サヤ取り実践

株のサヤ取りで勝てない人が絶対に知らないBLSシステム

サヤ取りとは
yuki
yuki
今回紹介するのは近年稀に見る合理的な株のサヤ取り手法です
カオチャイ
カオチャイ
これまで株のサヤ取りで勝てない人の原因は、経験やテクニックではなく取り扱うデータに問題があるという部分も合わせて解説していきますので、ぜひお役立て下さい

サヤ取り経験者で、勝てない原因をすぐ読みたい方はここから飛べます

株のサヤ取り手法とは?

ジョージ・ソロスジョージ・ソロス

まずは一般には聞き慣れない「サヤ取り」のお話から始めましょう。

サヤ取りは世界三大利殖(サヤ取り、サヤ滑り取り、オプションの売り)の一角に並べられ、世界で最も裕福な一族であるロスチャイルド家や、イングランド銀行を潰したことで有名な投資家のジョージ・ソロスがおこなっていた手法です。

基本的なサヤ取り手法としては、似たような動きをしている2つの銘柄を探し出して比較し、その価格差(サヤ)の伸び縮みを利用して利益を狙うというものです。

株サヤ取りの基本
サヤ取り解説

上の画像を見ていただくと通常は200円程度の価格を保ちながら同じ動きをしているA社とB社ですが、突発的なニュースがでてサヤの異常値がでました。

ここで価格が安くなったA社は買いで、価格が変わらなかったB社は売りで入るわけですが、このエントリーの前提として相関のある2つの銘柄の「価格差はいずれ戻る」ということが前提にあります。

カオチャイ
カオチャイ
この「価格差はいずれ戻る」根拠ですが、下記の2つの理由があります

 

「異常値の多くは短期トレーダーの売買」

「情報が正しく認識されるのには時間がかかる」

この2点について次で説明しますね。

 

①異常値の多くは短期トレーダーの売買

ニュースで株価が大きく動くものと言えば会社の不祥事などで、報道されると株価は一時的に大きく下がったりします。

しかしなにかしら小さなニュースは毎日ありますし、過去のチャートを見るとニュースで突発的に動いた株価は、ほとんどの場合一時的な動きの場合が多く、時間が経つと元の価格に落ち着いていることが多いのがわかります。

理由としては、ニュースなどの目先の要因では短期トレーダーたちが売りで飛び乗って価格が下がりますが、下がった所には中期・長期トレーダーが「安い」と判断する指値がありますし、機関投資家(金融機関等の大口)は不祥事程度の小さなニュースには見向きもせず、企業の業績や将来性を見て株を購入します。

特に大口ほど業績をしっかり見て株を購入しますので、突発的なニュースで短期トレーダーの投げ売りで価格下がったところで、結局は中長期トレーダーが買いやすくなっただけということが多々あり、本来持っている実力の株価に戻っていきます。

 

②情報が正しく認識されるのには時間がかかる

株の価格に一番影響するのは企業の財務状況(決算)です。しかし、財務状況(決算)が正しく株価に織り込まれるのは少し時間がかかります。

例えば、以前A社という保険会社が、「顧客に保険金を支払うことを渋った」のが理由でSNSで炎上、その後TVニュースにまで取り上げられ株価が下がりました。

しかしA社の「保険金の支払いを渋る」という行為は、たしかに会社の印象は悪くなりますが、決算への影響はどうでしょうか?

「保険金の支払いを渋る」というネガティブに報道されるニュースは顧客からの一方的な見方に過ぎません。経営者や投資家の立場から見ると「顧客の一方的な要求をきちんと断った」ポジティブなニュースとも言えます。

つまり保険会社が無駄な支出を押さえたということですので決算には好影響になるはずです。

情報が少ない中、支払いを渋ったことでお客さんが保険の解約に殺到する事を見越して株を売った投資家がいる一方で、思ったよりも解約されていないどころか、保険金支払い額を抑えて利益が増えると判断して株を買いに来る投資家達もいます。

この市場の判断の違いがサヤが是正されるのに時間がかかる理由です。

時間がたてばたつほど投資家の判断材料が世に多く出てきますので皆が同じ判断をくだすようになります。

ですので、企業の利益構造に大きな変化が起こらないのであれば「価格差はいずれ戻る」のです。

 

サヤ取りはなぜ両建てするの?買うだけではダメなの?

