サヤ取り実践

これまで公開されていなかった本当に勝てる株のサヤ取り手法

サヤ取りとは
yuki
yuki
本日はこれまで投資銀行などでブラックボックスとされてきた、本当に勝てる株のサヤ取り手法についてのお話です
カオチャイ
カオチャイ
サヤ取りをすでにご存じの方も、これまで個人では扱えなかったビックデータと統計学を取り入れたBLSシステムをぜひお試しください
yuki
yuki
この記事をしっかり読んでもらえれば投資の概念がひっくり返りますよ!

株のサヤ取り手法とは?

ジョージ・ソロスジョージ・ソロス

まずは一般には聞き慣れない「サヤ取り」のお話から始めましょう。

サヤ取りは世界三大利殖(サヤ取り、サヤ滑り取り、オプションの売り)の一角に並べられ、世界で最も裕福な一族であるロスチャイルド家や、イングランド銀行を潰したことで有名な投資家のジョージ・ソロスがおこなっていた手法です。

株や商品先物、FXなどあらゆる分野で使われている普遍的な手法であり、AIが発達したプロの現場ではすでにテクニカル分析が廃れつつありますが、サヤ取りに関しては未だ多くの投資銀行が戦略に取り入れています。

サヤ取り手法のやり方を株の例で簡単にお話しますと、8015豊田通商と8058三菱通商のように、同じような動きをしている銘柄2つを選びまして、片方が割高の時に売り、片方が割安の時に買って両建てします。その後、適正値に戻った時に利確という流れですね。

ちなみにこのときの銘柄ペアの価格差のことを「サヤ」と呼びますので、価格差(サヤ)を取る=サヤ取りと呼ばれています。

投資史上これほどまでに成果を出している手法は他に見当たらないのですが、残念ながら日本ではサヤ取りに関する良書はなく、サヤ取りという言葉自体を知る人も少ないです。

なぜ有効な手法なのに世間に知られていないのでしょうか?

 

従来のサヤ取り手法では勝てない

実は、個人レベルで行えるサヤ取り手法は300年以上も前に考え出されたままで、基本的な手法の形は変わっておりませんが、証券会社や投資銀行など最前線でも使われているプロのサヤ取り運用方法は実は完全にブラックボックスで一般には公開されておりません。

毎年サヤ取りを使って黒字を出している投資銀行は多くあります。しかし個人がサヤ取りで勝っている話や、実際に稼げるサヤ取りのツールの話はあまり聞きません。

この理由としては、個人が扱える株サヤ取りソフトは相関係数をメインに使用したり、テクニカルを無理やり当てはめて売り買いを判断したりするもので、統計的に見ると無意味な事をしているのが主な理由です。

株価をエクセルなどで計算して価格差を計算することも残念ながら四本値(始値・終値・高値・安値)に頼っている時点で残念ながら勝つことは難しいです。

ITが発達して現代は10年前の相場とは形を変えており、個人がテクニカル分析で容易に稼げる相場はすでに終焉しているのです。

yuki
yuki
そこで次からは本当に勝てるサヤ取り方法を解説していきます!

 

サヤ取りが信頼できる理由

ここからはサヤ取りの基本的な部分をしっかり理解していただき、その後に本当に勝てるサヤ取り方法をお話していきたいと思います。

カオチャイ
カオチャイ
まずはサヤ取りの確認です

チャートの値動きが似ている(相関がある)2つの通貨や銘柄をペアとして、一方が割高の時に売り、一方が割安の時に買いで両建てをします。

 

これがサヤ取りの基本的な考え方ですが、似たような動きをする銘柄の両建てなので、売りと買いの2方向で持っていると価格が上がっても下がっても損益は変わりませんね。

yuki
yuki
うーん、それって持っていても意味がないのでは?

 

そうですね、両建ては普通なら手数料がかかるだけで良いことはありません。

しかし本当に勝てるサヤ取りが違うのは、エントリーするタイミングと両建てする銘柄選定にコツがあります。

 

サヤ取りは相場が異常な時を狙う

株や為替などは突発的なニュースなどによって一時的に大きく値上がったり値下がったりすることが毎日のように起こっているのは皆さんご存知ですよね?

