FX業者

MT4が使える国内FX業者 オアンダ・ジャパン(OANDA JAPAN)

OANDA
yuki
yuki
今回は我々がおすすめしている国内FX業者のオアンダジャパンさんの紹介です
カオチャイ
カオチャイ
OANDAさんはNDDとDDと合わせた取引形態で顧客と利益相反になっていない点が重要ですね
yuki
yuki
国内ではそこまで派手な宣伝をしていませんが、顧客寄りの業者さんなので人気がありますね。我々も安心してご紹介できる数少ない国内FX業者さんです



オアンダ・ジャパン(OANDA・JAPAN)とは?

オアンダ

オアンダはMT4が使える国内のライセンス業者の中では一番人気があるかと思われます。世界中でサービスを展開しており、その顧客の注文状況を見ることができる顧客向けサービスのオープンオーダーは非常に魅力です。

またOANDAは色々と顧客の価格操作ができてしまうデスクが介入しないNDD方式(一部DD)を採用していますので、MT4の利用はもちろんOKで、スキャルピングなども禁止してはいませんし、約定能力の高さはすべての業者の中でもトップクラスです。

またオアンダは世界8カ国に拠点を持つグループ企業でして、金融ライセンスもイギリス、アメリカ、日本、オーストラリアなど信用のある国でのみライセンスを取得していまして、このあたりが中小の海外FX業者とは違うところですね。

信用があるためにカバー先の銀行も多く、有利な価格を顧客に掲示することも出来ますので、世界トップクラスにスプレッドが狭いことも特徴です。

 

オアンダ・ジャパンのスプレッド

オアンダのスプレッド

 

オアンダのスプレッドはコースによっても変わりますが、東京サーバーに関してはドル円0.3円原則固定と、国内業者でもトップクラスの狭さですね。

もちろん最近はスプレッド競争が激しく、ドル円0.2銭、0.1銭なんて会社もありますが、オアンダはカバー先の銀行が多いので、有事の時にそれらの会社よりもスプレッドの開きを狭く抑えています。

楽天証券なんて以前スプレッドが1500pipsなんて事をやらかしていますからね。スプレッドに関する信用度はオアンダは非常に高いです。

スプレッドが「原則固定・例外あり」と書いてあり、普通の人でしたらここを「スプレッドが開きまくる前提なんじゃ」と疑いますが、オアンダのスプレッドは他社に比べて開きにくいですし、もとのスプレッドにも戻りやすい優良業者です。

価格を提供しているカバー先の銀行が多いということは、それだけたくさんの価格の条件の中から選んで顧客に提供できるということですので、冷静に考えますとオアンダよりも小さなFX業者がオアンダよりもよい条件で営業しているというのは、必ずどこか見えていないところで何かやっているということですよ。

 

OANDAのオープンオーダーを見るとストップが狩られそうな場所がわかる

オープンブック

OANDAの主力ツールであるオープンブックは、世界中のオアンダの顧客の指値注文、逆指値注文をリアルタイムで公開しています。

特に逆指値注文の状況は利用価値があり、相場というものは個人の逆指値を狩りに来る動きが度々発生しますので、このオープンオーダーでどこにロスカットの逆指し注文が溜まっているかを見ることができれば、非常にトレードの参考になります。

もしも、逆指値が溜まっている部分を抜けると、相場は一気に加速しますからね。

他の国内業者ですとヒロセ通商や外為どっとコムさんも注文状況を公開していますが、基本的に注文業況がわかるのは自社の顧客の注文のみなので、日本だけでなく(日本時間だけでなく)世界中でたくさんの顧客を抱えていてるオアンダのオープンオーダーが一番正確です。

 

ロスカットが溜まっている部分がわかるオープンオーダー解説
オアンダのオーダーブック
OANDA(オアンダ)のオーダーブックをMT4で使いこなそう!OANDAが提供しているオープンブックはまだまだ知名度は低いですが非常に有用なツールです。今回は顧客のポジションや注文を視覚化しているオープンブックの本当の使いこなし方をご紹介します。...

