自動売買システム

儲けすぎたらハイローオーストラリアの口座が凍結?【気になる金額&理由】

ハイローオーストラリアの口座凍結
yuki
yuki
本日はハイローオーストラリアの口座凍結のお話です
カオチャイ
カオチャイ
凍結理由には「マーチンで凍結された」とか「自動売買で凍結された」などと噂が流れていますが、凍結原因は別にあります
yuki
yuki
そこで今回は凍結条件や対策について詳しく解説していきたいと思います!
バイナリー自動売買システムハイローオート
【ハイローオーストラリア対応】バイナリーオプション自動売買システムハイローオーストラリアでの取引を24時間自動売買化するシステム、ハイローオートのご紹介です。 複数同時通貨のエントリーや、口座凍結防止機能も搭載。もちろんVPSにも対応しております。 無料デモトレードも可能ですのでぜひ御覧くださいませ。...

 

ハイローオーストラリアの口座凍結とは?

ハイローオーストラリアを利用していると、口座の利用を停止、または一部機能を制限されてしまうことがあります。

これを口座の凍結と呼んでいます。口座凍結に関するお問い合わせはFX-EAラボへもたくさん届きますので皆さん気になるところなんでしょうね。

凍結理由はハイローオーストラリアに問い合わせても教えてもらうことはできませんので、原因がブラックボックス化されている事もトレーダー達が恐れる原因の理由です。

 

ハイローオーストラリアの口座凍結メール

ハイローオーストラリアからのメールこのメールが届いたら、精査以前にすでに凍結しています

 

 

ハイローオーストラリアから口座凍結の警告メールこちらは賭金上限5000円の限定凍結のお知らせです

 

ハイローオーストラリアからの凍結メールは、予告や予兆は無く、いきなりメールが届いて口座を確認したときにはすでに凍結状態になっています。

 

ハイローオーストラリアの口座凍結には2種類ある

ハイローオーストラリアの口座凍結には2種類あり、掛け金が5000円までに限定されてしまう限定凍結、そして完全に取引ができなくなってしまい口座を強制で追い出されてしまう完全凍結があります。

どちらの口座凍結も受けないに越したことはないのですが、それぞれの特徴を詳しくご紹介しておきますね。

 

口座の限定凍結(5000円制限)

まず口座の限定凍結についてです。

一般的にはこの限定凍結が多いようです。文中にあるように一回の取引で賭けられる上限が5000円になってしまいます。

裁量トレーダーさんなら上限5000円と聞くと、「それなら5000円で連打すればいいじゃない」なんて発想もあるかもしれませんが、残念ながら限定凍結の場合はエントリーから判定時間まで一度に1つしかポジションを持てなくなります。

つまり連打はできなくなるということです。

そして気になる入出金に関してですが、実は口座限定凍結の場合は特に問題なく入金も出金できます。

ですので、制限内でよければ今までとそこまで変わらない取引が可能とは言えます。実際はFX-EAラボのスタッフの一人は限定凍結の口座で自動売買取引を行っていますが、特に問題なく動いています。

しかしハイローオーストラリアにマークされているのは間違いないので、スキャルピング系のツールや、VPSの利用などはチェックが入る可能性が高いですね。

・賭け金の上限が5000円になる

・一度に複数エントリーができなくなる

・出金は可能

 

完全凍結(口座停止)

次に完全凍結ですが、内容としては一切のエントリーが不可能になります。

ハイローオーストラリアからいきなり完全凍結メールが届くという事例は滅多になく、まずは5000円の限定凍結が起こり、その先に完全凍結があるという流れです。

完全凍結にするからにはハイロー側もきっちりとした理由が必要だとは思いますので、一般のトレーダーさんは、よほどの違反を侵さない限りはなかなか完全凍結はされないかとは思います。

