自動売買システム

最大バー数などの設定を変えて重いMT4をVPSでサクサク動かす方法

VPS利用の前にMT4を軽くする設定
yuki
yuki
MT4はインジケーターを多くいれると動作が重くなります。ましてやVPS上で自動売買などを動かす場合は、標準の設定を変更してMT4を軽くすることはほぼ必須となっております
カオチャイ
カオチャイ
そこで今回は、最大バーなどの基本的な設定を変えてMT4を軽くする方法をご紹介しますよ!

 

MT4のインジケーター作成FX-EAラボがお客様のMT4オリジナルインジを開発します

MT4を軽くして快適な取引環境を手に入れよう

システムエラー画面

優れたチャート分析ソフトであるMT4はカスタマイズ性が高く、たくさんの機能がついている代わりに、かなりのメモリを使用します。

インジケーターや長期間のローソク足のデーターを詰め込んだMT4ですとメモリ使用量が多くなり、非常に重くなってしまいます。

また、MT4はVPSで自動売買する方がとても多いのですが、最近のVPSの基本OSであるWindows10やWindows server2019(VPSのOS)も多くのメモリを使いますので、最初からなるべくMT4の設定で軽くしておきたいところです。

通常MT4をVPSで動かして自動売買をおこなう場合、なるべく月額利用料金が安い2GB~4GBプランを選ぶ方が多いと思うのですが、メモリをフルに使うとエラーが起きやすくなりますので、2GBプランでしたら500MB程度は余裕をもたせたいですね。

そこで今回はMT4を軽量化する設定方法をご紹介していきたいと思います。

ハイローオーストラリアのVPS
ハイローオーストラリアで自動売買!正しいVPSの選び方ハイローオーストラリアでMT4を動かすのに適したVPS業者さんのご紹介です。 VPSって何?という方も、一度VPSを触ってしまいますとあまりの快適さに離れられなくなりますよ!...

 

ヒストリー&チャートの最大バー数を減らして軽量化

MT4の最大バー設定

MT4のチャート設定の中に「ヒストリー内の最大バー数」と「チャートの最大バー数」という2つの設定があります。

ヒストリー内の最大バー数・・バックテストの時に利用するローソク足の数を指定します。PCに記憶しておくローソク足の数とも言えます。お使いのMT4によってはこの数値を変更しても強制でデフォルト値に戻される場合もあります。

チャートの最大バー数・・普段使うチャートに表示されるローソク足の数。この数値を限界まで減らすとチャートにローソク足が表示されなくなります

 

通常MT4を利用する場合は、この最大バー数をできるだけMAXに設定することが推奨されています。

理由としてはバックテストを行う時や、過去のチャートを遡る時はここの数値がテストや遡れるローソク数に直結するからです。過去データは多く参照できたほうが分析も正確にできますからね。

が、VPSにMT4をセットして自動売買を稼働させるとなると、バックテストは行いませんし、チャートとにらめっこをすることもありません。最大バーをMAXにしたところでただのメモリの無駄遣いですので、まずはここを削って軽くしましょう。

最大バー数はMT4の軽量化にはかなり影響する項目です。

カオチャイ
カオチャイ
ただし、勝率表示インジケーターのように過去のローソク足を計算するインジケーターを表示させたい方は、ここを削りすぎないように気をつけてくださいね

軽量化の寄与度 高

 

ヒストリー内の最大バー数の変更方法

MT4メニュー

 MT4上部メニューの【ツール】→【オプション】を選びます

 

設定

【チャート】タブを選び、赤枠の数字を両方とも3000程度に設定します。

極端な話、VPSだけですと500程度まで落としても全く問題ありませんが、実はここまで減らすとまれにお使いのロジックによっては表示にエラーが起こる場合があります。

例えば過去足1000本分の勝率をロジックに組み込んでいるものや、過去のローソク足の推移を長期で参照して利用しているロジックなどです。

さすがに3000本以上の過去ローソクを参照するロジックは重すぎるので存在しないと思いますが、過去足1000本を使うロジックはFX-EAラボへのご相談で拝見したことがありますので、念の為の3000本設定ということです。

ちなみにヒストリー内の最大バー数が3000の状態でバックテストを行いますと、ローソク足の数が足りず長い期間のテストができませんので、検証のときは数を増やしましょう。

 

 

気配値(通貨ペア)表示をOFFにすると軽くなる

気配値とは、MT4の画面の左側に表示されている通貨ペアの価格です。

業者によっては50種類以上もの通貨の価格をリアルタイムで表示しますが、実際の所ここをフルに表示させてMT4を使う方はほとんどいません。

そこで、以下の手順で気配値をオフにしてMT4を軽量化しましよう。

軽量化の寄与度 低

 

気配値の表示を消す方法

気配値こちらの赤枠が「気配値」です

 

MT4メニュー

MT4の画面左上【表示】から【気配値表示】をクリックします

 

MT4

このように気配値の表示がすべて消えました!