サヤ取りの王道として、株ならニュースや決算、FXなら金利や要人の発言などで大きく動いた突発的な揺れ(異常値)を狙ってサヤを取りにいく方法があります。

実際にあったサヤ取りのエントリーポイント例をご紹介しますと、長い間同じ動きをしていたAとBの2つの保険会社がありましたが、そのうちのA社が顧客への保険金の支払いを渋ったということでTwitterで炎上した事があります。

すると炎上したA社の株価は下がりましたが、もう一方のB社はこの件には関係がなかったので株価は変わりませんでした。

ということは、今まで同じ動きをしていた両銘柄の価格差が一時的に広がることになります。

次でもう少し詳しく説明していきますが、サヤ取りはそういうタイミングをみてポジションを両建てします。

 

相関のある2つの銘柄のサヤは元に戻る

サヤ取り解説

さて、さきほどの保険会社A社とB社を例に具体的にサヤ取りをしてみましょう。

上の画像を見ていただくと通常は200円程度の価格を保ちながら同じ動きをしているA社とB社でしたが、突発的なニュースがでてサヤの異常値がでました。

ここで価格が安くなったA社は買いで、価格が変わらなかったB社は売りで入るわけですが、このエントリーの前提として相関のある2つの銘柄の「価格差はいずれ戻る」ということが前提にあります。

カオチャイ
カオチャイ
この「価格差はいずれ戻る」根拠ですが、下記の2つの理由があります

 

1、「一時的なニュースでは企業の価値は揺るがない」

2、「情報が正しく認識されるのには時間がかかる」

この2点についてこれから詳しく説明しますね。

 

①一時的なニュースでは企業の価値は揺るがない

ニュースで株価が大きく動くものと言えば会社の不祥事や、先程の保険会社の炎上の類ですね。報道されると株価は一時的に大きく下がったりします。

しかしなにかしら小さなニュースは毎日ありますし、過去のニュースと株価のチャートを照らし合わせますと、ほとんどの場合一時的な動きの場合が多く、時間が経つと元の価格に落ち着いていることが多いのがわかります。

理由としては、ニュースなどの目先の要因では短期トレーダーたちが売りで飛び乗って価格が下がりますが、下がった所には中期・長期トレーダーが「安い」と判断する指値がありますし、機関投資家(金融機関等の大口)は不祥事程度の小さなニュースには見向きもせず、企業の業績や将来性を見て株を購入します。

特に大口ほど業績をしっかり見て株を購入しますので、異常値がでたところで結局は決算内容ありきの株価に戻っていきます。

ですので、異常値は短期の個人投資家の売買だけの値動きだけで終わり、サヤ取りの絶好のエントリーチャンスとなることが多いのです。

 

②情報が正しく認識されるのには時間がかかる

株の価格に一番影響するのは企業の財務状況(決算)です。

しかし、財務状況が正しく株価に織り込まれるのは少し時間がかかります。

例えばさきほど例にあげた、A社の「保険金の支払いを渋る」という行為は、たしかに会社の印象は悪くなりますが、決算への影響はどうでしょうか?

「保険金の支払いを渋る」というネガティブに報道されるニュースは顧客からの一方的な見方に過ぎません。経営者や投資家の立場から見ると「顧客の一方的な要求をきちんと断った」ポジティブなニュースとも言えます。

つまり保険会社が無駄な支出を押さえたということですので決算には好影響になるはずです。

情報が少ない中、支払いを渋ったことでお客さんが保険の解約に殺到する事を見越して株を売った投資家がいる一方で、思ったよりも解約されていないと見て株を買いに来る投資家達もいます。

この市場の判断の違いがサヤが是正されるのに時間がかかる理由です。

時間がたてばたつほど投資家の判断材料が世にでますので皆が同じ判断をくだすようになります。

ですので、企業の利益構造に大きな変化が起こらないのであれば「価格差はいずれ戻る」のです。

 

