トレードの勉強

ハイローオーストラリアで同時エントリーができなかったりずれたりする理由

エントリーがずれる
yuki
yuki
今回はハイローオーストラリアで同時エントリーができなかったり、エントリーがずれたりする理由についてお話したいと思います
カオチャイ
カオチャイ
時には約定拒否が起きたりすることもありますね!
yuki
yuki
この原因の多くはハイローオーストラリアの仕様によるところが大きいですので、詳しくご説明していきますね!

ハイローオーストラリアでエントリーずれる様々な理由

ハイローオーストラリアは、お客さんに賭けを楽しんでもらう場を提供しています。株やFXの様に、投資家と投資家の注文をくっつけて売買するといった仕組みはありません。

つまりカジノなどと同じ業態という事ですね。

そのため、ハイローオーストラリアは顧客がお金を賭けて負けてくれた分が自社の利益になる業態ですので、約定遅延などを利用して顧客に不利な条件で約定させる仕組みが存在します。

ただしこれはハイローオーストラリアが特別悪いというわけではなく、例えば日本のFXでしたらDD取引業者に関してはすべての業者が顧客に不利な約定をさせる仕様となっておりますし、一般的なカジノも胴元が勝ちやすい仕組みになっていますので特段騒ぐ事ではございません。

しかしそういった仕組みの上で我々は戦っているという事はきちんと理解しなければいけません。

顧客をはめ込む仕組みに関してはブラックボックスな部分もあるので断定はしませんが、個人単位で遅延を起こして不利なところで約定させるという事は可能ではあります。

また今回はそういった顧客をはめ込むものから、ハイローオーストラリアの仕様上仕方のないものに関しても合わせてお話していきたいと思います。

 

ハイローオーストラリアは同時エントリーはできない

まずは複数通貨で同時サインがでた時に、エントリーがずれるお話です。

自動売買でよくあるお問い合わせに、3つの通貨が同時にサインがでたのにピッタリ同時にエントリーせず、2~3秒程度ほど遅れてエントリーするというものがあります。

これは実は自動売買システムのせいではなく、ハイローオーストラリア側の仕様によるものです。

実はハイローオーストラリアは、同時に複数のエントリーを拒否する仕組みがあります。これはエントリーを連打してサーバーに負荷をあたえる攻撃を防ぐ目的だったり、聖杯レベルのサインツールが開発された場合に利益を一気に持っていかれることを防ぐためのものです。

なので例えば手動でエントリーを連打してみればわかるのですが、残念ながらエントリーは必ず何秒かずれてエントリーすることになります。

yuki
yuki
ちなみにリアル口座ではなくデモ口座でしたらスムーズに入れますよ
カオチャイ
カオチャイ
ですので、情報商材などで連打エントリーで勝ちまくっている動画などは全てフェイクということが言えます!

 

ハイローオーストラリアは重いのでエントリーがずれる

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリアはブラウザ上での取引ですが、グラフィカルで負荷の高いウェブサイトでの取引を強要しております。また、APIや独自の接続プロトコル(軽量な取引を可能にする方法)を提供していません。

そしてハイローオートは、アップデートごとに軽量化を図っていますが、複数ブラウザを起動する仕組みになっておりますので、複数通貨を同時に取引するには相当のマシンスペックを要求します。

そのため、ハイローオーストラリアの環境でトレードをすると、マシンスペックによってはチャートの描写が間に合わず、エントリーがずれるということが起こります。

ですので対策としてチャートとの厳密さを求めるならば使用するMT4をハイローオーストラリアがレートをとっている業者と同じFXCMに変更する。

VPSを使っているならスペックを可能な限り引き上げる。

VPSをハイローオーストラリアのサーバーのできる限り近いところに置いて注文の遅延を減らす。(と思ったらハイローオーストラリアはサーバーの場所非公開でした、FXCMのサーバーはオーストラリアですが、これはレートをとってきているというだけで、サーバーの場所は関係ないです)

