FX業者

MT4が使えるおすすめの海外FX業者

FX業者
yuki
yuki
今回はMT4が使えるおすすめ海外FX業者のご紹介です
カオチャイ
カオチャイ
まず最初にお伝えするのは、無理をして海外FX業者を使うことはおすすめはいたしません。国内のFX業者のほうがおすすめではあります
yuki
yuki
海外業者はアフィリエイト報酬が多いのでいろいろなブログなどでとても推されていますが、ハイレバなどに興味がない限りは国内のほうが投資家保護の観点からすると安心です
カオチャイ
カオチャイ
そしてここでは、アフィリエイトなどを考慮せずに、純粋に信頼度や見えないコストなどを考慮して海外業者を勧めてみました
yuki
yuki
他で紹介されるよりも地味なFX業者だったりしますので申し訳ありません。下心なしにおすすめとなるとこんな感じになるというところは参考にしてもらえると嬉しいです! 

MT4が使えるオススメの海外FX業者

yuki
yuki
それではFX-EAラボが選ぶおすすめの海外業者をご紹介していきます
カオチャイ
カオチャイ
FX-EAラボが重視しているのは価格の透明性だったり、出金がスムーズだったり、業者がまるごと飛ばなかったりといった安全面ですので、巷で紹介されているものとは少々異なるかと思いますが、総合で見た場合にはこのあたりに落ち着くのではないかと思います

おすすめの海外FX業者その1 Hot Forex

Hot Forex

HotForexはセントビンセント・グレナディーンのライセンスを持ったヨーロッパの大手金融業者です。日本ではあまり知名度が高くありませんね。

セントビンセントのライセンスの信用度は正直低いですが、HotForexはグループとしてWorld Finance 100という世界のトップ100の会社に送られる賞を受賞しておりますので、信用度は低いライセンスですが、カバー先の銀行は多く取引してもらえているようで、相場の変動時にとんでもない価格で約定するといったトラブルも少ない業者さんです。

 

yuki
yuki
我々は、金融ライセンスは海外業者を選ぶにあたって非常に重要視していますが、こちらの会社は数々の賞を受賞しているのと、会社都合での出金拒否の事例が少ないこと、また世界最大の金融関連の掲示板であるFPAでの評価も上々で、「安全」だという判断でこちらで紹介させていただきました
カオチャイ
カオチャイ
次に紹介するTradeviewとはまた違った方向性の業者なのでEAを走らすにあたって両方持っていても損はありませんね

 

Hot Forex
海外FX業者HotForexの評価 HotForexとは? Hot Forexは2010年設立と比較的新しいFX業者ですが、安全性や顧客満足度の点で多...

おすすめの海外FX業者その2 Tradeview

トレードビュー

 

Tradeviewは2004年創業の中堅FX会社です。ケイマン諸島金融庁(CIMA)の金融ライセンスを取得しています。CIMAは日本での知名度は低いですが、世界のコンプライアンスランキング5位の厳しい監査機関です。

また、顧客の資産は分別管理あり、引受先の銀行はウェルズファーゴということでこのあたりは信用できます。

Tradeviewは信用性もありながら、おすすめできる特徴としてはやはり取引コストが安いというところですね。

手数料のかかるECN口座で比較しますとAXIORYやTitanよりも安くなります。

 

yuki
yuki
Tradeviewの過去をさかのぼると出金拒否の話はゼロではありませんが、それはレイテンシーアービなど規約違反の取引をした場合であって、通常の取引であれば問題なく出金できています
カオチャイ
カオチャイ
また日本の金融庁の警告に従う姿勢もみせており、それが私達にとって良いか悪いかは別として他の海外業者とは一線を画す会社でもあります
yuki
yuki
ボーナスを派手にして実際の取引コストが高い業者よりも、こういった堅実な会社をFX-EAラボはおすすめしています

 

tradeviewの紹介
海外FX業者TRADE VIEWの評判【優良】最近人気急上昇中の海外FX業者でTradeviewのご紹介です。 開示してあるスプレッドなどよりも隠れたコストを勘案するとかなりの低コストで運用できる優良業者さんです。顧客保護に関してもかなり良い線いっておりますよ。...