両建て

サヤ取りが広まっていない理由の一つに、「手法の意味」がいまいちわかりにくいということが上げられます。

「なぜ、わざわざ2つの銘柄を両建てするのか?メリットがわからない」

普通の方でしたらまずこの疑問が浮かびます。

サヤ取りは「似たような動きをする銘柄を両建て」ですので、せっかく買いで利益がでても、もう片方は売りで損失をだす可能性が高いわけですから、利益が相殺されて少なくなるのでそう考えるのは当然でしょう。わざわざ両建てにする意味がいまいちピンときません。

株の基本は価格が安い株を買って値上がったら売る」ですから、その儲けをわざわざ両建てして手に入れないなんていうのは理解に苦しみますね。

しかしこの価格が安い株ということはどういうことでしょうか?

何と比べて安いのか?日経平均?テクニカル指標?決算内容?それとも昨日の値段と比べて安いのか、1年前の価格と比べて安いのか?勘案しなければいけない材料があまりにも多すぎます。

株価には適正価格と呼ばれるものはあっても、その値段におさまることはほとんどありません。

つまり「株価が安い」という考え方は自分の感想に過ぎません。自分が安いと思って購入しても他の人が高いと思えば株価はまだ下がります。

「あっ!この値段なら安いから購入しよう!」で失敗したことがある人は、その考え自体が誤りだとまずは気づかないといけません。

yuki
yuki
いくらテクニカル手法で線をたくさん引いて分析したとしても、結局それは主観的な判断にすぎません
カオチャイ
カオチャイ
テクニカル手法でこれまで勝てていないという方は、まずこの考え方を理解することが大切です

 

両建てをする理由は絶対的な「物差し」を手に入れるため

株価の比較

5401日本製鉄と5707東邦亜鉛の株価推移比較

 

株価が高いか安いかは、単体で企業を見ても考慮しなければいけない材料が多すぎて判断が難しいです。

しかしサヤ取りは、似た動きをしている2銘柄を売りと買いの両建てすることによって、今の株価が「高いのか安いのか」を明確にします。

なぜ両建てが高いのか安いのかを明確にするかといいますと、サヤ取りに使う2銘柄は過去に同じような動きをしているものですが、同じような動きをしているということは、これまでに「市場のあらゆるニュース、景気、暴落などを織り込んでなお同じ動きをしてきた」ということです。

なぜ同じ動きをしてきたかというのは、その2つの銘柄を売買している市場参加者が一定だったり、同じ性質のニュースに反応する銘柄だったり、その2銘柄を大口の機関投資家がサヤ取りしていたり、その銘柄の企業が株価を意識して自社株買いなどのコントロールをおこなっていたりと、色々な理由があります。

しかし理由はどうあれ、同じ動きをしている2銘柄のサヤを比較した時、「サヤが広がっていればどちらかが高すぎるor低すぎる」のは間違いないので、両建てではいってしまうわけです。

単体銘柄の「高いか安いか」の判断は材料が多すぎてわかりませんが、同じ動きをしている銘柄2つを比較する場合に限っては、その2銘柄の価格差だけで「高いか安いか」を判断するわけですから非常にシンプルかつ精度が高くなるのです。

 

問題はどうやって似た動きをしているペアを見つけるか

似たような動きをしているチャート日経とダウは基本的に同じような動きをしていますね

実は、個人レベルで行えるサヤ取り手法は300年以上も前に考え出されたままで、基本的な手法の形は変わっておりませんが、証券会社や投資銀行など最前線でも使われているプロのサヤ取り運用方法は実は完全にブラックボックスで一般には公開されておりません。

