MENU
自動売買システム

30秒足や3分足をMT4のチャートに表示させる方法

MT4の時間足を変える方法
yuki
yuki
ハイローオーストラリアには30秒取引や3分取引の設定がありますが、初期設定のMT4ではチャートにこれらの時間を表示させることができません
カオチャイ
カオチャイ
そのため、3分取引を諦めてしまう人もいるのですが、実は設定次第でMT4表示が可能ですので、今回は30秒と3分足をMT4に表示させる方法をご紹介しますね!
サヤ取り手法
先出しトレードで証明!コロナ暴落でも利益を出し続けた株サヤ取り手法 株サヤ取り(アービトラージ)は暴落でも負けない 2020年の2月から3月にかけての暴落は、2008年のリーマンショックぶりとも言え...

ハイローオーストラリアの30秒と3分取引

ハイローオーストラリア3分足

ハイローオーストラリアにはエントリーしてから判定結果がでるまでの時間が30秒と3分で決まる取引があります。

短い時間の取引はエントリーが多いので、思ったよりも人気がある取引時間です。

しかしハイローオーストラリアの画面を見てトレードする分には問題ありませんが、これをMT4で分析してエントリーするとなると、MT4の初期設定では30秒足も3分足も表示ができないのです。

これは裁量トレードでも自動売買トレードでも同様の問題でして、この仕様のおかげでFX-EAラボにも一時期質問が殺到していました。

 

カオチャイ
カオチャイ
というわけで、設定方法をご紹介していきますが、その前にペイアウト率のお話をしておきますね

 

30秒取引と3分取引のペイアウト率

設定方法の前に、30秒足と3分足の設定の前にハイローオーストラリアのペイアウト率を確認しておきましょう。

ペイアウト率

30秒取引・・1.95  勝率51.2%以上でプラス

3分取引・・ 1.90 勝率52.6%以上でプラス 

さて、なぜわざわざペイアウト率の確認をするかといいますと、30秒のペイアウト1.95というのは、ハイローオーストラリアのゲームの中でもっとも高い計算になります。HighLowスプレッドの2.0もありますが、スプレッドを考慮に入れるとこちらのほうがリターンは高いですね。

そしてこのペイアウト率に食いついてしまう人も多くいますが、別の視点から見るとハイローオーストラリアがこれだけのリターンを提供するということは、30秒取引と3分取引は勝つのが難しいということです。

理由としてはボラティリティが関係していまして、短い時間の取引だとどうしても0.1pips辺りの重みが変わってくるんです。

これに関してはボラティリティに関する記事で詳しく書いておいたので気になる方は読んでみてくださいね。

 

カオチャイ
カオチャイ
ですので、MT4に30秒足と3分足の設定ができたとしても勝てるかどうかはまったく別のお話ということなんです

 

インジケータを使ってMT4に30秒足を表示する

yuki
yuki
それでは設定方法の解説です!まずはこちらのインジケータをダウンロードしてください
カオチャイ
カオチャイ
ダウンロードが完了して、zipフォルダを展開していただきますと中に【15SecChartMaker1.1】というファイルがはいっていますので、そちらをMT4の【Indicators】フォルダに入れて、MT4を再起動してください!これで準備は完了です

 

MT4の時間足設定まず、【ナビゲーター】の中にある【15SecChartMaker1.1】を、30秒足を表示させたい通貨ペアの1分足チャートにドラッグ&ドロップします。

yuki
yuki
表示したい通貨ペア1分足というのは絶対条件ですよ!
カオチャイ
カオチャイ
今回はGBPJPYの30秒足を表示したいので、GBPJPYの1分足チャートにドラッグ&ドロップします

 

DLLの設定 続いて設定画面が開きますので、【全般】タブの【DLLの使用を許可する】にチェックをいれます

 

時間の設定次に【パラメーターの入力】タブを開き、【IntervalSec】の部分を「30」と入力します。

カオチャイ
カオチャイ
この部分を15にすれば15秒足、10秒にすれば10秒足の設定となります
yuki
yuki
以上で下準備は完了です!

 

MT4に30秒足を表示させてみましょう

MT4設定

メニューから【ファイル】→【オフラインチャート】を選択します。

 

30秒足の設定すると現在MT4で表示できる通貨と時間足が表示されます。その中に先程設定した「GBPJPY_30S,M1」というデータが追加されているので、それを選んで右の【開く】をクリックします。

 

30秒足の表示 するとこのように30秒足が表示されます

yuki
yuki
この時ですが、チャートを開いた直後はまだローソク足が完成しておらず、上記のように表示されません
カオチャイ
カオチャイ
じわじわローソクが作成されるのでしばらくお待ち下さいね!