ちなみに完全凍結が起こった場合、ハイローオーストラリア口座からの強制出金が促され、7営業日以降は完全に口座が停止されてしまいます

しかし他のバイナリーオプション業者では出金すらできない事例がありますが、ハイローオーストラリアの場合は完全凍結でも出金は保証されていますのでそこは安心です。

ペイアウト率が良いとか、キャッシュバックなどが大きいからという理由でマイナーな業者をおすすめする方もいらっしゃいますが、基本的にはバイナリーオプション業者はハイローオーストラリアが安全です。

カオチャイ
カオチャイ
凍結はもちろん問い合わせでの交渉の余地なしですので、出金の意向だけ伝えておとなしく待ちましょう

・一切のエントリー不可

・出金も停止(時間がたてば大抵は可能)

・7日で口座へのアクセスができなくなります(ただし稀)

 

ハイローオーストラリアの凍結理由「稼ぎすぎ」

ハイローオーストラリアは稼ぎすぎると口座を凍結される

ハイローオーストラリアが口座を凍結する理由はいくつかありまして順番に紹介していきますが、根本的な原因として「儲けすぎると凍結される」ということが念頭にあるとすんなり理解ができます。

これはバイナリーオプション業界のビジネスモデルが関係しているのですが、実はよく見かけるパチンコ屋さんやカジノと同じビジネスモデルです。

一見、ハイローオーストラリアはFX業者のような雰囲気もありますが、FXですとお客さんの投資した分を市場に流して取引が行われますが、バイナリーオプションという仕組みは顧客の賭金を為替市場で取引するわけではなく、顧客と業者(ハイローオーストラリア)のやり取りだけです。

つまり、お客さんが負けたらハイローオーストラリアの利益。お客さんが勝ったらハイローオーストラリアの損。

というシンプルな仕組みになっております。

ですので、ハイローオーストラリアから見るとトレードが上手な人が来てしまうと、ハイローオーストラリアは自社のお金を取られるだけでなんにも良いことがないのです。

そんなトレーダーに長く居座られたらなにもいいことはありません。ですので、ハイローオーストラリアはそういう稼ぐトレーダーの口座を問答無用で凍結してしまうんです。カジノでもプロのギャンブラーは出入り禁止になりますからね。

 

口座が凍結される金額は?

yuki
yuki
ネットの口コミを見ると「1000万円稼いだら口座を凍結された!」とか「10万円を1週間で300万円にしたら口座凍結された!」とかありますが、この辺りは口コミ自体の信憑性が薄いですね。おそらく業者の「私稼いでいるアピール」かと思います
カオチャイ
カオチャイ
実際のところ、いくら儲けたら凍結されるという明確な金額はなく、軍資金などを含めた口座の状況によります。ですので、目安として実際の凍結事例をご紹介しておきますね

 

3.5ヶ月、約450万円の利益で凍結(2018年)

弊社のスタッフが300万円の軍資金で3ヶ月半で残高が750万円近くになったところで限定口座凍結+直近の取引を修正されて勝ちがなかったことにされました。

使っていた口座は、最初50万円で1年ほどやっていた口座で、軍資金が300万円になったのは、別のFX口座の資金を引き上げて250万円をハイローオーストラリアへ一気に移動させて、取引頻度をあげてからの凍結です。

スタイルは自動売買の5分足Turboで、賭金は4000円~8000円の間、10通貨同時稼働でした。

 

マイナス口座から+350万円での凍結(2019年)

こちらはFX-EAラボのお客さんの事例です。マイナス80万円の口座でしたが、自動売買取引で7ヶ月で残高350万円まで増えました。

インジケーターのロジックは15分取引で、5~6通貨を回していました。一回のエントリー金額は最初の1ヶ月は3000円、その後少しずつ増やしていき、凍結される直前は一回5万円エントリーで、トータル7ヶ月で凍結になりました。

マイナスの月もありましたが、凍結された一つ前の月の勝率がマーチンなしで69.2%と勝ちすぎた感はありました。

 

24万円スタートで3ヶ月で92万円で凍結(2020年)