あとはVPSとMT4のサーバーの時計をぴったり合わせる。

1~2通貨のみの運用にしてできる限り遅延を防ぐ、遅延が起こっても勝率に関係が少ない長めのゲーム時間で取引するといった工夫が必要になるかと思います。(5分取引以上でしたら、10秒程度のエントリーはトータルの勝率にあまり影響しません。)

カオチャイ
カオチャイ
正直なところハイローオーストラリアのサーバーはFXや株の業者に比べるとだいぶ弱いです。ハードのスペック面でのエントリーずれはある程度許容しないといけないんです。

 

ハイローオーストラリアは値段がたまに飛ぶ

たまにエントリーしたところで値段が非常に不利なところで約定させられたりします。これはハイローオーストラリアだけでなく、FXのDD取引業者ならば必ず起こることです。ネガティブスリッページなんていいますね。

特に値動きの激しい指標時などに多いのですが、ある一定の値幅のフリ回しがあった際にコンマ何秒かをずらして約定させるのはDD取引業者の常套手段です。

これを防ぐためには、値動きの激しいところでは取引を行わないということに尽きます。

また、これを理解するにあたってDD取引とNDD取引についても下記の記事で理解しておくと良いでしょう。

 

NDDとDD取引について
FX業者のNDD取引、DD取引とは? NDD取引(ノンディーリングデスク取引) NDD取引はFX業者を仲介してのオーダーとはなるものの、顧客の注文は直接...

ハイローの遅延に対する考え方

yuki
yuki
以上の例を踏まえまして、約定がずれるということは避けて通れませんが・・・
カオチャイ
カオチャイ
ずれるということをあまりネガティブに考えすぎるのはメンタルに悪いですね
yuki
yuki
そこで遅延に対する考え方なのですが、例えば3秒間の遅延が常に起こると仮定しますと・・・
カオチャイ
カオチャイ
統計的に見ればこの遅延はプラスにもマイナスにも働きます!

 

そうなんです。「3秒遅れてエントリーしたおかげで負けた!」という事があれば、「3秒遅れたおかげで勝った!」ということが必ず起こります。ハイローオーストラリアが1分のゲームを57秒で確定させたりしなければの話ですが、そこまであからさまな現象は現在まで確認されておりません。

となりますと、この勝った負けたの話は短期のトレードで判断するのではなく、1ヶ月や1年単位の長い期間で判断しなければいけません。

VPSの環境についても、たとえ同じ会社の同じスペックのVPSを使っていたとしても、同一サーバー内で他のユーザーがかけている負荷の大きさや、バックグラウンドで起動しているチャートの数、インジケーターの数なども異なりまして、これら全てが影響してパフォーマンスが決まりますので、VPSがまったく同じ動作をするということはありません。

取引の道具は世の中に多く提供され、大体は皆が同じ結果になるようになってはいますが、誤差については各々道具を使用するものが創意工夫をして地道に解決を図るしか無い茨の道でございます。

 

ハイローオーストラリアは顧客に不利なエントリー操作をしている? まとめ

yuki
yuki
以上が、エントリーがずれてしまう原因なのですが、それを踏まえて取引スタイルを作らないといけないんですよね
カオチャイ
カオチャイ
今回は自動売買の話ですが、裁量トレードですとスキャルピングの方々がよく遅延に悩まされてデイトレードに移行するという話は多いですね!
yuki
yuki
残念ながらエントリーの遅延に関しては、ハイロー側がそういうスタンスですので完全な対処方法というものはありません。それを踏まえてのお取引を皆様には心がけていただきたいです! 
リクオートやスリッページについて
ハイローオーストラリアのスリッページやリクオート(約定拒否)についてFX取引でのスリッページやリクオートは業者の取引形態によって、起こるメカニズムが違います。 本日はそのあたりを詳しく説明し、皆さん自己防衛できるように解説しています。...