毎年サヤ取りを使って黒字を出している投資銀行は多くあります。しかし個人がサヤ取りで勝っている話や、実際に稼げるサヤ取りのツールの話はあまり聞きません。

この理由としては、個人投資家が扱える株サヤ取りソフトは「相関係数」をメインに使用していたり、テクニカルを無理やり当てはめて売り買いを判断したりするもので、統計的に見ると無意味な事をしているのが主な理由です。

ITが発達して現代は10年前の相場とは形を変えており、個人がテクニカル分析で容易に稼げる相場はすでに終焉しているので、個人がサヤ取りで勝つためには一工夫が必要です。

カオチャイ
カオチャイ
そこで最新のサヤ取り手法が登場するわけですが、それをわかりやすくするために、まずは従来のサヤ取り手法を御覧ください
ダウンロード
BLSシステムのダウンロードページこちらはバフェットロング・ショートシステム(BLSシステム)のダウンロード専用ページです。 初めてご利用の方は2週間無料チケットもご利用いただけますよ。...

従来のサヤ取り手法が勝てない理由

これまで多くのサヤ取りソフトでは、相関係数で見つけ出したペアを使い、サヤが広がりすぎる異常値をテクニカル分析に当てはめて判断していました。

ボリンジャーバンドの2σ(シグマ)や3σを突破した所を見つけるのが一般的ですね。

サヤ取りのテクニカル分析

上記は色々なサヤ取りソフトで使われている株価のサヤ比(株価A÷株価B)をグラフにしたもので、ボリンジャーバンドの2σなどの標準偏差を利用してエントリーするものです。

サヤチャート
サヤチャートの形でサヤ取りの勝率をあげよう サヤチャート サヤチャートは株のサヤ取りの銘柄選別のサポートに使える折れ線グラフです。 銘柄2÷銘柄1でサヤ...

 

テクニカル分析はサヤ取りにあまり役に立たない

一般的にボリンジャーバンドで言われているのが、中央の移動平均線を基準として1σ以内に収まる率は68%、2σ以内は95.4%、3σの以内に収まる率は99.7%となっておりますが、それならば実際に3σを超えてから逆張りすればほぼ勝てるはずですよね?

yuki
yuki
というわけで実際にボリンジャーバンドの2σ、3σ、4σを超えたところで逆張りするツールを作りましてバックテストを取ってみました!
カオチャイ
カオチャイ
テストしやすいということでドル円の10000回分の取引を使いまして、条件がローソクの終値が各σを超えたところでエントリー、利確と損切りは10pipsに固定した勝率の結果が下記の表です!
ボリンジャーバンドσ逆張りエントリーの勝率
ボリンジャーバンドの期間

 

どうでしょうか?ボリンジャーバンドの3σ以内に収まるのは理論上では99.7%もあるはずなのに、実際に3σを飛び出たところでエントリーしても勝率は50%前後しかありません。基準となる期間20日を30日に変えて見ましたが大きな差はでませんでした。

しかもこのバックテストでは取引コストは考慮されておりませんので、実際に稼働すると4σで逆張りでも収支はマイナスになります。

それはなぜでしょうか?

 

データは正規分布しているものを使わなければいけない

こちらは10秒見れば正規分布が体感できる動画

 

正規分布wikipediaより「正規分布」

 

さきほどのボリンジャーバンドが想定どおりの勝率にならない理由として、ローソク足の価格が正規分布していないからの一言に尽きます。

正規分布をわかりやすく身長に例えますと、日本人男性の平均身長は170センチ前後で、その周辺にもっとも多くの人が当てはまり、逆に190センチ以上や150センチ以下となると極端に少なくなりますが、そのように中央の値のボリュームが多くなり、中央から離れるほど均等にボリュームは少なくなっていくデータのことです。

正規分布の表の端にいけばいくほどレアな数値(身長で言うと150センチ以下、190センチ以上)となり、ボリンジャーバンド(標準偏差)でいうと2σ、3σにあてはまりますね。

これが正規分布していると言えるデータで、実際に回りも見渡してもこの結果は当てはまるのではないでしょうか。

では、株価やサヤ比ですが、これは身長と同じ様に正規分布しているデータと言えるでしょうか?