この凍結事例は、金額が少なかったので私も驚いた事例です。

スタイルは自動売買ではなく裁量エントリーです。24万円を1分足のトレードで3ヶ月で92万円にした方が凍結されました。

履歴を見たところ、リスクをとって賭金を10000円でトレードされていました。偶然調子がよく、12連勝を含む勝率84%くらいの週がありましたが、勝率38%の週もあります。どちらも1週間単位ならば、あってもおかしくない勝率ではあります。

気になったのは、強いトレンドがでたところでは5連打までは日常でおこなっていたそうです。

yuki
yuki
FX-EAラボの手元に届いた他の事例も含めまして、2019年以前は凍結金額に関してだいぶ余裕がありますが、2020年以降は厳しくなっている気がします
カオチャイ
カオチャイ
一律の凍結金額というものはありませんが、以前に比べて凍結基準が低くなってきているのは間違いないです

口座凍結対策に口座変えホーダイプラン

ハイローオーストラリア口座の切替

 

その他の口座凍結条件

レイテンシー系のトレードは口座を凍結されてしまう

稼ぎ過ぎ以外での口座凍結条件も多く存在します。

その中で個人ができてもっともハイローオーストラリアに嫌われるものとしては、レイテンシー系と呼ばれる自動売買システムの使用です。これは完全凍結対象です。

レイテンシー取引とは、バイナリー業者やFX業者はそれぞれレートの参照元の会社が異なりますが、レートの参照元が変わると価格が微妙に異なるだけでなく、レート配信が数秒遅れているということもあります。

これを利用してハイローオーストラリアの参照元であるFXCMよりもレートの配信が早い業者を使い、その業者が上がった瞬間にレートが遅いハイローオーストラリアでエントリーができるならそれは勝率100%の後だしエントリーです。

もちろんこの数秒でのエントリーは人の手で行うのは難しいので自動売買化が必要なのですが、ハイローオーストラリアを始め、あらゆるFX業者からレイテンシー系のトレードは嫌われていますので、もし行った場合はかなり悪質とみなされ、おそらく完全凍結対象かと思われます。

yuki
yuki
以前は「GM_Nutrition」というレイテンシー系のツールがありましたが、現在は凍結されてしまったとHPで案内がでています
カオチャイ
カオチャイ
というわけで、その他の凍結理由をご紹介していきますね!

 

スキャルピング取引は口座凍結対象

短い時間にエントリーして売買を完了するスキャルピングは、ハイローオーストラリアの規約に禁止事項として書かれています。

しかしハイローオーストラリア自らが「30秒Turbo取引」を用意しておいて何を言っているんだ?

ともなりますが、現状はわかりません。

普通に考えますと、スキャルピング自体は勝率が低くなるため、ハイローオーストラリアにとってはカモ客からお金を早く巻き上げやすいとも言えますので、純粋にスキャルピングだけを狙って凍結されることは無さそうです。

しかし、2020年以降に凍結された事例の多くに「スキャルピング」や「連打」といった所作を行っている場合が多いため、現状では安全とは言い切れずグレーとさせていただきます。

 

口座を複数持つと凍結される

ハイローオーストラリアは1人1口座しか作ることができません。実際には作れますが家族名義でも表向きはダメということになっているみたいです。

ここまでの流れでハイローオーストラリアが禁止事項とする要項は、必ずハイローオーストラリア側に損失がでるものという事は、皆さん大体わかってきているかと思います。

では複数口座の作成はいったいなにがハイローオーストラリアにとって迷惑なのかと言いますと、そもそも「勝てるトレーダーしか複数口座は必要ない」ということです。

負けるトレーダーは口座凍結の恐れはありません。しかし勝てるトレーダーは常に凍結のことを考えて行動しますので複数口座を常に用意したいのです。

ハイローオーストラリアにとって口座凍結されることを前提に動く迷惑なお客さん(勝てるお客さん)は必要ありません。

ですので、複数口座開設を禁止=勝てるトレーダーを排除しているのですね。

 

カオチャイ
カオチャイ
凍結に関しての話題は、「ハイローに理があるのか無いのか」で考えると、世の中の噂に流されず真実が見えてくるかと思います

 

仮想専用サーバー(VPS)で取引を行う

VPSサーバー

ハイローオーストラリアはバイナリーオプションの自動売買には必須とも言っていいVPSを利用規約で禁止しています。

VPSを使うことによってエントリーが有利になったり、レイテンシー系のトレードができるわけではありません。

ではなぜVPSが口座凍結対象なのか?