統計ソフトを使ってサヤ取りの分析してみよう

個人投資家が利用できるサヤ取りソフトは、相関係数というものを使って似たような動きをするペアを見つけ、そこにテクニカル分析を当てはめてエントリーを判断していました。

しかしそれ勝ちつづけている投資家は皆無で、サヤ取りの人気はなかなか上がりません。

その理由として、まず一般的なサヤ取りソフトが採用している相関係数は、あくまで似たような動きをしているペアを見つけだすサポートの機能でしかないということです。

「相関係数が高い=同じ要因で動いている」ではありません。

そしてもう一つの理由は、エントリーに無意味なテクニカル分析を使っていることです。

従来のサヤ取りソフトはこの2点の前提が間違っているために勝つことができなかったのです。

相関係数とは、-1~+1以下で表示します。+1に近づくほど正の相関、-1に近づくほど負の相関があることを示しています。

 

従来のサヤ取りソフトのエントリー方法

多くのサヤ取りソフトでは、相関係数で見つけ出したペアを使い、サヤが広がりすぎる異常値をテクニカル分析に当てはめて判断していました。

ボリンジャーバンドの2σ(シグマ)や3σを突破した所を見つけるのが一般的ですね。

サヤ取りのテクニカル分析

上記はよく使われている株価のサヤ比(株価A÷株価B)をグラフにしたもので、ボリンジャーバンドを目安にしてエントリーするものです。

カオチャイ
カオチャイ
しかしこの方法、実はかなりチャートを見る能力が必要でして、誰でもすぐに扱えるものではありません

 

一般的にボリンジャーバンドで言われているのが、中央の移動平均線を基準として1σ以内に収まる率は68%、2σ以内は95.4%、3σの以内に収まる率は99.7%となっておりますが、それならば実際に3σを超えてから逆張りすればほぼ勝てるはずですよね?

yuki
yuki
というわけで実際にボリンジャーバンドの2σ、3σ、4σを超えたところで逆張りするツールを作りましてバックテストを取ってみました!
カオチャイ
カオチャイ
テストしやすいということでドル円の10000回分の取引を使いまして、条件がローソクの終値が各σを超えたところでエントリー、利確と損切りは10pipsに固定した勝率の結果が下記の表です!
ボリンジャーバンドσ逆張りエントリーの勝率
ボリンジャーバンドの期間

 

どうでしょうか?ボリンジャーバンドの3σ以内に収まるのは理論上では99.7%もあるはずなのに、実際に3σを飛び出たところでエントリーしても勝率は50%前後しかありません。基準となる期間20日を30日に変えて見ましたが大きな差はでませんでした。

しかもこのバックテストでは取引コストは考慮されておりませんので、実際に稼働すると4σで逆張りでも収支はマイナスになります。

つまり従来のサヤ取りソフトでは多くの個人投資家がボリンジャーバンドやRSIなどのテクニカルを参考にしてサヤ取りのエントリーを決めていましたが、勝率50%ならば目をつぶってエントリーするのとなにも変わりません。

サヤチャートを読む力を徹底的に鍛えることで勝てているトレーダーさんもいらっしゃいますが、大多数の人には難しく、これまで個人投資家の間でサヤ取りが普及していなかった大きな原因の1つです。

では、最新のサヤ取りツールはどうやって異常値を見つけているのでしょうか?

 

統計ソフトを利用した株サヤ取りの方法

従来の相関係数とテクニカル分析を使ったサヤ取りソフトを使っても期待している勝率は出せないということはお話しました。

ここからは統計を応用した株サヤ取り手法BLSシステムを使ってエントリーのチャンスである異常値を見つけたいと思います。

まず大切なのは、なにを基準にして「異常値」と決めるかです。

通常、ボリンジャーバンドなどのインジケーターは任意の一定期間の平均価格をとってそれを基準としますが、平均価格というものはそもそも基準として意味のあるものなのでしょうか?