みなさんも御存知の通り、株価やサヤ比は一方向に動き続けるといったモメンタム(勢い)があります。つまり身長のように平均的な値というものが存在せず、正規分布を描くことはありません。

今日が1000円なら明日は900円で、明後日は1100円という正規分布に近づく動きよりも、1000円→1100円→1200円→1500円!のような偏った動きのほうが遥かに多いです。

カオチャイ
カオチャイ
つまり中央の値(株価がそこへ戻る確率が高い価格)が存在しないということですね

 

そういった性質のデータへボリンジャーバンド(標準偏差)のように「中央値から◯◯離れたから異常値」のように考えるテクニカル指標を当てはめても当然意味はないです。

重要なことなのでもう一度言います。

正規分布していないデータを使ってサヤ取りをしても意味はないです。

しかもボリンジャーバンドを使う場合、中央値はたったの20日程度の期間の平均をだしただけですので、重要な中央値のデータとしてはあまりにも短すぎます。

正規分布はしていない。中央値を見つけるデータ量も少ない。そんなサヤ取りの方法では、どれだけ勉強してもどれだけ才能がある人でも勝てるわけがありません。

これまでサヤ取りで勝てていないのは努力が足りないのではなく、データの取扱い方を根本から間違えていたからなのです。

多くのサヤ取りソフトではボリンジャーバンドなどのテクニカルを参考にしてサヤ取りのエントリーを決めていましたが、残念ながらそれらに意味はなく、調子のいい時と悪い時が混在し、最終的には前述のデータ通り勝率50%前後に落ち着きます。

それならば目をつぶってエントリーするのとなにも変わりませんね。

では、統計を使う最新のサヤ取りツールはどうやって相関しているペアや、中央値を見つけているのでしょうか?

正規分布
サヤ取りで負けている人は正規分布していないデータを使っている 相場はランダムの中の規則でトレードする トレードの世界にはランダムウォーク理論というものがあります。 これは「相場は不規則で...

 

統計ソフトを利用した株サヤ取りの方法

ここからは統計を応用した株サヤ取り手法BLSシステム(バフェット・ロングショートシステム)を使ってサヤ取りができる銘柄ペアを見つけたいと思います。

BLSシステムは日経225銘柄分析でしたら永久に無料で、全市場の分析をする場合は有料プランが必要ですが、最初の2週間は無料お試しができますのでじっくり使ってみて下さい。

見つける手順としては、

①きちんと相関しているかどうかを散布図で見つける。

②価格が正規分布しているかどうかをヒストグラムで確認する。

③現在のサヤが異常値かどうかを適正乖離から判断する。

カオチャイ
カオチャイ
少し難しそうですが、この概念を知るか知らないかで今後の人生の投資方法が全く変わってくる重要なところです!
yuki
yuki
①と②はデータ分析をする前に、そのデータが有効かどうかの質から調べる作業で、③でデータを分析してエントリーポイントを決めていきます
カオチャイ
カオチャイ
しつこくて申し訳ないのですが、このデータの取り扱い方は、多くの方がテクニカルで勝てない理由の、数少ない『答え』になる重要な部分なので、ゆっくり確実に理解して下さいね

 

まず散布図を使ってきれいな相関のペアを見つける

通常、似たような動きをするペア相関係数を使って探し出しますが、相関係数の弱点として、普段は異なる動きをしているのに、大きな値動きをした時などに偶然同じ動きをしたペアなども片っ端から相関しているものとして抽出してしまう特性があります。

そのため、BLSシステムでは相関係数を使って大雑把にフィルターにかけた後に、さらに散布図というものを使ってそのデータが本当に相関しているかどうかを検証します。

カオチャイ
カオチャイ
散布図を知る上で、まずは下記の表を御覧ください

散布図元データこちらはとあるグループのウエスト(お腹回り)と体重の一覧表です

カオチャイ
カオチャイ
この表を散布図に変換しますと・・・

 