これはやはりVPSを使う人たちが、ハイローオーストラリアにとってどういう人達かということが根本にあります。

VPSですが、一般的には認知度はそこまで高くなく、自動売買初心者の方はVPSという存在自体に気づくことはありません。本気で自動売買を回す人だけがたどり着く代表的なキーワードだと思います。

そのためVPS利用者は中~上級者が自然と多くなります。ハイローオーストラリアにとってその集団は驚異になるため、規約として禁止していると推測できます。

2020年6月26日追記

ハイローオーストラリアが一部のVPS業者のエントリーを拒否した話がでています。つまりIPアドレスを収集しているような動きが見られました。

VPS業者を変更したり、VPNを通すことで解決はできておりますが、1つの口座で複数のIPブラウザからのエントリーは今後規制される可能性があるかもしれません。

 

ハイローオーストラリアが気に入らない事は全て凍結

HighLow オプション取引が違法である法域における取引。
顧客が意図するところを考慮する HLMI の権利を制限することなく、HLMI が適切と考える場合には、禁止行為が発生したことを確定するにあたり、意図の証明は必要ないものとします

ハイローオーストラリアの利用規約には上記の内容があります。HLMIというのはハイローオーストラリアを運営しているマーシャル諸島にある会社のことです。

これは法律を少しかじったことがある方が見たら驚愕の要項ですね。

ハイローオーストラリアは日本の金融庁の正式な許可をとっていない業者なわけですから、上記に書いてあるオプション取引が違法である法域における取引という部分に解釈次第では日本からエントリーしているトレーダー全員が引っかかります。

そして「意図の証明は必要ないものとします」の意味していることは、「日本のトレーダーはハイローオーストラリアが口座に何をしても文句を言っちゃ駄目よ」っていうことなのです。

冷静に考えると恐ろしい要項で、他の利用規約全て必要がなくなるレベルの口座凍結理由として使えるものなのですが・・・

 

カオチャイ
カオチャイ
ただし、これはほとんどのバイナリー業者に書かれている内容です
yuki
yuki
こういう一文を入れておくだけで、もし顧客に訴えられたときなどに武器として使えますからね
カオチャイ
カオチャイ
書いてあることはえげつないですが、実際は形骸化している内容と言えるでしょう

 

口座凍結を解除する方法はあるの?

ハイローオーストラリアの口座凍結解除方法ですが、残念ながらありません。

過去全ての事例で凍結解除はなく、利用者側にまったく不備がない場合の凍結でもハイローオーストラリアの意向には逆らえません。

解除条件について問い合わせても、断られるどころか一切の返事がなかったりします。

過去にはIPアドレスを変えて口座作ったらを再登録できたという話もありますが、それは偶然であって基本的にはできないと考えたほうが良いです。

凍結されてしまった場合は、ハイローオーストラリア以外のバイナリーオプション業者へ移動するか、親族の名義などを借りて新規で口座を作るなどの方法になります。(推奨はしませんが)

口座凍結ではなく自主退会の場合は、サポートに連絡すれば退会から1年以上契約していれば再登録が可能です。その際には以前に使用していたメールアドレスと写真付きの身分証明証があればOKです。

 

勘違いされているが実は凍結されない条件

ここまでハイローオーストラリアの口座凍結対象になりやすい行為を解説してきましたが、ここでは口座凍結されないのに、凍結されると勘違いされていることが多い行為をご紹介していきます。