オアンダの口座はDD取引、NDD取引が自由に選べる

ベーシックコース東京サーバーコースプロコース(NY)
取引種別DDNDDDD
取引通貨ペア71通貨ペア28通貨ペア71通貨ペア
ドル円スプレッド0.4 pips0.3 pips ~0.8 pips
スプレッド方式原則固定原則固定原則固定

 

オアンダでは取引量などによって3つのコースが選べます。このうちMT4が利用できるのは東京サーバーコースとプロコースですね。

また最低取引単位が東京サーバーは1万通貨からに対して、他の2つは1通貨単位での注文が可能です。

普通に取引するぶんにはスプレッドが狭い東京サーバーで良いかと思いますが、EAやミラートレードなどはプロコースのNYサーバーでしかできません。

当社のバイナリー自動売買システムハイローオートでのご利用の場合は、MT4が必要なので東京サーバーとプロコースのどちらかとなります。

なお、透明性の高いNDD口座に関しては東京サーバーを選べばOKです。

 

サーバーは強くて約定スピードは超高速

オアンダジャパンは約定拒否なし、リクオートなしを公式に宣言しており、オーダーは即約定されます。

一部のFX業者で、約定遅延を利用して顧客の損失を意図的に拡大させたりする事件もありましたからこういった宣言があるのは心強いです。

特に日本でトレードされる方は東京サーバーコースですと、物理的にNYサーバーよりも近く、Ping到達速度(注文がサーバーに到達するまでの時間)も東京サーバーコースですとベーシック・プロコースの1/34まで削減されています。

時間帯によって全然約定しなかったりする業者さんもありますが、OANDAはその点問題ありません。

また、「ロスカットを狩りにきた」なんていう値段が大きく跳んだりする現象も、オアンダは他のFX業者に比べて少ないです。

コロナ暴落中も、SBI証券などのが値段が吹っ飛んで顧客が次々と狩られている時に、オアンダの値段は飛ばずに淡々と踏ん張っており、業作選びはこういう部分が本当に大切なので、手数料やイメージだけでFX業者は選んではいけないということです。

 

スキャルピングを禁止していない

多くの業者ではスキャルピングを禁止していますがオアンダはスキャルピングが可能な数少ない業者です。

一般的にはサーバーの負担を軽減するためのスキャルピング禁止措置ですが、裏事情としてスキャルピングをOKすると裁定取引などをされてDD取引業者にとっては厳しくなりますからね。

その点オアンダは顧客の注文の多くを市場に流していますのでスキャルピングをされても問題ないのでOKなのです。

 

チャート分析のツールが使いやすい

オアンダ

こちらはOANDAが提供している取引プラットフォーム「fx-trade」

 

オアンダが提供しているfx-tradeというプラットフォームですが、最高に使い勝手の良いTradingviewをベースに開発されています。

そのため、フィボナッチやエリオットやヘッドアンドショルダーなどの描写ツールや、回帰トレンドやオーダーブック表示など通常のプラットフォームにはない多彩な機能を備えています。

さらに、fx-tradeでは国内の業者では非常に珍しい「5秒足」というものを使うことができるので、高速スキャルピングを行う方は非常に使い勝手の良い業者さんではないでしょうか。

FX-EAラボ的にはこの順位です(Smart traderは有料利用が前提なので、無料ならば実質Tradingviewが一位かと)



取扱通貨が国内最多

オアンダは取扱通貨が71通貨(東京サーバーコースは28通貨)とMT4が使える国内業者としては最多を誇っています。

トルコリラはもちろん、メキシコペソやデンマーク、ノルウェー、スェーデン、ハンガリー、香港、チェコ、インド、ポーランド、サウジ、タイなどのマイナー通貨も取り扱っています。

 

1通貨からの取引が可能

通常国内FX業者は1000か10000通貨が最低取引量ですが、オアンダは1通貨からの取引が可能です。

まあ通常は1通貨取引なんて需要がなさそうですが、実はEA(自動売買)のフォワードテストのときなどにとても役に立ちます。

フォワードテストは実際の口座で動かして収益を確認するものですが、デモ口座ですと価格が滑ったり、約定遅延などがありません。

しかし1通貨でのテストが可能なら、本物のリアル口座でテストをするのも怖くありませんね。

このあたりがさすが顧客よりのオアンダです。

 

オアンダの顧客資産管理は100%信託保全

オアンダは海外企業ですが、オアンダジャパンは日本のライセンスを持ち、金融庁にきちんと登録されている業者です。

ですので100%信託保全の形をとっており、資金は三井住友銀行で全額信託保全されているので、万が一オアンダがつぶれるようなことがあっても顧客の資産は全額保証されます。

 

オアンダを使うの時のデメリット

yuki
yuki
オアンダの特徴をご説明してきまして、なかなかの実力を備えた業者ということはわかったのですが・・
カオチャイ
カオチャイ
良いところばかりではあやしいので、実際に使った場合のデメリットの点もお話していきたいと思います!