散布図※黄色い線はデータの散らばりから割り出した中心の値で、正規分布の表で言いますとちょうど山の真ん中の一番高い部分を示しています。

カオチャイ
カオチャイ
ウエストと体重のデータを縦軸と横軸に書き込むことでデータの散らばり具合が視覚化されていますね。これが散布図です

ウエストと体重の関係を散布図で表示しますと、「ウエストが細い人=体重が軽い ウエストが太い人=体重が重い」という事から、散布図は左下から右上に向かって伸びていく形になるのがおわかりかと思います。

この形がなにを表しているかと言うと、ウエストが右へ動く(太くなる)と体重は上へ動く(重くなる)という正しく相関した関係ということがわかるんですね。

大事なのでもう一度言います。

散布図は左下から右上に向かって伸びていく形相関した関係です。

yuki
yuki
もしこれが例えば、チャート全体に数値が散っているデータですと完全にランダムを示しており、ウエストと体重はなにも関連がないというデータになりますね

 

太っている人ほどウエストが太くなるという関係は「当然の事実」として一般的に認識されていますが、その「当然の事実」を図にするとこのような形になるのです。

yuki
yuki
こちらのサイトが相関関係と散布図をわかりやすく書いてくれています

 

散布図でサヤ取りのペアを見つけ出す

サヤ取り分析

上記は株のサヤ取り分析ソフト、BLSシステム散布図1年分のデータです。さきほどはウエストと体重の関係でしたが、これは2つの企業の株価の差であるサヤを青丸で表示したものです。

カオチャイ
カオチャイ
例えば画像の黄色い丸の位置ですと、あおぞら銀行の終値が約1800円で三井化学の終値が約2700円だったわけですね。BLSシステムでは2つの銘柄の株価が交差したところに印をつけて散布図を表示します

 

この散布図からわかることは、2つの企業の株価がきちんと相関関係にあるのかないのかという事です。

さきほどのおさらいですが、横軸が右に1つ動けば縦軸も1つ上に動くような関係ですと、散布図は左下から右上に向かって伸びていくように表示されます(正しい相関がある関係)

これはつまり、2銘柄の株価のサヤ(価格差)が一定の距離を保って動いているということになります。

しかし、上記の散布図を見ると、右に1つ動いたら上に1つ動くような関係ではなく、ランダムに株価は動いているようで全体に散っていますね。ウエストと体重のような関係には見えません。

つまりこれは相関がないということで、2銘柄のサヤ(価格差)には規則性がなく、どこまでいけばサヤの拡大が止まるのか良くわかりませんよね?

yuki
yuki
でもこの散布図なんですが、実は相関係数だと「0.89」という高い数値を示しているペアのものなのです。つまり相関係数だけで同じ様な動きをしているかどうかを判別することはできないということですね
カオチャイ
カオチャイ
そこで次はサヤ取りに適した散布図の形をご紹介します

 

正しく相関しているサヤ取りペアはこの形

散布図

こちらは、横浜ゴムとユー・エス・エスの2つの銘柄の価格差(サヤ)の分布1年分を表したものです。

さきほどのあおぞら銀行と三井化学ペアの散布図と違って、綺麗に左下から右上に向かってサヤが分散しています。

つまりこの形は、「ウエストが太いなら体重は重くなる」ような正しい相関関係にあるといえるでしょう。

そのおかげで中央の黄色い線(基準値)は正確なものとなり、この線を基準にサヤが拡大したり縮んだりするということが予測できます。

つまり、サヤが赤線の辺りにある時にエントリーして、中央の基準値に戻った時に利益確定ができます。上記は1年分の散布図なので、言い換えればこの1年間はサヤが赤線に触ってエントリー、基準値に戻ったところで利益確定していれば負けなしの形なのです。

yuki
yuki
中央の基準値は当然期間が長くなれば精度はあがってきます。BLSシステムでは最低1年、おすすめは3年分~5年分くらいのデータでだした基準値です
カオチャイ
カオチャイ
そう考えるとボリンジャーバンドのわずか20日期間の平均で中央値を決めることが、どれだけ意味のないことかはおわかりいただけるかと思います
散布図をもう少し詳しく解説
株価の散布図
散布図を使って相関の強いサヤ取りペアを見つけよう 散布図とは? 上記はとある大学生グループのウエスト(お腹回り)と体重の一覧表です ウエストと体重の関...