ハイローオーストラリアが損をするものは口座凍結され、ハイローオーストラリアが得をする可能性が高いものは凍結されないという目線で見てもらえれば分かりやすいかと思います。

マーチンゲールは凍結されない

マーチンゲール法

ハイローオーストラリアでは、負けたらすぐ2倍の賭金でエントリーするマーチンゲールでのエントリーを禁止しています。

しかしマーチンゲールはほとんどの自動売買ソフトに装備されており、さらに裁量でも人気の手法です。

「えっ?マーチンゲールって口座凍結されるの?」という方も多いかと思います。

ハイローオーストラリア側から見ると、顧客がマーチンで負けたら大きく儲かるのはハイローオーストラリアですし、お客さんが勝っても掛け金に対してトータルで支払う額は大したことがない、ハイローオーストラリア側にとってもリスクの少ない手法ですので本気で禁止するほどのものではありません。

それではなぜ口座凍結対象にしているのか?

カオチャイ
カオチャイ
それは誰もがやっている手法で、ハイローオーストラリアが見つけやすく、口座凍結理由にするにはお手軽な手法だからです

 

マーチンゲールは負けたら賭け金を2倍にしてエントリーするだけなシンプルな手法ですのでハイローオーストラリア側が顧客の取引履歴をチェックしたらすぐに判明します。自動売買やVPSを使っているかの判定は難しいですがマーチンゲールなら一発です。

こんなお手軽に見つけられるマーチンゲールはハイローオーストラリアにとっては稼いでいるプレイヤーの口座凍結理由として都合の良い禁止事項なので、ひとまず対象としていると考えられます。

 

カオチャイ
カオチャイ
そんな簡単にバレてしまうマーチンゲールですが、もしハイローオーストラリアが本気で口座凍結の対象としていたら今頃何百もの口座が凍結されているはずですからね!
yuki
yuki
それがないということは、つまり稼いでいる人を凍結させるための理由として使うだけであって、通常利用としてはまったく問題ないと考えられます
ハイローオーストラリアでマーチンゲール
ハイローオーストラリアでマーチンゲールは有効なのか? FX-EAラボがお客様のMT4オリジナルインジを開発します マーチンゲール法とは? マーチンゲール法とはカジノの古典...

 

自動売買は凍結されない

「自動売買ソフトを利用すると口座が凍結される」という話は良く騒がれていますが、現実にはありえません。

バイナリーオプション界隈ですが、FX-EAラボのお客さんだけでもこれまでにデモトレードも含めると10000人以上いらっしゃいます。

もしハイローオーストラリアが本気で自動売買ソフトの利用を禁止すると、おそらく億単位の取引が消えることになり、ハイローオーストラリアの経営が傾くのは間違いありません。

ではなぜ自動売買ソフトを表立って禁止しているのでしょうか?

それはレイテンシー系のソフトなど、システムの不備を突くトレードをハイローオーストラリアは警戒しているからです。

実際に怪しいソフトを発見した時に、きちんと禁止要項として自動売買禁止を明記しておきませんと、お金が絡むことですから裁判ざたになったときなどに大変ですからね。

 

転売をやりすぎても凍結されない

転売とは、ハイローオーストラリア独自の取引方法で、エントリーした後に取引終了の1分前までに利益または損失を確定させる機能です。(そのため1分足以下の取引では転売は利用できません)

ハイローオーストラリアのチャートを見ながら利益が出ているうちに利確、または終了時刻まで持っていれば間違いなく損失が確定する、という状況で、転売で少し早めに利確(損切り)すると、利確の場合はペイアウト率が悪くなりますが確実に利益を残すことができ、損切りの場合は一部掛け金が残りますので全損を回避することができます。

さて、この転売機能ですが、なぜか口座凍結の対象になるといううわさが絶えません。

これは転売を連発するとハイローオーストラリアにとっては利益がないのでそういう噂が流れたのだと思いますが、そもそも転売はハイローオーストラリア独自の機能なので、サポートにも確認しましたが、転売理由での口座凍結はありません。

 

凍結とは別に「出金拒否」が存在する!