おすすめの海外FX業者その3 SWISS QUOTE

swiss quote

これは残念ながら海外に居住されている方のみの口座開設になってしまいますが、安全性の面ではとても優秀な業者ですので掲載させていただきます。

Swiss quoteの歴史は2000年までさかのぼり、スイスの金融監視組織であるFINMAの監視下にあります。スイスのライセンスとても厳しく、信用のないライセンスの業者と違い、大手の銀行がカバー先に名乗りを上げてくれます。これは信用のない国のライセンスでは難しいことですね。

他にもイギリスのFCA、香港のSFCなどグループ内で最高レベルのライセンスを保持しており、セキュリティはスイス国立銀行並と言われております。

信用度の高いサクソバンクやデューカスコピーも同じくFINMAの監視下にあり、FINMAの信用度は抜群ですね。

しかしお硬いライセンスとは逆に経営は柔軟で、仮想通貨の取り扱いに積極的で、2017年にFINMAのルールが制定されてすぐに仮想通貨売買をはじめたオンライン銀行でもあります。

yuki
yuki
取引コストに関してはそこまで低くはないのですが、安全性を重視したいという方にはとてもおすすめできる会社です
カオチャイ
カオチャイ
口座開設はビデオチャットで担当者と会話がいるので少々面倒くさいですが、ここの口座を持てば「スイス銀行に振り込んでくれ」と堂々と言えるようになります

 

MT4を使うメリットとデメリット

yuki
yuki
世界一有名な分析ソフトであるMT4は、「Meta Trader」という名前でリリースされたのが2003年です。
カオチャイ
カオチャイ
20年近くも残っている歴史あるソフトなのですが、そのため一部は古さを感じる作りで初心者の方はとっつきにくいかもしれません
yuki
yuki
そこで、MT4のメリットとデメリットをご紹介しておきますね

MT4を使うメリット

世界中のインジケータを使うことができる

MT4には標準で50ものインジケーターが装備されていまが、実際には数千はあると言われています。

といいますのも、MT4のインジケーターはMQLというプログラミング言語で書かれているのですが、MQLは早い段階から世界に公開されていたので世界中の開発者がたくさんのインジケーターを開発する事ができたんです。

 

無料で利用可能

MT4は、MT4が使える証券会社の口座を開けば無料で利用することができます。

チャートソフトは海外製が多いですが、価格データーが有料だったり、一部のインジケーターが有料だったりと、完全に無料というソフトはとても少ないです。

その点MT4はEAなどは有料のものもありますが、個人でチャート分析を行う分には完全に無料で利用することができます。

 

バックテストができる

MT4はバックテスト機能が標準で装備されています。特にEAやサインツールの開発者はロジックを作ってはバックテストを繰り返して勝率を高めていきます。

通常のチャートソフトにはバックテスト機能は付いておらず、バックテスト専用のソフトは2~3万円ほどもしますのでお財布に優しいです。

 

FXなら自動売買が可能

MT4には自動売買ができる機能が標準で搭載されています。EAと呼ばれるロジックをセットするだけで、あとはMT4が自動でエントリーから決済までを行ってくれるんです。

これは他のチャートソフトにはない機能であり、MT4が長年廃れない理由でもあります。

また、MT4とその後継のMT5の間でEAの互換性がないのですが、そのためにMT4で作られた優秀なEAがMT5で使えないので、MT5がイマイチ広まっていない理由でもあります。

 

一度使い方を覚えれば汎用性が高い

FX業者の多くは自前でチャートソフトを配布しています。自社の顧客をそれで取り込みたいわけですが、実際に投資をやっているとFX業者を変える事は1度や2度ではありません。

でもそのたびにチャートソフトの操作方法を覚え直さないといけないのですが、MT4採用業者同士の移動の場合は、お使いのMT4がそのまま利用できるので、新しく覚え直さなくても良いのです。

 

MQLの知識があれば自分でEAやサインツールを作ることができる

これは開発者にとっては大きなメリットです。

MQLはC言語をベースに作られているので、C言語がわかる方でしたらすんなりとロジックを作成することができます。

それを元にオリジナルのインジを販売されたり、Twitterなどで無料配布してフォロワーさんを集めるなど、ビジネスにつなげている方も多くいらっしゃいます。

 

動作が比較的軽い

MT4はチャートソフトの中では動作が軽いです。そのため、VPSなどで利用する場合もそこまでのスペックを求めません。

過去のローソクチャートやニュース表示をカスタマイズすればデフォルトの状態よりもさらに軽くすることもできます。

 