 

データが正規分布しているかどうかをヒストグラムで確認

ヒストグラムwikipedia「ヒストグラム」

 

次に散布図で正しく相関している事が確認できましたら、そのペアのサヤがきちんと正規分布しているかどうかの確認です。

BLSシステムには正規分布しているかどうかがひと目で分かるヒストグラムチャートが装備されており、ヒストグラムの中央が一番高くなっているような形を探すことで正規分布しているペアかどうかがわかります。

まずは最初にちょっと残念な例として、6770アルプスアルパインと、3407旭化成の散布図とヒストグラムです。

ヒストグラム、だめな例こちらは左側の散布図で正しい相関はできているものの、右側のヒストグラムが左に偏っていますね。

散布図がきれいなのでこの形でもある程度の勝率は見込めますが、どうせ狙うならば次で紹介するヒストグラムです。

 

日経とダウは正規分布してるこちらですが、1546ダウ・ジョーンズと1321日経225のETFの10年期間のデータです。このペアの散布図は右上に向かっており、ヒストグラムもきれいな正規分布を描いています。

このようなヒストグラムの形でしたらボリンジャーバンドの2σタッチで逆張りなどもきちんと機能するデータと言えるでしょう。

カオチャイ
カオチャイ
ちなみにダウと日経225のサヤ取りはあまり言及されておりませんが、実は長期で見ると必勝のペアなんですね。機関投資家など資金が大量にあるところがこういうペアでサヤ取りをおこないます
yuki
yuki
このペアのエントリーは年に1~2回あれば良い方ですが、実はこのようなペアは複数ありますので、長期目線だとこういうペアだけサヤ取りをしていればほぼ負けなし※ということになります

※長期の場合、エントリーは3回程度にわけてのんびり待てるなら一生使える投資法です。

 

現在のサヤが異常値かどうかを適正乖離から判断する。

適正乖離率チャート

上記はBLSシステムでみることができる、「適正乖離率チャート」というものです。これは1年~10年期間の散布図のデータの散らばりから中央値(青枠0%)を求めたもので、そこからどれだけサヤが拡大しているかを表示したものです。

ボリンジャーバンドの場合ですと、過去20個前後のデータの平均で中央値を求めているだけですが、適正乖離率チャートは長期のデータを使い、指定期間ごとの中央値を計算しますのでより正確なサヤの開き具合が計測できます。

yuki
yuki
もちろん、コロナ前、コロナ後のように期間を区切って計算できますので、企業の相関関係が変わってもその都度計算ができます
カオチャイ
カオチャイ
ノイズにしかならない不要なデータは使わず、正しく相関がある期間を使って正しいサヤの計算ができるということですね

 

上のデータは先程の1546ダウ・ジョーンズと1321日経225のETFペアですが、上下とも乖離が30%辺りを限界としているのがわかります。この辺りは正規分布しているデータという前提でしたら、3σあたりなのでエントリーチャンスと言えますね。

yuki
yuki
以上がBLSシステムを使ったサヤ取り銘柄を見つけ出す手順です。複雑そうに見えますが、慣れると1銘柄3秒ほどで判別ができるようになりますのでご安心ください
カオチャイ
カオチャイ
また、これまで勝てていなかった人は、「正しいデータ」を「分析する」という大前提がわかっていただけたと思うので、これからのトレードに役に立ててくださいね
適正乖離率チャート
適正乖離率チャートを使って安全なエントリーを見つける 適正乖離率チャートとは? 適正乖離率チャートは、BLSの初期状態ですと右側2段目に表示されるチャートです。 ...