出金拒否

口座凍結とは若干種類が違いますが、ハイローオーストラリアでは「出金拒否」というものがあります。

多くの場合は口座の出金依頼を出すと2~3日後に拒否のメールが届くというものです。

しかし大抵の場合は2週間程度で出金されるという場合がほとんどですが、出金拒否される原因になりうる行為をご紹介しておきますね。

 

カオチャイ
カオチャイ
これを口座凍結された!と騒ぐ人もいらっしゃいますが、ハイローオーストラリアから見ると結構な風評被害であることは間違いないです

 

ハイローオーストラリアの登録情報と口座の名義が異なる

ハイローオーストラリアでは登録情報以外の口座への出金はすべて拒否されます。

この事を知っていればよいのですが、知らない人がこれに遭遇するとパニックになってしまいますね。

この施策は、第三者によって口座のお金が不正に引き落とされないようにと顧客のお金を守るためのものでもあります。しかしハイロー以外の業者ではこの行為で口座が一時凍結されてしまったという事例もありますので気をつけましょう。

カオチャイ
カオチャイ
その際は、口座の入力ミスを複数回して一時凍結されたそうです

 

クレジットカードで入金した金額よりも利用金額が低い場合

クレジットカードでの入金

ハイローオーストラリアではクレジットカードで入金した場合は、なにも取引せずに出金すると拒否されることがあります。

これはなんのための仕組みかと言いますと、クレジットカードの現金化を防止するためです。クレジットカードの現金化はカード会社の規約で禁止されていますが、違法のカード現金化業者は返済しない(逃げる)前提でカードのショッピング枠を現金に変える手法を使うことがあります。

それらを防止するためにハイローオーストラリアではクレジットカード入金した場合は同額の取引が行われるまで出金拒否される場合があります。

カオチャイ
カオチャイ
1~2回の少額の場合は大丈夫ですが、50万円を超える大金や回数の乱用で出金拒否があるようです

ハイローオーストラリアですが、日本で最も流通している「楽天カード」での入金はできません。これはハイローオーストラリアの問題ではなく、楽天カードが海外のFXやバイナリーオプション業者への送金を制限しているからです。

 

口座に入金された特典ボーナスは引き出せない

ハイローオーストラリアには口座開設で5000円のキャッシュバックキャンペーンを行っています。

しかしこのボーナスは残念ながらそのままでは引き出すことはできません。出金しようとしてもこの5000円分は除外されてしまいます。

それではどうすればよいかと言いますと、ボーナス5000円は取引で使って利益を出すことです。ボーナス5000円でだした利益分に関しては出金自由です。

まあボーナスの引き出しが自由にできてしまったら口座開設詐欺が横行してしまいますからね。

 

1万円以上の出金でなければいけない

こちらはハイローオーストラリアの規約にも書かれているのですが、9999円以下の出金は拒否されてしまいます。

出金手数料はハイロー側の負担ですが、細かく出金されたらハイローも困ってしまいますからね。

ですので9999円以下の金額を出金したい場合は追加で入金をして1万円以上にしてから全額引き出すか、口座解約時をすれば9999円以下でも出金が可能です。

 

ハイローオーストラリア口座凍結の対策方法

取引履歴のチェック

ここからはハイローオーストラリアの口座凍結対策のお話です。

基本的には「派手に稼ぎすぎない」ということが一番の口座凍結対策ですが、それは時の運もありますのでコントロールができません。

ではせめて対策ができる部分だけでもということで、口座凍結の対策方法をご案内したいと思います。

 

複数口座を持って凍結対策をしておく

ハイローオーストラリアでは一人一口座のルールがあります。

しかし専業トレーダーさんなどを見渡しますと、親族の名義などで作った口座で運用されている方や、バイナリーオプションのグループなどでマイナス口座を買い取って取引している方などがいらっしゃいます。

