サヤ取り実践

散布図を使って相関の強いサヤ取りペアを見つけよう

株価の散布図
yuki
yuki
この記事では株のサヤ取りシステムBLSシステムの散布図についてのご説明をさせていただきます
カオチャイ
カオチャイ
散布図を使えば相関係数だけでは見えない相関が見えてきますよ

散布図とは?

カオチャイ
カオチャイ
散布図を知る上で、まずは下記の表を御覧ください

散布図元データ上記はとある大学生グループのウエスト(お腹回り)と体重の一覧表です

カオチャイ
カオチャイ
この表を散布図に変換しますと・・・

 

散布図

カオチャイ
カオチャイ
このようになります。ウエストと体重のデータを縦軸と横軸に書き込んで視覚化したものですね、データの散らばり具合が一目でわかります

ウエストと体重の関係を散布図見ると、散布図で見る値は左下から右上に向かって伸びていく形になるのがおわかりになるかと思います。

この形がなにを表しているかと言うと、ウエストがチャート上で右へ動く(太くなる)と体重はチャート上では上へ動く(重くなる)という相関した関係ということがわかるんですね。

もしこれが、ウエストが太くなる→体重が増えたり減ったりする。

のようにランダム動きならば、散布図の広がりが左下から右上に伸びる形にはなりません。

カオチャイ
カオチャイ
ですので、左下から右上にデータが散らばっている形が重要なのです

 

そして黄色い線ですが、これはこの散布図全体の散らばりから割り出した統計的な基準値です。この基準値はその線を中心にして一定の範囲内に散布図の値が収まるということを表しています。

そしてこの基準値を使えばまだ持っていないデータの予測にも使うことができます。

例えば黄色い線をもう少し右上に延長すれば、ウエストが100cmの人の大体の体重が予測できますね。

また、散布図は予測だけでなく、異常値もすぐに発見することができます。

画像の赤丸部分は後から例として付け加えたものですが、「ウエスト60cmで体重70kg」のような例は散布図で見ると基準値から遠くはなれているため、特殊な例というのが視覚的に一目で分かります。

 

yuki
yuki
上記の特性を踏まえてBLSシステムの散布図を見ていきましょう

 

BLSシステムの散布図の見方

散布図

上記は4004昭和電工と3591ワコールの株価の終値を散布図に表示したものです。

BLSで使っている散布図は上記のように2銘柄の株価を縦軸と横に配置し、株価の終値を記載して散らばりを視覚化しています。

この散布図を見ると、例えば赤い丸は昭和電工の株価は1985円、ワコールが1855円の終値だったところに位置してしており、サヤ(価格差)は約130円となっています。

しかしその後急激にサヤが動いた緑色の丸部分を見ると昭和電工の株価は1705円、ワコールが2396円となっており、そのサヤは691円に開いています。

散布図で見るサヤ取りというのは、中心の黄色い基準線から遠い位置(サヤが開いた時)に両建てで入り、基準線に近づいたら(サヤが縮んだ時)利益確定ですので、この散布図だけを見るならば、サヤが691円に広がった緑丸の時にエントリーして、縮んだ時に利益確定すればよいわけですが、それはあくまで結果論です。

実際にトレードしてみるとこの散布図では黄色い基準線からどれくらい離れたらサヤの拡大が止まるのか予想できません。

その理由として、この散布図は左下から右上にデータが散布しているとは言えず相関がないからです。

相関の無いペアというのは中央の基準線からのサヤの拡大縮小が一定ではないのでサヤ取り対象外ということがこの散布図わかります。

 

yuki
yuki
ちなみにここではサヤの価格を使ってご説明しましたが、実際の分析にそのまま利用すると誤差がでますので、実践ではより正確な基準線からの距離を使います!
カオチャイ
カオチャイ
次の相関している散布図を使ってご説明していきますね!

相関している散布図の形

散布図こちらはT&Dホールディングスと日本製鋼所の2019年~2020年の1年分の散布図です。

「横軸が右に移動したら縦軸が上に動く」という関係でサヤが左下から右上に向かって一定の幅を保って散布していますので、このペアは相関関係にあると言えます。

このように相関のある散布図の場合、中央にまっすぐ伸びた黄色い中央の基準値は統計的に非常に優位性のあるものになります。

この基準値の優位性をわかりやすく説明するために、基準値から特にサヤが離れた箇所を3つピックアップして緑色にしています。

そして基準値から緑丸に真っ直ぐ赤矢印を引っ張ってみますと・・・

散布図

中央の基準線から緑丸まで伸ばした矢印は「相関のある散布図」の場合、個別の株価がその時々で違っていても基準値からの距離は同じくらいになります。

つまり相関のある銘柄ペアのサヤは、中央の基準値から一定以上は離れないということを表しています。

この統計に基づいてサヤがどこまで開いたら限界なのかという予測がたてられるわけです。

上記の画像ですと赤丸は現在のサヤの位置ですが(黄色丸はその前日の位置)、あともう少し広がればこの1年期間の散布図では一度も突破されていない基準のサヤまで拡大するということです。

つまりそこがサヤ取りのエントリーチャンスですね。

このように相関がきちんとある場合銘柄ペアの場合、ある一定以上基準値から離れるとよほどの事がない限りサヤは戻っていきます。

実際この散布図でこの1年間でしたら緑丸の辺りでポジションを持っていれば損切りゼロですべて利益が出ていたということなんです。うーん凄い!

 

カオチャイ
カオチャイ
ちなみに、BLSシステムは仮想トレード機能がついており、取引履歴の日付からエントリ時の散布図の形をみることができます
yuki
yuki
負けた時の散布図の形をしっかり覚えて勝率を高めてくださいね!