 

平均値は基準とはならない

例えば「新型コロナウィルスは1日平均200人で感染者が増えています」と言われて、この200人という数値を基準にします。

自治体や政府もこの200人を超えたら緊急事態宣言出す気満々です。しかしこの平均値200人という値にはウィルスの感染力や季節要因、人口などはなにも加味されていません。「ただの新規感染者の一日あたりの平均値です」

大規模な一斉検査をやったら感染者が増えてあっさり平均500人に増えたり、海を超えて米国をみれば1日10000人の新規感染者がいたりと、平均の数値を基準にしても天井知らずで、どこまでいけば異常値でどこまでが異常値ではないのかの目安にはならないことがわかります。

従来のサヤ取りソフトでボリンジャーバンドなどを使うのは、実はそれらとあまり変わらないことをやっています。ボリンジャーバンドは適当な期間をとってその平均値を中心に据えて計算して描写していますからね。

ではどうやって基準を決めればよいのか?そこで統計学から散布図というものを応用して分析するわけです。

 

散布図とは?

カオチャイ
カオチャイ
散布図を知る上で、まずは下記の表を御覧ください

散布図元データこちらはとあるグループのウエスト(お腹回り)と体重の一覧表です

カオチャイ
カオチャイ
この表を散布図に変換しますと・・・

 

散布図

カオチャイ
カオチャイ
このようになります。ウエストと体重のデータを縦軸と横軸に書き込んで視覚化したものですね、これが散布図です

ウエストと体重の関係を散布図で表示しますと、「ウエストが細い人=体重が軽い ウエストが太い人=体重が重い」という事から、散布図は左下から右上に向かって伸びていく形になるのがおわかりかと思います。

この形がなにを表しているかと言うと、ウエストが右へ動く(太くなる)と体重は上へ動く(重くなる)という相関した関係ということがわかるんですね。

太っている人ほどウエストが太くなるという関係は「当然の事実」として一般的に認識されていますが、その「当然の事実」を図にするとこのような形になるのです。

そして黄色い線ですが、これはこの散布図全体の散らばりから割り出した中心の値です。

ボリンジャーバンドのように、相関を無視した一定期間の平均をただ取るのではなく、相関しているデータを元にして中心の値を算出します。

相関がないデータを使っても正しい値は求められません。ウエストと体重の関係のように相関があるデータを使ってこそ正しい平均値を出すことができます。

また、この散布図の赤丸部分は後から例として付け加えたものですが、「ウエスト60cmで体重70kg」のような例は散布図で見るとこの左下から右上の流れから大きく外れます。つまり特殊な例というのが視覚的に一目で分かります。

ボリンジャーバンドのように一定期間の平均値を基準値として計算することは、この赤丸の異常値が多くあっても有用なデータとして計算に組み入れて基準値を導き出してしまい、誤差の大きいものとなります。

しかし散布図の場合は、異常値だらけのデータがあると左下から右上にまっすぐ伸びる形になりませんので、その時点で基準値を導くのに有用なデータではないと判断できます。

ですので、ボリンジャーバンドよりも正確な基準値を算出することができるのです。

yuki
yuki
上記を踏まえてBLSシステムの散布図を見ていきましょう

 

BLSシステムの散布図

サヤ取り分析

上記は株のサヤ取り分析ソフト、BLSシステム散布図です。さきほどはウエストと体重の関係でしたが、これは2つの企業の株価を表示したものです。

カオチャイ
カオチャイ
例えば画像の黄色い丸の位置ですと、あおぞら銀行の終値が約1800円で三井化学の終値が約2700円だったわけですね。BLSシステムでは2つの銘柄の株価が交差したところに印をつけて散布図を表示します

 

この散布図からわかることは、2つの企業の株価が相関関係にあるのかないのかという事です。

さきほどのおさらいですが、横軸が右に1つ動けば縦軸も1つ上に動くような関係ですと、散布図は左下から右上に向かって伸びていくように表示されます(相関がある関係)

これはつまり、2銘柄の株価のサヤ(価格差)が一定の距離を保って動いているということになります。

しかしこの散布図を見ると、右に1つ動いたら上に1つ動くような関係ではなく、ランダムに株価は動いているようで全体に散っています。

つまりこれは相関がないということで、中央の黄色い線で基準を算出したところで、2銘柄のサヤ(価格差)には規則性がないので、どこまでいけばサヤの拡大が止まるのか良くわかりませんよね?