これは「凍結ありき」ということですね。当サイトでは推奨はしませんが、対策方法として存在します。

 

自動売買はハイローオートの口座凍結予防機能を使う

口座凍結予防スイッチハイローオート取引画面の凍結予防ボタン

 

こちらは自動売買用の凍結対策方法で、ハイローオートに装備されている凍結予防防止ボタンを利用します。

こちらのスイッチをONにしますと、正確な所作はその特性上公表はできないのですが、自動売買システムらしい挙動を抑え、人間的な挙動がプラスされます。

そのため取引履歴を見ても機械でのエントリーか人間でのエントリーかは判断することができなくなります。

ただし副作用もございまして、このボタンをONにしますとエントリーに関して最大で3秒ほどの誤差がでるようになります。

また、エントリーに影響がない時間(サインがでていない時間)に取引画面内のゲーム内容や、通貨が一瞬切り替わったりする所作がおこることがあります。

ただしあくまでも機械的な所作をなくすという事に特化した機能ですので、稼ぎすぎたりすることでおこる凍結に関しては防ぐことができません。また、万が一口座凍結されてしまっても、ハイローオート公式では責任をとれません。その点ご理解いただけますようお願いします。

 

マイナス口座は凍結されにくい

稼ぎすぎることに厳しいハイローオーストラリアですが、逆にマイナス口座(損失が利益を上回っている口座)にはとても寛大です。

自動売買にスキャルピングにマーチンなど、なにをやってもまず凍結されません。

以前これに目をつけた勝ち組グループが、とあるバイナリーオプション攻略のLINEグループで収支がマイナスの方々からマイナス口座をせっせと買い取っておりました。

ただしこれは完全に規約違反なので真似をしてはいけません。まあ他人の口座を買い取ってまでしてプラスになる自信があったのは羨ましいですがね。

 

IPアドレスを変更してVPSのブロックを回避

ハイローオーストラリアのメンテナンスハイローオーストラリアからIPをブロックされるとこの画面が表示されます

 

こちらは口座凍結ではなくVPSのお話です。

ハイローオーストラリアですが、実は2020年頃から、定期的にVPSのIPをブロックしています。どの業者がブロックされるかは完全にランダムなので予測することはできません。

ハイローオーストラリア側も無差別でおこなっていますので、まったく勝てていない口座もVPSという理由でまとめてブロックされます。

しかしIPアドレスのブロックに関しては、下記の方法でVPNを使ってIPアドレスを変更すれば回避が可能です。

VPSのIPアドレスがハイローオーストラリアにブロックされた場合の対処法 ハイローオーストラリアのメンテナンス? ハイローオーストラリアでは平日午前6時〜平日午前6時45分」に定期メンテナンスをおこなって...

 

口座凍結された場合にハイローへの問い合わせ方法

口座凍結時のお問合せ先

稼ぎすぎたり、他人名義の口座を使ったりといったことでの凍結された場合は、問い合わせをしてもほぼ取り合ってもらえ無いと思いますが、本当に身に覚えのない場合には問い合わせてきっちりとこちらの言い分を伝えたい方も多いかと思います。

また、入金したのに反映されていない、出金手続きしたのになかなか口座に振り込まれていないなどのトラブルもまれにありますので、そういった場合のためにハイローオーストラリアへの問い合わせ方法をご紹介しておきますね。

 

カオチャイ
カオチャイ
それではまず、ハイローオーストラリアのヘルプとサポート画面へ飛びましょう

 

ハイローオーストラリアへの問い合わせは2種類

ハイローオーストラリアへのお問い合わせ

ヘルプとサポート画面を開いたらまず下へスクロールします。すると「メールでのお問い合わせ」と「電話にて問い合わせ」の2つの項目を選ぶことができます。

 

①メールにてお問い合わせ

問い合わせフォーム

ここで口座凍結に関してのクレームを出す場合は下記を選択してください。

 

①お問い合わせの種類

・機能改善について
・ご自身で解決できないこと

②何に関するお問い合わせでしょうか?