 

30秒足の表示1分足は消さないように

yuki
yuki
あとこちらの30秒足は、1分足のチャートをベースに作成されています
カオチャイ
カオチャイ
そのため、1分足のチャートを消してしまうと30秒足のチャートが停止してしまうので注意してくださいね!

 

MT4で3分足を表示させる方法

yuki
yuki
続いて3分足の表示の仕方です!
カオチャイ
カオチャイ
3分足のインジケータはまずこちらをダウンロードしてください
yuki
yuki
さきほどのインジケータは秒単位の足をわかりやすく作るものでしたが、こちらは1分~1時間単位でのローソク足を作ることができます!
カオチャイ
カオチャイ
ダウンロードして、zipフォルダを展開しますと中に2つファイルがありますが、【Period_Converter_Opt.ex4】というファイルを選んでいただいて、そちらをMT4の【Indicators】フォルダに入れて、MT4を再起動してください!これで準備は完了です

 

MT4で3分足の作成方法

まず、MT4の【ナビゲーター】の中にある【Period_Converter_Opt】を3分足を表示させたい通貨ペアの1分足チャートにドラッグ&ドロップします。

yuki
yuki
3分足は、1分足チャートをベースに作成されますので、表示したい通貨ペア1分足というのは絶対条件ですよ!
カオチャイ
カオチャイ
今回はEURUSDの3分足を表示したいので、EURUSDの1分足にドラッグ&ドロップします

 

MT4設定 設定画面が開きますので、【全般】タブ→【DLLの使用を許可する】にチェック

 

MT4設定続いて【パラメータの入力】タブで【PeriodMultiplier】を3と入力します。その後【OK】をクリックします。

yuki
yuki
ここで、10といれれば10分足を作ることができます
カオチャイ
カオチャイ
これで下準備ができました!

ちなみに今回は1分足をベースに3分足を作っていますが、1時間足をベースにして同じ要領で値を変えれば3時間足、5時間足などが作れますよ

 

3分足をMT4に表示させてみましょう

MT4設定MT4のメニューから【ファイル】→【オフラインチャート】をクリック

 

オフラインチャート中に【EURUSD_M3】というデータができているので、選んで右側の【開く】をクリック

 

MT4に3分足表示するとMT4に3分足のチャートが作成されました

yuki
yuki
こちらの3分足は1分足のチャートをベースに作成されているので、1分足チャートを閉じてしまうと3分足チャートが止まってしまいます。必ず1分足チャートは表示させたままにしてくださいね
カオチャイ
カオチャイ
あと、3分足チャートを初めて開いた時は、チャートがまだ出来上がっていないので、1時間ほど放置してください。そうすればデータが溜まってローソク足が表示されるようになりますよ

 

1分足を使って3分取引を行う方法もありますが・・

実は30秒足、3分足を表示する設定が面倒くさいという方は意外と多く、自動売買を動かす際に、MT4に1分足を表示させてハイローで3分足取引を行う方も多くいらっしゃいます。

実際MT4の1分足でサインが出ればハイロー側を3分判定にしてもエントリーは行われますので一見問題はありません。

しかし使っているサインツールのロジックが3分足での表示前提で作られているものですと、それを1分足に無理やり当てはめては本来のツールの能力が発揮できるとは言えません。

やはり1分足は3分足に比べますとノイズが多いですので通常よりも無駄なエントリー回数が増えることが予想されます。

ですので3分足指定のサインツールを使う時はきちんとMT4に3分足の表示をしましょうね。

 

30秒足や3分足をMT4のチャートに表示させる方法 まとめ

yuki
yuki
以上がMT4に特殊な時間足を表示させる方法でした!
カオチャイ
カオチャイ
今回は2つのインジケーターを紹介しましたが、実は3分足でしたら最初に30秒足を作る説明で紹介した15SecChartMaker1.1の設定値を【180】にすれば3分足は作ることができます
yuki
yuki
ですのでチャートの表記が180Sとなるのを気にしない方はそちらの方法でも問題ありませんよ!
カオチャイ
カオチャイ
この記事が皆さんのお役に立てれば幸いです!
MT4のヒストリカルデータ設定
MT4に精度の高いデューカスのヒストリカルデータをいれる方法 ヒストリカルデータとは? ヒストリカルデータとは、MT4のチャートなどで使われる過去の値動きのデータです。 始値、終...