カオチャイ
カオチャイ
そこで次はサヤ取りに適した散布図の形をご紹介します

 

散布図で相関している銘柄ペアを見つけ出す

散布図

こちらは、横浜ゴムとユー・エス・エスの2つの銘柄のサヤ(青丸)の分布を表したものです。

さきほどのあおぞら銀行と三井化学ペアの散布図と違って、綺麗に左下から右上に向かってサヤが分散しています。この形は相関があるといえるでしょう。

そのおかげで中央の黄色い線(基準値)は正確なものとなり、この線を基準にサヤが拡大したり縮んだりするということが予測できます。

つまり、サヤが赤線の辺りにある時にエントリーして、中央の基準値に戻った時に利益確定ができます。上記は1年分の散布図なので、言い換えればこの1年間はサヤが赤線に触ってエントリー、基準値に戻ったところで利益確定していれば負けなしの形なのです。

 

散布図をもう少し詳しく解説
株価の散布図
散布図を使って相関の強いサヤ取りペアを見つけよう 散布図とは? 上記はとある大学生グループのウエスト(お腹回り)と体重の一覧表です ウエストと体重の関...

 

FXよりも株のサヤ取りが勝てる

ここまで株のサヤ取りについて解説してきましたが、たまにお客さんから株ラボへ「株とFXのサヤ取りではどちらが勝てますか?」というお問い合わせをいただきます。

これは色々と諸説ありますが、株ラボの見解としては個人投資家が行う場合は株のサヤ取りのほうが、圧倒的に勝率が良いことが確認されています。

熟練度の違いで勝率はどうにでも変わるという話もありますが、FX派には残念ですが勝率の違いはFXと株の構造的な違いによって起こります。

 

株のサヤ取りはペアの数が圧倒的に多い

株の方が勝率が高い第一の理由としては、株はFXや先物のサヤ取りよりもサヤ取りできるペア数がはるかに多いため、エントリーが多くほぼ毎日エントリーできます。

そのため銘柄分析もかなり厳しくしても銘柄ペアが足りなくなることがありません。自信のない銘柄に固執する必要はまったくありません。

しかしFXの場合ですととたんにペアが少なくなりますしチャンスも少ないので、多少エントリールールを妥協しなければいけませんが、それは勝率が下がる要因となります。

また株価は、企業の財務状況(決算)に将来的な予想利益などが加味されて投資家が適正な株価を予測します。

しかしFXの予想価格というものは国と国との関係、貿易収支、GDP、雇用統計、金利など要因が多すぎてだれも正確に当てることができません。そのため予想外の価格まで動くことがありますので株よりも危険度が高いと言えます。

 

株はFXに比べて価格の透明性が高い

株がFXよりも勝率が良い第二の理由として価格の透明性があります。

株はFX業者のように価格が微妙に異なったり、価格が滑って不当な値段がつくということもありません。すべての証券会社が同じ価格を掲示しますので取引の透明性が非常に高いです。

透明性と聞いて、ここは初心者の方ほど非常に甘く見ている部分ですが、年間の取引回数が多いとコストとして建玉が100万円でもコストに5万円以上の差が出てもおかしくないところです。

また、相場の世界で長く残っている有名なトレーダーの多くは、この透明性が理由で株取引でトレードを行っています。

国内ですとBNFさんやcisさん、世界で見るとウォーレン・バフェットやジョージ・ソロスなどの有名なトレーダーはみんな株式出身です。

しかしFXで有名なトレーダーを思い浮かべると、残念ながら一瞬の儲けはすごいですが、安定して生き残っているという方はほとんどいないというのが実情です。

これはFXと違い、株のほうが安定して勝てるという紛れもない証拠です。

 

