクグループ(株) 9984
SOMPO HD(株) 8630 第一三共(株) 4568
第一生命HD(株) 8750 ダイキン工業(株) 6367
大成建設(株) 1801 大日本住友製薬(株) 4506
太平洋セメント(株) 5233 太陽誘電(株) 6976
大和ハウス工業(株) 1925 (株)大和証券グループ本社 8601
武田薬品工業(株) 4502 (株)千葉銀行 8331
中外製薬(株) 4519 中部電力(株) 9502
(株)T&D HD 8795 (株)ディー・エヌ・エー 2432
帝人(株) 3401 テルモ(株) 4543
デンカ(株) 4061 (株)デンソー 6902
(株)電通グループ 4324 東海カーボン(株) 5301
東海旅客鉄道(株) 9022 東急不動産HD(株) 3289
東京エレクトロン(株) 8035 東京海上HD(株) 8766
東ソー(株) 4042 東武鉄道(株) 9001
東宝(株) 9602 東レ(株) 3402
TOTO(株) 5332 東京建物(株) 8804
DOWA HD(株) 5714 (株)トクヤマ 4043
トヨタ自動車(株) 7203 豊田通商(株) 8015
トレンドマイクロ(株) 4704 (株)ニコン 7731
西日本旅客鉄道(株) 9021 (株)ニチレイ 2871
日産化学(株) 4021 日東電工(株) 6988
日本軽金属HD(株) 5703 (株)日本取引所グループ 8697
日本水産(株) 1332 日本精工(株) 6471
日本たばこ産業(株) 2914 日本通運(株) 9062
日本電気(株) 6701 日本電信電話(株) 9432
日本ハム(株) 2282
野村HD(株) 8604 (株)長谷工コーポレーション 1808
パナソニック(株) 6752 (株) バンダイナムコHD 7832
東日本旅客鉄道(株) 9020 日立建機(株) 6305
(株)日立製作所 6501 日野自動車(株) 7205
(株)ファーストリテイリング 9983 ファナック(株) 6954
(株)ファミリーマート 8028 富士通(株) 6702
富士電機(株) 6504 (株)ブリヂストン 5108
古河電気工業(株) 5801 本田技研工業(株) 7267
松井証券(株) 8628 マツダ(株) 7261
(株)丸井グループ 8252 マルハニチロ(株) 1333
丸紅(株) 8002 (株)みずほFG 8411
(株)三井E&S HD 7003 三井化学(株) 4183
三井住友トラスト・HD(株) 8309 (株)三井住友FG 8316
三井物産(株) 8031 三井不動産(株) 8801
(株)三菱ケミカルHD 4188 三菱重工業(株) 7011
三菱商事(株) 8058 三菱地所(株) 8802
三菱電機(株) 6503 (株)三菱UFJ FG 8306
ミネベアミツミ(株) 6479 明治HD(株) 2269
(株)安川電機 6506 ヤマトHD(株) 9064
ヤマハ(株) 7951 ヤマハ発動機(株) 7272
横河電機(株) 6841 横浜ゴム(株) 5101
(株)リクルートHD 6098 (株)りそなHD 8308

 

正規分布
サヤ取りで負けている人は正規分布していないデータを使っている 相場はランダムの中の規則でトレードする トレードの世界にはランダムウォーク理論というものがあります。 これは「相場は不規則で...

今さら聞けない日経225とJPX400の違い まとめ

yuki
yuki
意外と日経225もJPX400も株価指数の算出には複雑な計算方法をしていましたね
カオチャイ
カオチャイ
価格の連続性が途絶えてしまうと投資家さん達が迷子になってしまいますからね
yuki
yuki
株ラボがご紹介しているBLSシステムでは当然日経225もJPX400も選べますし、実際時価総額などの観点からみても双方の採用銘柄中心に取引されることをおすすめしますよ!
無料で使える株のサヤ取り統計分析ツール
ダウンロード
BLSシステムのダウンロードページこちらはバフェットロング・ショートシステム(BLSシステム)のダウンロード専用ページです。 初めてご利用の方は2週間無料チケットもご利用いただけますよ。...
サヤ取りとは
株のサヤ取りで勝てない人が絶対に知らないBLSシステム聖杯手法と言われているサヤ取りなのになぜ勝てないのか?それには明確な理由がはっきりと存在します。これまでサヤ取りで勝てていなかった人向けに理由と、無料の統計ソフトを使った分析をご紹介します。 ...

 

ABOUT ME
YUKI
株ラボの他に、BO自動売買ハイローオート、MT4・MT5のツール制作サイトシストレファクトリーを運営しています。 MT4に関する幅広いサポートを行っております。