 

サヤ取りはFXと株のどちらでやるべきか?

ここまで株のサヤ取りについて解説してきましたが、たまにお客さんから株ラボへ「株とFXのサヤ取りではどちらが勝てますか?」というお問い合わせをいただきます。

これは色々と諸説ありますが、株ラボの手元にあるデータを見ると個人投資家が行う場合は株のサヤ取りのほうが、FXのサヤ取りよりも勝率が良いことが確認されています。

熟練度の違いで勝率はどうにでも変わるという話もありますが、FX派には残念ですが勝率の違いはFXと株の構造的な違いによって起こります。

 

株のサヤ取りはペアの数が圧倒的に多い

株の方が勝率が高い第一の理由としては、株はFXや先物のサヤ取りよりもサヤ取りできるペア数がはるかに多いため、エントリーが多くほぼ毎日エントリーできます。

そのため銘柄分析をかなり厳しくしても銘柄ペアが足りなくなることがありません。自信のない銘柄に固執する必要はまったくありません。

しかしFXでサヤ取りをおこないますと、とたんにペアが少なくなりますしチャンスも少ないので、多少エントリールールを妥協しなければいけません。それが勝率が下がる要因となります。

また株価は、企業の財務状況(決算)に将来的な予想利益などが加味されて投資家が適正な株価を予測します。

しかしFXの予想価格というものは国と国との関係、貿易収支、GDP、雇用統計、金利など要因が多すぎてだれも正確に当てることができません。そのため予想外の価格まで動くことがありますので株よりも危険度が高いと言えます。

カオチャイ
カオチャイ
そしてなにより大事なこととして、FXの通貨ペアの多くは正規分布をしていないので分析の信憑性が低いということが大きいですね

 

株はFXに比べて価格の透明性が高い

価格の透明性

株がFXよりも勝率が良い第二の理由として価格の透明性があります。

株はFX業者のように価格が微妙に異なったり、価格が滑って不当な値段がつくということもありません。すべての証券会社が同じ価格を掲示しますので取引の透明性が非常に高いです。

透明性と聞いて、ここは初心者の方ほど非常に甘く見ている部分ですが、年間の取引回数が多いとコストとして建玉が100万円でもコストに5万円以上の差が出てもおかしくないところです。

また、相場の世界で長く残っている有名なトレーダーの多くは、この透明性が理由で株取引でトレードを行っています。

国内ですとBNFさんやcisさん、世界で見るとウォーレン・バフェットやジョージ・ソロスなどの有名なトレーダーはみんな株式出身です。

しかしFXで有名なトレーダーを思い浮かべると、残念ながら一瞬の儲けはすごいですが、安定して生き残っているという方はほとんどいないというのが実情です。

これはFXと違い、株のほうが安定して勝てるという紛れもない証拠です。

 

カオチャイ
カオチャイ
FXは稼ぎすぎると口座を凍結されたりしますからね。一山当てるのはなかなか難しいところなのです
ダウンロード
BLSシステムのダウンロードページこちらはバフェットロング・ショートシステム(BLSシステム)のダウンロード専用ページです。 初めてご利用の方は2週間無料チケットもご利用いただけますよ。...

株サヤ取りの注意事項

ここまで株サヤ取りのメリットをお話してきましたが、メリットばかりでは実際の投資の役に立ちませんので、ここではサヤ取り全般のデメリットもご紹介していきたいと思います。

サヤ取りは知名度が圧倒的に低い

日本での株サヤ取りの知名度は非常に低いです。FXのサヤ取りなどはまだ知られていますが、株のサヤ取りとなると地味なイメージですので相場に夢を見ている人たちからは相手にされません。

それゆえのデメリットとして、株のサヤ取りの情報は業者が発信しているものが中心となり、個人発信の情報が非常に少ないです。

もちろんこの記事を書いている我々も業者の一端ですから、サヤ取りに関して都合の良いことを書いてしまうのが心情です。

ですので、客観的に書かれた情報に一般の方は触れにくいというのは大きなデメリットです。

まだ株ラボが開発したサヤ取りソフトであるBLSシステムはまだ新しいソフトなので、ブログで実践してくれている人もまだ見かけませんので、仮想トレードなどご自身で試されることが大切です。

 

カオチャイ
カオチャイ
なお、ブログでBLSシステムを実践してもらえた場合、BLSシステムフル機能版の2ヶ月の無料チケットをプレゼントしますのでぜひご連絡くださいね!