カオチャイ
カオチャイ
FXは稼ぎすぎると口座を凍結されたりしますからね。一山当てるのはなかなか難しいところなのです

 

株サヤ取りは暴落に強い

暴落のチャート

これは株のサヤ取り最大のメリットでもあるのですが、どんな大きな暴落がきても「大損をしない」という特徴があります。

多くの人が一度は考える「なぜわざわざ売りと買いの両建てで利益を狙う?」という疑問はここで解決です。

上記は2020年2月の日経225の日足の動きですが、コロナウィルスの影響が世界に広まったことで大暴落しています。

もちろんこの時にサヤ取りでエントリーしていた銘柄ペアも暴落に巻き込まれていますが、同じ動きをしている銘柄ペアで、片方が「売り」、もう片方が「買い」ではいって両建てしているサヤ取りですので、暴落でもほぼ無傷です。

通常の取引ですと1年分の利益が1日で消えたなんて事は当たり前のようにありますが、似たような動きをするペアを両建てでポジションを持っているサヤ取りは暴落のような外部要因に左右されません。

暴落を完全に無効化できる唯一の手段です。

暴落時に一週間放置してもおそらく問題はありません。それほどまで守備力が高い手法なのです。

そしてその副次的な効果として、次の美味しいメリットがあります。

 

両建てしているので暴落時に動かせる資金がある

サヤ取りが暴落を無効化できるというのはおわかりいただけたかと思います。

そして普段は守備力ばかりが注目されるサヤ取りですが、暴落時は素晴らしい攻撃力を発揮します。

といいますのも、暴落はサヤ取りの損益にはほとんど影響しない、つまり・・

暴落時に手元の資金が満額残っているのです。

そのため、多くの方が株を投げ売って底をつけた時こそが、実はサヤ取りのボーナスタイムなのです。

数年に一度大暴落が来ますが、底をつけたと判断したら現在のサヤ取りポジションを解消して、割安株を買い集めることができるんです。

従来の手法での暴落時は含み損が増えるのを指をくわえてただ見つめる側だったかもしれませんが、株サヤ取り手法をメインにすると、暴落時に攻撃側に回ることができます。

サヤ取り+暴落買いのコンビは、上手く行けば年利200%以上に跳ね上がる必勝手法なんです。

 

カオチャイ
カオチャイ
底で動かせる資金があるというのは非常に大きなメリットです!
yuki
yuki
サヤ取り+暴落買いの手法は現存する手法で最高だと確信しております!
暴落時のトレード方法
暴落時の正しいトレード方法 暴落がチャンスなのは普段から準備をしている人 暴落時はチャンス!押し目買い!逆張り!なんてスタンスで株やFXの人は、3月の...

 

トレード時間が非常に短い

もう一つ株サヤ取りのメリットとして、「1日にトレードにかける時間が短い」ということが上げられます。

サヤ取りは短期を狙いに行く手法ではありませんのでチャートに張り付く必要はありません。

例えばサヤ取り分析ソフトのBLSシステムを使いますと、株式市場が閉まった当日の16時から最新の株価のダウンロードが可能ですので、その時間以降お好きな時間から銘柄を分析しはじめます。

おそらく慣れてしまえば30分もかからずに完了するでしょう。

そして良い銘柄があれば、次の日の寄付きで約定する「寄成注文」をいれておけば仕込みは完了です。

極端な話、ローソク足は見ても見なくてもお好みで大丈夫です。チェックしなければいけないのは関連ニュースくらいでしょうか。

つまりサヤ取りは、忙しい子持ちのお母さんや会社員さんなどにとてもおすすめできる手法なのです。

カオチャイ
カオチャイ
実際、BLSシステムのテストグループには主婦の方が多いんですよ

 

サヤ取りの注意事項

ここまで株サヤ取りのメリットをお話してきましたが、メリットばかりでは実際の投資の役に立ちませんので、ここではサヤ取り全般のデメリットもご紹介していきたいと思います。