・口座について
・入金/出金について
・お取引について
・技術的な問題について
・キャッシュバックについて
・アフィリエイトについて
・その他

③ お客様の問題はなんですか?

・取引口座にログインできない
・新規口座開設
・ご登録情報を変更する
・口座解約
・その他

④ お問い合わせ内容詳細

ここは任意での入力となりますが、口座凍結についてのクレームはこちらの取引環境を詳細に書いたほうが良いでしょう。

 

カオチャイ
カオチャイ
上記を入力したら、あとはお客様情報を入力して送信すれば完了です!
yuki
yuki
ハイローオーストラリアからの返信は意外と時間がかかりますが(数日)、迷惑フォルダへ振り分けられていることもありますのでこまめにチェックしましょう

 

②電話にて問い合わせ

次に電話での問い合わせ方法です。

ヘルプとサポート画面の下部より、「電話にて問い合わせ」を選びますとまず下記の画像が表示されます。

電話での問い合わせ

ここでサポートチケットによるお問い合わせを選ぶと、メールでの問い合わせに戻されてしまいますので、下の「お電話での問い合わせを希望される場合」を選びます。

 

電話での問い合わせ

すると電話番号0120-542-381が表示されます。フリーダイヤルは良心的ですね。

 

カオチャイ
カオチャイ
ただし、ハイローオーストラリアへの電話は非常に繋がりにくいです
yuki
yuki
丸一日かけても繋がらないなんてこともありますので、最初からメールでの問い合わせがおすすめかもしれませんね

 

儲けすぎたらハイローオーストラリアの口座が凍結?【気になる金額&理由】 まとめ

yuki
yuki
ハイローオーストラリアは最近改悪が続いており、以前よりも稼ぎにくくはなってきています
カオチャイ
カオチャイ
口座凍結にならなくとも、バイナリー市場は縮小していく運命なのかもしれません
yuki
yuki
そこで初心者の方でも安定して稼ぐことができる株のサヤ取りシステムを作ってみました!
カオチャイ
カオチャイ
詳しくは下記の記事に書かせていただきましたのでぜひ参考にしてみてくださいね
サヤ取り手法
先出しトレードで証明!コロナ暴落でも利益を出し続けた株サヤ取り手法 株サヤ取り(アービトラージ)は暴落でも負けない 2020年の2月から3月にかけての暴落は、2008年のリーマンショックぶりとも言え...

 

バイナリーオプションの勝率が上がる記事はこちら
ボラティリティ
バイナリーオプションはボラティリティが無いと負けやすい【ATRのススメ】 https://fx-ea-labo.com/howto-make-auto ハイローの勝率に直結するボラティリティとは? ...
MT4のリペイントとは?矢印インジケーターの見分け方 MT4のインジケーターに見かけるリペイントとは? こちらはMT4のバックテストで矢印を書き換えるリペイントの様子 上記の動画...
ハイローオーストラリアのVPS
ハイローオーストラリアで自動売買!正しいVPSの選び方ハイローオーストラリアでMT4を動かすのに適したVPS業者さんのご紹介です。 VPSって何?という方も、一度VPSを触ってしまいますとあまりの快適さに離れられなくなりますよ!...
専用ツールの制作
ハイローオート専用ツールの製作について 自動売買取引をもっと快適に 自動売買システムハイローオートをご利用くださっているお客様は年々増え、ハイローオートに登録して...
ABOUT ME
YUKI
MT4をこよなく愛する開発者です。FX-EAラボの他に、サヤ取りを追求した株ラボ、MT4、MT5のツール制作に特化したシストレファクトリー、EAやインジケーターに認証やペイパル決済機能が付けられるMQLAuthシステムなどの開発にも関わっています。 YUKIプロフィール