自動売買システム

MT4を軽くしてVPSをサクサク動かす方法

VPS利用の前にMT4を軽くする設定
yuki
yuki
MT4はインジケーターなどを多くいれると動作が重くなります。ましてやVPS上で自動売買などを動かす場合、MT4を軽くすることはほぼ必須となっております。そこで今回はMT4を軽量化する方法をご案内します!
カオチャイ
カオチャイ
MT4の軽量化を行えばメモリ利用量を節約できますので、安いプランのVPSでも動くようになりますよ

MT4を軽量化して快適なVPS環境を手に入れよう

MT4はカスタマイズ性が高くたくさんの機能がついている代わりに、かなりのメモリを使用します。

インジケーターや長期間のローソク足のデーターを詰め込んだMT4ですと、メモリ使用量がとんでもないことになります。

ましてやWindows10やWindows server2019(VPSのOS)は多くのメモリを使いますのでなるべくMT4のメモリ使用量は減らしたいところです。

通常MT4をVPSで動かして自動売買をおこなう場合、なるべく月額利用料金が安い2GB~4GBプランを選ぶ方が多いと思うのですが、メモリをフルに使うとエラーが起きやすくなりますので、2GBプランでしたら500MB程度は余裕をもたせたいですね。(大抵の場合メモリの余裕よりもCPUのほうが先に限界がきますが・・)

そこで今回はMT4を軽量化する設定方法をご紹介していきたいと思います。

 

気配値(通貨ペア)の表示は最小限に

気配値とは、MT4の画面の左側に表示されている通貨ペアの価格です。

業者によっては50種類以上もの通貨の価格をリアルタイムで表示しますが、実際の所ここをフルに表示させてMT4を使う方はほとんどいません。

そこで、以下の手順で気配値をオフにしてMT4を軽量化しましよう。

 

気配値の表示を消す方法

気配値こちらの赤枠が「気配値」です

 

MT4メニュー

MT4の画面左上【表示】から【気配値表示】をクリックします

 

MT4

このように気配値の表示がすべて消えました!

 

カオチャイ
カオチャイ
気配値を再び表示したい時は今回の手順をもう一度行えば大丈夫ですよ!

 

ヒストリー&チャートの最大バー数を減らして軽量化

MT4のチャート設定の中に「ヒストリー内の最大バー数」と「チャートの最大バー数」という2つの設定があります。

ヒストリー内の最大バー数・・バックテストの時に利用するローソク足の数を指定します。PCに記憶しておくローソク足の数とも言えます。お使いのMT4によってはこの数値を変更しても強制でデフォルト値に戻される場合もあります。

チャートの最大バー数・・普段使うチャートに表示されるローソク足の数。この数値を限界まで減らすとチャートにローソク足が表示されなくなります

 

通常MT4を利用する場合はこの設定をできるだけMAXに設定することが推奨されていますが、VPSで自動売買を稼働させるとなると、ただのメモリの無駄遣いですのでここを削りましょう。

両方ともMT4の軽量化にはかなり影響する項目です。

 

最大バーの変更方法

MT4メニュー

 【ツール】の【オプション】を選びます

 

設定

【チャート】タブを選び、赤枠の数字を両方とも3000程度に設定します。

この最大バー数が3000の状態でバックテストを行いますと、ローソク足の数が足りず長い期間のテストができませんので、検証のときは数を増やしましょう。

 

ニュース機能をオフにする

MT4でデイトレードを行っているときなどに流れてくるニュース機能。

指標の情報などが自動で流れてきますので裁量トレードの時はとっても便利ですが、自動売買で稼働させるときはメモリの無駄使いです。

これも下記の設定で停止して軽量化しましょう。

 

ニュース機能の変更方法

MT4メニュー

MT4上部メニューより【ツール】から【オプション】を選択

 

MT4設定

【サーバー】タブのニュースを有効にするのチェックを外します。

 

使わないインジケータはチャートから外す

MT4が重くなる一番の原因がインジケータです。特に勝率表示などのインジケータや複数ロジックを内包したサインツールは種類を問わず非常に重くなります。

自動売買で使わないインジケータはすべて削除しておきましょう。当サイトでご紹介しているバイナリー自動売買システムの場合ですと、シグナル読み取り用インジとお好きなサインツールの2つ以外は全て削除することをオススメしております。

 

インジケータの削除

 チャート上で右クリックをして【表示中のインジケータ】を選びます

 

インジケーターの削除使用していないインジケータを選んで【削除】します

 

インジケータの削除と合わせてチャートの窓も使わないものは閉じておきましょう。

 

最初から軽いMT4を利用する

こちらは紹介してきた軽量化設定を試してもあまり動作が変わらないという人に試してもらいたい方法です。

ご利用のMT4によっては最初からインジケーターや設定が業者好みに改変されているものがあります。

ですので一度他のFX業者のものを試してみることもおすすめです。自動売買を行う場合でしたらFX-EAラボでは安定性の高いオアンダのMT4をオススメしています。

 

OANDA
MT4が使える国内FX業者 オアンダ・ジャパン(OANDA JAPAN) オアンダ・ジャパン(OANDA・JAPAN)とは? オアンダはMT4が使える国内のライセンス業者の中では一...

 

MT4をVPSで動かす前に必ずやっておく設定 まとめ

yuki
yuki
色々と詰め込んだままの、重いMT4をたくさんVPSで稼働させますと、VPSの画面がまるごとフリーズしたり、再ログインをしなおさなければならなくなります
カオチャイ
カオチャイ
自動売買を稼働させていたつもりが、いつの間にか止まっていたなんでことにならないように、MT4は軽量化して利用して下さいね!
サヤ取り手法
先出しトレードで証明!コロナ暴落でも利益を出し続けた株サヤ取り手法 株サヤ取り(アービトラージ)は暴落でも負けない 2020年の2月から3月にかけての暴落は、2008年のリーマンショックぶりとも言え...