無料インジ

バイナリーオプションのインジケーター無料配布ページ

バイナリーのインジケーター
yuki
yuki
こちらではMT4で動くお試しインジケーターや、バックテストを支援するツールを無料公開しています!
カオチャイ
カオチャイ
注意事項として、こちらはハイローオートへログインをした状態で利用できますので、ご利用時は必ず事前にユーザー登録を以前におこなってくださいね

※ハイローオート本体のダウンロードはこちら

こちらのインジはすべてMT4の「DLLの使用許可が必要」です。

MT4上部メニューの【ツール】→【オプション】→【エキスパートアドバイザ】タブ→【DLLの使用を許可する】にチェックをいれてください。その後、インジケーターのパラメータ画面(全般)タブからもDLLの許可をしてください。

また、事前にハイローオートへのログインを必ず行って下さい。

ハイローオート動作確認用インジ Tester

ハイローオートテスターTester

 

こちらはハイローオートの動作確認用のインジケーターです。zipファイルですので事前に展開してからフォルダ内のTester.ex4ファイルをMT4の【Indicators】フォルダにいれてご利用ください

インジケーター設定マニュアルはこちらから。

インジの特徴としてはローソク足4本ごとにHIGHシグナルとLOWシグナルを交互に出すものです。頻繁にシグナル(矢印)がでるので、エントリーの誤差などの使用感を確かめやすくなっております。(このtesterインジケーターを使っても勝てませんので注意して下さいね)

インジケータによってはシグナルの出し方が特殊で、ハイローオートにそのまま使うことができないものがあります。テスト用インジケーターは動くのに、ご利用のインジが動かない場合は特殊なインジケーターの可能性があります。

その場合、一度FX-EAラボのお問い合わせよりご連絡いただければ動作が可能かどうか判断できますので、どうぞお気軽にご相談ください。

 

 

勝率表示インジケーター FX-EA-labo-rate

MT4インジMT4のチャート上部に勝率を表示します

 

勝率表示インジケーターのパラメーター

 

こちらはお好みのバッファ型(データウィンドウにHIHGとLOWの値を出力するもの)インジケーターの直近のローソク足◯本分の勝率を表示するものです。

ローソク足の本数はインジのパラメータ画面でお好きな数字が設定できます(勝率を計算する期間の段を変更)

ただしリアルタイムでローソクの計算を行うのでかなり重いインジケーターでして、計算本数を多くすればするほど負荷があがり、表示までの時間は多くかかってしまいます。

なので低スペックのマシンはちょっときついかもしれません。

バックテストのためにわざわざ.csvを出力するのが面倒くさい時や、だいたいでいいからすぐに勝率が知りたい時などにご利用ください。

 

ローソク足のサインを表示する Candle Pattern

キャンドルパターンCandle pattern Indicator

 

ローソク足パターン

こちらはチャートをまだ読み慣れていない方向けのサインインジケーターです。

相場の基本的なエントリーサインである、大陽線、大陰線、ピンバー(長い上ヒゲ)、ハンマー(長い下ヒゲ)、上げ同時線(実態の値動きがなくて長い下ヒゲ)、下げ同時線(実態の値動きがなくて長い上ヒゲ)、明けの明星、宵の明星、の8種類のローソク足パターンでシグナルを出します。

通常このインジケータだけで勝てるものではありませんが、これに水平線や、移動平均線、トレンドラインなど色々と条件を足していくと、裁量トレードの勝率が上がります。

yuki
yuki
単体で利用しても意味は薄いですが、水平線やトレンドラインなど節目の抵抗体の上でローソクのサインが出た時に有効ですよ 

 

 

【ハイローオート標準装備】ATRを利用した売買自動停止機能

ATRで自動売買停止

こちらはインジケータではなく、ハイローオートに内蔵されている機能ですが、意外と世の中にないのでご紹介しておきます。

相場の動きが活発かどうかを判断するには、MT4に標準で入っているATRというインジケーターを使うのが便利です。特に短いゲーム時間ですと、0.1pipsの差が大きく勝敗に関係しますが、相場がまったく動いていない時にロジックがサインをだしてしまうと、何連敗もしてしまう事が多々あります。

そこでハイローオートでサインの読み取りに使っているSignalAUTOというインジケータにはATRが低い時は自動でエントリーを停止するという機能があります。

 

ATRフィルタ設定

ATRフィルタ

こちらはSignalAUTOのパラメータの入力画面です。赤枠がATRフィルタ設定の部分です。注意事項としては、ATRフィルターが作動してエントリーしなくても、インジケーターの矢印は表示されますので、「エントリー矢印がでているのにエントリーされてない!」とならないように気をつけて下さいね。

 

ATRが設定値未満のときはシグナルを出さない:この値ですが、1分足や5分足など時間によって適正数値が全く変わってきます。ですので実際にATRをチャートに表示させてロジックに合わせるのが良いかと思いますが、目安を書きますと・・

1分:ATR0.00015  5分:ATR0.0003  15分:ATR0.0005

あたりが無難な値です。人によっては1分を0.0001あたりまで許容される方もいるかと思いますがお好みで大丈夫です。この機能はゲーム時間が長くなると影響は軽微になりますので基本的には5分足以下の取引時に使われるのが良いと思います。また、値を0にするとこの機能はオフの状態となります。

 

ATRの時間軸:currentは現在表示しているチャートのATRの値を拾います。基本的にはcurrentで問題ありませんが、例えば5分を選びますとチャートに1分足を表示していても、ATRの数字は5分のATRの値を基準にします。

 

ATRの期間:デフォルトでは14になっていますがお好みで大丈夫です