 

株のサヤ取りは必要証拠金が多く必要

株サヤ取りの問題に資金効率が悪いということがあります。

サヤ取りは「両建て」するので、通常の「買い」だけか「売り」だけではいる「片張り」よりも必要証拠金が2倍必要です。もちろん手数料も2倍です。

また、値動きもゆったりとしたものになるために、最短1日~長くて半年程度ポジションを持つことになるので、回せる資金がないとやる事がなくなる退屈なトレードとなります。

そのため、成績は非常に安定する代わりに利益が月利50%!なんてことはできません。

目指すところは年利20%~30%あたりです。(サヤ取りを初めて半年で年200%を達成するようなすごい方もいらっしゃいますが、やはりきちんと勉強しないと難しいです)

サヤ取りの成績に関しては実際に先出しトレードをおこなっていますのでぜひ参考にして下さいね。

 

カオチャイ
カオチャイ
ただし、暴落などの影響を受けにくいので、レバレッジや委託保証金率は通常の片張り投資よりギリギリまで使うことはできます

 

もちろん勝つためには株の勉強は必要

株のサヤ取りですが、まったく勉強をせずに稼ぐことは残念ながら不可能です。

ネットでたまに見かける「初心者が1ヶ月で資金2倍!」なんていうお話はリスクをかなり取らなければありえない話です。それはもはやギャンブルです。

ですので、株の基本的な構造、ROAEPSなどの指標の知識、大株主ストップ安などの対応方法の知識は必須です。

・・・とはいえ、実は逃げ道がありまして。こちらのGMOのツールを使ってしまえば実はそこまで勉強は必要ありません。

BLSシステムとGMOのツールを使って仮想トレードで練習をすれば初心者でも本当に稼げるようになりますよ!(長期投資推奨です!)

株のサヤ取りで勝てない人が絶対に知らない正規分布とバフェット・ロングショート・システム まとめ

yuki
yuki
以上がサヤ取りについてのご説明でした!
カオチャイ
カオチャイ
サヤ取りのメリットはとにかく「守備力が高い」ということです。上級者向けの手法なイメージですが、初心者にこそ使ってもらうべき手法なのです
yuki
yuki
ポジションを持つと気になって毎日チャートを見てしまう人なんかにはうってつけの手法ですね!
カオチャイ
カオチャイ
株ラボのBLSシステムがあれば従来のサヤ取り手法とは一線を画した銘柄抽出ができますのでぜひお試しくださいね
アービトラージの解説
理論上は100%負けないアービトラージ手法【アビトラEAも紹介】 https://fx-ea-labo.com/sayadori/bls-download/ アービトラージとは? ...
サヤ取り初心者向け開設
FXやバイナリーオプションから株サヤ取りへこちらは、現在FXやバイナリーオプションをやっているけど、株ってどうなの?やったことがないけど勝てるの?という疑問をお持ちの方向けに書かせていただきました! FXと株の違いを理解してぜひ本当に稼げるサヤ取り手法を試していただきたいと思います! ...
ダウンロード
BLSシステムのダウンロードページこちらはバフェットロング・ショートシステム(BLSシステム)のダウンロード専用ページです。 初めてご利用の方は2週間無料チケットもご利用いただけますよ。...
ABOUT ME
YUKI
株ラボの他に、BO自動売買ハイローオート、MT4・MT5のツール制作サイトシストレファクトリーを運営しています。 MT4に関する幅広いサポートを行っております。