サヤ取りは知名度が圧倒的に低い

日本での株サヤ取りの知名度は非常に低いです。FXのサヤ取りなどはまだ知られていますが、株のサヤ取りとなると地味なイメージですので相場に夢を見ている人たちからは相手にされません。

それゆえのデメリットとして、株のサヤ取りの情報は業者が発信しているものが中心となり、個人発信の情報が非常に少ないです。

もちろんこの記事を書いている我々も業者の一端ですから、サヤ取りに関して都合の良いことを書いてしまうのが心情です。

ですので、客観的に書かれた情報に一般の方は触れにくいというのは大きなデメリットです。

まだ株ラボが開発したサヤ取りソフトであるBLSシステムはまだ新しいソフトなので、ブログで実践してくれている人もまだ見かけませんので、仮想トレードなどご自身で試されることが大切です。

 

カオチャイ
カオチャイ
なお、ブログでBLSシステムを実践してもらえた場合、BLSシステムフル機能版の2ヶ月の無料チケットをプレゼントしますのでぜひご連絡くださいね!

 

株のサヤ取りは必要証拠金が多く必要

株サヤ取りの問題に資金効率が悪いということがあります。

サヤ取りは「両建て」するので、通常の「買い」だけか「売り」だけではいる「片張り」よりも必要証拠金が2倍必要です。もちろん手数料も2倍です。

また、値動きもゆったりとしたものになるために、最短1日~長くて半年程度ポジションを持つことになるので、回せる資金がないとやる事がなくなる退屈なトレードとなります。

そのため、成績は非常に安定する代わりに利益が月利50%!なんてことはできません。

目指すところは年利20%~30%あたりです。(サヤ取りを初めて半年で年200%を達成するようなすごい方もいらっしゃいますが、やはりきちんと勉強しないと難しいです)

サヤ取りの成績に関しては実際に先出しトレードをおこなっていますのでぜひ参考にして下さいね。

 

カオチャイ
カオチャイ
ただし、暴落などの影響を受けにくいので、レバレッジや委託保証金率は通常の片張り投資よりギリギリまで使うことはできます

 

もちろん勝つためには株の勉強は必要

株のサヤ取りですが、まったく勉強をせずに稼ぐことは残念ながら不可能です。

ネットでたまに見かける「初心者が1ヶ月で資金2倍!」なんていうお話はリスクをかなり取らなければありえない話です。それはもはやギャンブルです。

ですので、株の基本的な構造、ROAEPSなどの指標の知識、大株主ストップ安などの対応方法の知識は必須です。

しかし株サヤ取りに必要な知識の9割は株ラボに書いてありまして、残り1割もこちらの書籍を図書館で借りるなどで読んでいただければ大丈夫かと思います。

一通り勉強していただき、あとはBLSシステムについている仮想トレードで鍛えてもらえれば初心者でも本当に稼げるようになりますよ!

 

これまで公開されていなかった本当に勝てる株のサヤ取り手法 まとめ

yuki
yuki
以上がサヤ取りについてのご説明でした!
カオチャイ
カオチャイ
サヤ取りのメリットはとにかく「守備力が高い」ということです。上級者向けの手法なイメージですが、初心者にこそ使ってもらうべき手法なのです
yuki
yuki
ポジションを持つと気になって毎日チャートを見てしまう人なんかにはうってつけの手法ですね!
カオチャイ
カオチャイ
株ラボのBLSシステムがあれば従来のサヤ取り手法とは一線を画した銘柄抽出ができますのでぜひお試しくださいね
サヤ取り初心者向け開設
FXやバイナリーオプションから株サヤ取りへこちらは、現在FXやバイナリーオプションをやっているけど、株ってどうなの?やったことがないけど勝てるの?という疑問をお持ちの方向けに書かせていただきました! FXと株の違いを理解してぜひ本当に稼げるサヤ取り手法を試していただきたいと思います! ...