 

カオチャイ
カオチャイ
気配値を再び表示したい時は今回の手順をもう一度行えば大丈夫ですよ!

 

ニュース機能をオフにする

MT4でデイトレードを行っているときなどに流れてくるニュース機能。

指標の情報などが自動で流れてきますので裁量トレードの時はとっても便利ですが、自動売買で稼働させるときはメモリの無駄使いです。

これも下記の設定で停止して軽量化しましょう。

軽量化の寄与度 低

 

ニュース機能の変更方法

MT4メニュー

MT4上部メニューより【ツール】から【オプション】を選択

 

MT4設定

【サーバー】タブのニュースを有効にするのチェックを外します。

 

重いインジケータはチャートから外しておく

MT4が重くなる一番の原因がインジケータです。特に勝率表示などのインジケータや複数ロジックを内包したサインツールは種類を問わず非常に重くなります。

自動売買で使わないインジケータはチャートに表示しないように削除しておきましょう。

当サイトでご紹介しているバイナリー自動売買システムの場合ですと、シグナル読み取り用インジとお好きなサインツールの2つ以外は全て削除することをオススメしております。

軽量化の寄与度 高

 

インジケータの削除

 チャート上で右クリックをして【表示中のインジケータ】を選びます

 

インジケーターの削除使用していないインジケータを選んで【削除】します

 

ちなみに余談ですが、弊社でご紹介しているバイナリーオプション自動売買システムハイローオートで、通常では動かないインジケーターを自動売買化する方法として、「専用ツールの作成」という方法がありますが、この専用ツールも基本的には極限まで軽くなるように作ります。

そのため、チャートに適用してもボリンジャーバンドや移動平均線のようなテクニカル表示はお客様から特に依頼がない限りは表示しません。淡々とエントリーサインのみ表示する仕様です。

自動売買は基本的には放置するものですから、通常は必要がない表示機能などを省くことで、自動売買がメモリ不足でエラーを起こす可能性などは徹底的に排除するというのがセオリーなのです。

 

業者によって軽いMT4と重いMT4がある

MT4ですが、実は契約しているFX業者によって初期設定が異なります。

ご利用のMT4によっては最初からインジケーターや設定が非常に多く詰め込まれていることがよくあります。

もちろんインジケーターなどは最初から多くはいっていたほうがウリになりますのでFX業者がなにも考えずに詰め込んだ結果ですが、普通の人でしたら9割は使わないインジケーターだと思います。

ですので、もし最初からMT4が重いと感じたら一度他のFX業者のものを試してみることもおすすめです。自動売買を行う場合でしたらFX-EAラボでは安定性の高いオアンダのMT4をオススメしていますよ。

軽量化の寄与度 中

OANDA
MT4が使える国内FX業者 オアンダ・ジャパン(OANDA JAPAN) オアンダ・ジャパン(OANDA・JAPAN)基本情報 オアンダはMT4が使える国内のライセンス業者の中では...

 

最大バー数などの設定を変えて重いMT4をサクサク快適にする方法 まとめ

yuki
yuki
MT4が重いと同時に自動売買できる通貨数なども変わってきますから軽量化は非常に大切なんですね
カオチャイ
カオチャイ
また、MT4は古いプログラムですのでメモリ解放があまり得意ではなく、それによって落ちてしまうこともあるのですが、今回ご紹介した軽量化で未然に防ぐこともできますよ!
ハイローオーストラリアのVPS
ハイローオーストラリアで自動売買!正しいVPSの選び方ハイローオーストラリアでMT4を動かすのに適したVPS業者さんのご紹介です。 VPSって何?という方も、一度VPSを触ってしまいますとあまりの快適さに離れられなくなりますよ!...
サヤ取り手法
先出しトレードで証明!コロナ暴落でも利益を出し続けた株サヤ取り手法 株サヤ取り(アービトラージ)は暴落でも負けない 2020年の2月から3月にかけての暴落は、2008年のリーマンショックぶりとも言え...
MT4のパラメータ設定
【MT4の便利機能】.setファイルを使って複雑なパラメータ設定を保存しておこう MT4のパラメータは保存して読み出そう バイナリーオプション自動売買でハイローオートを使っていたりする時にちょっと面倒くさ...
ABOUT ME
YUKI
MT4をこよなく愛する開発者です。FX-EAラボの他に、サヤ取りを追求した株ラボ、MT4、MT5のツール制作に特化したシストレファクトリー、EAやインジケーターに認証やペイパル決済機能が付けられるMQLAuthシステムなどの開発にも関わっています。 YUKIプロフィール