 

初回入金額がある

オアンダは初回入金に10万円以上という縛りがあります。

日本のFX業者ではキャンペーン適用条件などで初回入金額をがある事がありますが、無条件で入金額が設定されているのは投資家にとってデメリットいえるでしょう。

 

証拠金維持率は100%で強制ロスカット

オアンダは証拠金維持率が100%でロスカットになります。これは国内FX業者では平均値ですが、海外FX業者はこの設定が20%などもありますので高めに感じるかもしれません。

少ない資金でレバを上げて取引を行うスタイルの方は注意が必要です。

 

オアンダのスワップポイントは平凡

オアンダはスワップポイントには力を入れていません。

こちらのスワップカレンダーで確認ができますが、例えば2020年の4月16日のドル円スワップですが、オアンダが買い0円、売りー31円に対して、SBIFXやDMMは買い30円、売り-39円、岡三証券(くりっく365)が買い22円、売りー22円となっていますが、買いスワップが少ない傾向があります。

悪いわけではないのですが、他社と比べても特に特徴がありません。

 

オアンダは完全なNDD取引ではない

これはオアンダのHPにも記載されているのですが、オアンダは流動性が枯渇した時に、マーケットメイカーになると宣言しています。

これはつまり顧客の注文を呑むということですが、NDD取引の場合、流動性が無い時は注文が滑りやすくなったり約定が通らなかったりします。

この弱点を顧客の注文を呑み込むDD方式でカバーするという意味ですね。

一部このように取引に不透明な部分も見えますが、こういったDDの形はデメリットと書いたももの、顧客にとっては注文が通りやすくなるので悪くはないとも言えますね。

NDD方式はFX-EAラボでもおすすめはしていますが、やはり流動性が無い通貨の場合はスプレッドが高かったり値段が飛んだりもしますので、オアンダほど信用できる業者ならばこの一部DD的な所業もメリットとして受け取れるのではないでしょうか。

 

ハイローオーストラリアはDD取引?
ハイローオーストラリアはDD取引とはちょっと違う NDD取引(ノンディーリングデスク取引) NDD取引はFX業者を仲介してのオーダーとはなるものの、顧客の注文は直接インター...

 

オアンダのTwitterでの評判

オアンダは豊富な指数を公開していますが、EAの動作を停止するなどの判断に有効かと思われるものもチラホラ散見されます。

 

オアンダは開発される方には非常にありがたい業者さんです

 

https://twitter.com/K_FLASHES/status/1133273391044022273

突出したウリ文句はありませんが、結局トータルバランスで見るとある程度相場をやってらっしゃる方はオアンダに落ち着く方が多いですよね。

 

結局勝っているトレーダーは最終的にはオアンダやDukascopyなどに落ち着きます。億超えトレーダーで口座はXM使ってますなんて言っている人がいたらほぼウソです。

億のお金を入金して飛ばれても何の保証もないですからね。

 

オアンダ・ジャパン会社情報

称号OANDA Japan 株式会社
代表者代表取締役 柳澤 義治
本店所在地〒102-0083
東京都千代田区麹町3-6住友不動産麹町ビル3号館 4F
連絡先0120-923-213
資本金350,000,000円
設立年月日2004年11月8日
関連会社OANDA Corporation (米国)
OANDA Asia Pacific Pte. Ltd (シンガポール)
OANDA (Canada) Corporation ULC (カナダ)
OANDA Europe Limited (英国)
OANDA Australia (オーストラリア)

 

金融ライセンス
FX業者の金融ライセンス 金融ライセンスとは? 投資を事業とする企業は世界中どこでも必ず営業許可証が必要です。 これを「金融ライセンス」と言いまして、...

おすすめの国内FX業者 オアンダジャパン まとめ

yuki
yuki
他にもオアンダはトレーダーのために色々なデーターを公開してくれており、EAを触る方は大抵の方がオアンダの口座を作った経験があるのではないでしょうか
カオチャイ
カオチャイ
裏話になるのですが、オアンダのアフィリエイト報酬は他のFX業者さんに比べるとかなり安いので、FX業者紹介サイトなどでは強く推してもらえていません
yuki
yuki
しかし実際に稼いでいるトレーダーさんでオアンダを使ったことがないという人には会ったことがありませんので信頼できる業者さんですね!おすすめです!