トレードの勉強

バイナリーはボラティリティが無いと負けやすい

ボラティリティ
yuki
yuki
本日は相場がどのくらい動いているかの指標であるボラティリティのお話です
カオチャイ
カオチャイ
ボラティリティはハイローオーストラリアの画面だけを見ているとそこまで気にならないものなのですが、実は短いゲームの時はとても重要なんです
yuki
yuki
勝率に直結することですので、本日は詳しくご説明していきますね!

バイナリーの勝率に直結するボラティリティとは?

ボラティリティ

ボラティリティとはpipsがどれだけ動いているか、つまり変動率のことです。

上の図はローソク足の下に、ATR(アベレージトゥルーレンジ)というボラティリティを測るオシレータを出しています。

ATRが高いところではローソク足の一つ一つが長く、トレンドがぐんぐん出ています。逆にATRが停滞しているところでは、短いローソク足が多くレンジ気味になります。

停滞していたATRがぐっと動き出す所を狙ってトレンドの転換を取るなんていう手法も巷には流れてますが、ATR自体は特にシグナルを発するものではありませんし、テストしてもらえればわかると思うのですが、そのような使い方で優位性はありません。

純粋に「ローソクがどれだけ活発に動いているかどうか」を測るものです。

 

ボラティリティが低いとなぜ負ける?

バックテストをしたことがある人でしたらご存知かと思いますが、深夜時間帯とか、日本市場が始まる9時前の勝率って低いですよね?あれはボラティリティが低いからなんですよね。
お使いのバイナリーオプションの業者によっても変わりますが、ハイローオーストラリアでは「引き分け」は「負け判定」とされます。

これを踏まえて下記のローソク足で極端な例でご説明しますと、まずボラティリティがない状態として、値動きが上に0.1pips、下に0.1pips、中央が0とします。

ボラティリティ

これはボラが上下に0.1pipsしかない状態で、バイナリーオプションでゲームの判定をする場合、3箇所しか勝敗を判定するポイントがないということです。

そしてこのボラティリティの時にエントリーすると、勝てるのは+0.1pipsのポイントのみ、残りの±0と-0.1pipsと箇所は負け判定となってしまいます。

つまり勝率は1/3=約33.4%しかありません。(エントリーした時点で価格にモメンタムがあるからそこに1/3を持ってくるのはどうなの?て話は今回の主旨から外れるのでスルーで)

次に、ボラティリティを上下にもう0.1pipsずつ増やしてみましょう。

ボラティリティ

そうしますと、勝敗の判定ポイントは全部で5箇所に増えました。

そしてその中で+0.1pipsと+0.2pipsの箇所で勝ち判定を得ることになります。

つまり勝率は2/5=40%まで勝率が上がりましたね!

これが上下に0.3pipsなら3/7で勝率42.8%、上下に0.4pipsなら4/9で勝率は44.4%まで上がるんです。

つまりボラティリティが低いと0.1pipsあたりの重要度が増してしまい、引き分けが負け判定となるゲームでは、勝率にかなり影響を与えてしまうということなんです。

 

実際にバックテストを取ってみる

バックテスト

こちらはTesterという、矢印を交互に出すだけのテスト用インジケータを1分足で1ヶ月期間バックテストでだしたものです。勝率は48.68%とでていますね。

ここに、ATRのフィルター(ボラティリティが無い時はエントリーしない)を被せて、ボラティリティがない期間にエントリーしないようにしてバックテストをだしますと・・

 

バックテスト

勝率49.76%と少しだけ勝率が改善しましたね。ATRフィルターで総エントリー数が減ったので最大ドローダウンなどの数値が減るのは当然のところなので今回はスルーします。

他にも色々なサインツールでバックテストをしましたが、優位性のあるロジックほどATRフィルターの効果は高いようで、最大4%程度勝率が上がったツールもありました(もちろん期間にもよります)

そしてトレーダーさんにとって嬉しいお知らせなのですが、30通りほどATRフィルターを使ってバックテストを出してみたのですが、勝率が下がったテスト結果は一度もありません。

ATRフィルターをかけると全てのサインツールで勝率があがりました。

 

ATRフィルターが使えるバイナリー自動売買システム

FX-EAラボでご紹介しているバイナリーオプション自動売買システムハイローオートには、お客様がお好みでATRフィルターの数値を設定して、低いボラティリティの時はエントリーをしないように設定が可能です。

同じような機能で、時間帯別で自動売買を停止する機能は大抵の自動売買システムに装備されていると思うのですが、ATRフィルターの使い方によっては、普段なら停止している深夜帯も、ボラティリティのある時だけは稼働するような使い方もできるようになります。

ATRについての説明はこちら

 

バイナリーはボラティリティが無いと負けやすい まとめ

yuki
yuki
ボラティリティの重要さがわかっていただけましたでしょうか?
カオチャイ
カオチャイ
ボラティリティが大きいと危険なんていう間違ったお話も飛び交っておりますが、基本的には資金管理をきちんとすれば稼げるのがボラのある相場です!
yuki
yuki
ここ数年目立つトレーダーさんがでてこないのはこのボラティリティ不足が大きな要因の1つですからね!ボラがある時は積極的に狙っていきましょう!
バイナリー自動売買システムハイローオート
【ハイローオーストラリア対応】バイナリーオプション自動売買システムハイローオーストラリアでの取引を24時間自動売買化するシステム、ハイローオートのご紹介です。 複数同時通貨のエントリーや、口座凍結防止機能も搭載。もちろんVPSにも対応しております。 無料デモトレードも可能ですのでぜひ御覧くださいませ。...