 

ローソク足の抵抗帯とサヤの抵抗帯の違い

散布図を見て相関する銘柄ペアのサヤが一定以上は広がりにくいということはお話しました。

しかしここでローソク足チャートを使って取引をされている方々からある疑問がでてきます。

「ローソク足チャートで2回も3回も跳ね返されている抵抗帯と、基準値から測るサヤの抵抗帯は結局信憑性はそんなに変わらないんじゃないの?」

これは良い質問ですね。たしかに2度3度と跳ね返された価格抵抗帯はテクニカル派の方にとっては重要なエントリーポイントの基準になります。

ではサヤの抵抗帯とローソク足チャートの抵抗帯の何が違うかと言いますと、それはその価格の裏付けです。

サヤというものは相関のある2つの企業の場合、それぞれの売上や利益などが回り回って比較されて関係が決まります。

個人投資家はあまり意識していませんが、強く相関しているペアの株価というものは世界中の機関投資家が間接的に市場のバランスを見て取引した結果と言えます。

「出遅れ株、割安株~」などと言いますが、これはあるセクターが買われすぎたら、相関のあるセクターも連れて動く、ある株価が高騰したのならば同じ利益体質の企業(相関のある企業)が割安だったならばそこへお金がはいる。

つまり市場バランスの中で基準となる株価がその反対に存在しているのです。

逆にローソク足の抵抗帯というものは比較できる明確な対象が存在しません。売上がこれくらいあるからここが抵抗帯になるという考えはあまり浸透していません。

過去に反発したからそこが抵抗帯になったとか、切りが良い数字だから抵抗帯になったという主観的な理由がほとんどです。つまり価格の裏付けが存在していないので予期せぬ価格に飛びやすいのです。

カオチャイ
カオチャイ
そういうわけで、サヤの抵抗帯はローソク足チャートの抵抗帯よりも信憑性が高いと言えるのです

 

散布図でわからないこと

このように、使いこなすことができればこれまでの投資概念がひっくり返る散布図ですが、もちろんわからないことがあります。

それはたとえ散布図が綺麗に相関を示していたとしても、片方の銘柄が原因でもう片方の株価が動いているのかは不明です。

これは散布図が参考にしているのはあくまで二社の財務から見た相対的な企業価値を比較しているだけであり、2銘柄の間に原因と結果の因果関係が本当にあるかどうかはわからないということです。

さきほどの例で言いますと、NTTの価格が下がった事が原因で、NTTドコモ下がっているとは言い切れないのです(もしかしたら原因かもしれないけど真実はわからないです)

 

カオチャイ
カオチャイ
しかし因果関係を置いておいても散布図の信頼性は実用に値すると言えるでしょう

 

損切りが嫌ならば同業種にこだわること

株の銘柄というものは、業種によってグループ分けされています。

たとえば通信だったらドコモ、ソフトバンク、KDDIなどで、電気機器だったらキャノン、パナソニック、ソニーといったように分かれています。

因果関係は散布図からはわかりませんが、同業種というのは市場の同じニュースに同じ様に反応します。

例えば冷夏ですと農業関連株や飲食料関連株は一斉に下がりますが、猛暑ですと一斉に上がります。

つまり株価が動く原因と結果が同じなのです。ですので、異業種銘柄を組み合わせてサヤ取りするよりも遥かに損切りに合う確率は減るでしょう。

カオチャイ
カオチャイ
ただし、値動きはゆっくりしたものになりますので、利益確定の時間はかかるという弱点もございます
yuki
yuki
ですので、あえて異業種を選ぶサヤ取りトレーダーさんもいますので、ここはスタイルによりますね

 

株の同業種と異業種
株の鞘取り銘柄を選ぶ時に重要な「同業種」と「異業種」今回は株のサヤ取りを行う際に、同業種ペアを選ぶべきか、異業種ペアを選ぶべきかのお話をしたいと思います。 どちらも値動きに特徴があり、取るべき戦略が異なりますのでぜひ参考にして下さいね。...

 

長期の散布図と短期の散布図でポジション逆転には注意

yuki
yuki
非常に有用な散布図ですが、分析に使う過去のデータ量によって当然売り買いの指示が変わります
カオチャイ
カオチャイ
特にコロナ期間の散布図と3年やアベノミクスなど長期の期間のポジションが逆転する銘柄は注意です

 

長期の散布図

こちらは過去3年分の散布図です。ちょっと相関崩れがありますが、別の要因で入りたかったペアです。

カオチャイ
カオチャイ
ここではふくおかGが買い、アマダが売りで指示が出ていますが・・・

 

散布図短期

短期の散布図に変更しますと売りと買いのポジションが逆転してしまいました。これは分析する過去のデータ量が違うから当然のことなのですが、基本的に短期と長期で売りと買いのポジションが逆転する銘柄ペアは、エントリーしないほうが無難です。

 

yuki
yuki
先出しトレードで痛い目をみました

 

【BLSシステム解説】散布図とは? まとめ

yuki
yuki
このように散布図は、エントリーもサヤの限界も相関もわかるとても使える指標です
カオチャイ
カオチャイ
今まで相関係数やシグマなどのオシレーターだけに頼ってサヤ取りで負けていた人もこれで一気に利益が出る確率があがりますよ!
他のチャートの読み方
適正乖離率チャート
適正乖離率チャートを使って安全なエントリーを見つける 適正乖離率チャートとは? 適正乖離率チャートは、BLSの初期状態ですと右側2段目に表示されるチャートです。 ...
サヤチャート
サヤチャートの形でサヤ取りの勝率をあげよう サヤチャート サヤチャートは株のサヤ取りの銘柄選別のサポートに使える折れ線グラフです。 銘柄2÷銘柄1でサヤ...