MT4を使うデメリット

使用方法に癖がある

MT4はロシアのソフトですが、使用方法にクセがあります。インジケーターを適用するだけでもデータフォルダにいれてからMT4を更新または再起動させて、その後チャートに適用させるという手順や、.dllファイルの許可など通常のチャートソフトにはない操作が必要です。

カスタマイズ性は大変高いのですが、逆にその部分でつまずくトレーダーさんが多いようです。

メモリの使い方などに限界がある

MT4は古いソフトですので、MT5に比べると同時に処理することが苦手です。そのため重いインジケータを同時に複数使ったりすると動作が極端に重くなります。

それが原因でMT5に移行する方も多いみたいです。

 

自動売買をする場合、PCの電源を落とせない

MT4はネット上で動くクラウド型のシステムではありませんので、自動売買を行う時はPCの電源を入れっぱなしにしないといけません。

もし24時間稼働させる場合はVPSなど、ネット上のサーバーを連絡したほうが便利かもしれません。

 

スマホのMT4の機能は限定的

MT4はiOSとAndroidにも対応しています。しかしMT4のウリであるカスタムインジケータが使えません。

その場合ですと他のチャートソフトのほうがメリットが多く、無理にMT4を使う理由がありません。

 

XMやAXIORYやTitanはどうして紹介しないの?

yuki
yuki
やはりどうしても安全性の問題がくっついてきますよね
カオチャイ
カオチャイ
ライセンス、取引先の銀行などや海外掲示板の口コミなど総合的に判断しますとどうしてもこれらは紹介しにくくなってしまいます・・・
yuki
yuki
そもそも有名どころはアフィリエイト報酬がすごいので有名なのであって、安全性が伴っているかと言うとまったくそうではないのが現実なのですよ・・・ 

 

事実XMやAXIORYやTitanは指標などの急な動きでのスリッページを大きくしたり、出金拒否などの噂が散見されます。一見取引コストは安く見えますが、見えない部分で大きく搾取するのも派手な宣伝を打っている業者の特徴です。やはり国内業者などに比べるとトラブルは多いと言わざるをえないでしょう。

また、監査機関が弱い国の業者はやはり事が起こった時に、泣き寝入りするしかありませんので、そういった意味である程度のライセンスやグループ企業全体として信用があるところが望ましいですね。

 

 

VDPとはFX業者が意図的にトレーダーに不利な条件を強いるプログラムです。なかなかこういう部分は明かされずに紹介されていますので、業者選びは慎重に行いましょう。

 

海外FX業者の最大のリスクは「出金拒否」

海外FX業者で一番怖いのは出金拒否です。どれだけ儲けても出金できなければ意味がありません。しかし皆さんあまりにもここを軽視されすぎている気がします。

自分の身には起こらないだろうという考えですが、勝てば勝つほどこのリスクは上がってくるんです。

Twitterなどを拝見していると出金拒否は裁判で取り戻すなんてお話もありますが、現実問題、海外の業者を相手に裁判を行うためには、海外の裁判に強い弁護士さんの力が必要ですし、相手国の裁判所で事をすすめることになります。

また、金融法も日本のものとは違いますし、提出するべき書類や証拠も日本のものとは異なります。ですので裁判で取り戻すというのは実質不可能だと考えて下さい。

FX-EAラボでは最終的にみなさんに勝っていただくことが前提ですのでここのリスクを最重点に置いておすすめ海外業者を選んでいます。

 

MT4が使えるおすすめの海外FX業者 まとめ

yuki
yuki
2014年頃までは優良海外業者がたくさんあったのですが、金融規制が厳しくなったと同時に日本から撤退してしまいました
カオチャイ
カオチャイ
現在日本で営業している有名どころは半分以上はおすすめできない業者です、日本市場は世界的に見ても非常に美味しい市場ですから、金融庁の勧告を無視してでも営業したい業者がたくさんいます。まともな業者は立ち去り、訳ありのところが残るという図式になってます
yuki
yuki
皆さんにはアフィリエイトブログにだまされないよう、見極める目を持って業者を選んでいただきたいです
カオチャイ
カオチャイ
うちの紹介する業者は地味ですよね・・・ しかし隠れたコスト、信頼性などを総合的に見るとこういう感じになってしまうのでご理解くださいませ
MT4でEAが使える業者一覧
MT4が使えるおすすめの国内FX業者一覧国内業者ではそこまで多くない、 MT4でEAを使うことができる業者の一覧です。 MT4が使えてもEA取引が不可だったりする業者さんもいらっしゃいますので、そのあたりも合わせてご紹介しています。...