トレードの勉強

同じロジックで自動売買を動かしているのにエントリーがずれる理由

エントリーがずれる
yuki
yuki
本日はハイローオートをご利用くださっている自動売買グループさんからのご相談を記事にさせていただきました
カオチャイ
カオチャイ
こちらのグループはロジックが広まるとFX業者から叩かれますので10名様ほどの少人数で活動されており、グループ内で同じロジックをハイローオートで稼働してくださっているのですが、人によってエントリーが少しずれてしまうのはなぜかというご相談です
yuki
yuki
エントリーがずれるのには複数の要因がありますので順番に説明させていただきますね。多少専門的な用語もでてきますがご了承くださいませ

HighLow.comには不利な約定をする仕組みがある

HighLow.com(旧ハイローオーストラリア)は、お客さんに賭けを楽しんでもらう場を提供しています。つまりカジノと同じ業態ですね。

そのため、HighLow.comは顧客が賭けて、負けた分が自社の利益になる業態ですので、約定遅延などを利用して顧客に不利な条件で約定させる仕組みが存在します。

ただしこれはHighLow.comが特別悪いというわけではなく、例えば日本のFXでしたらDD取引業者に関してはすべての業者が顧客に不利な約定をさせる仕様となっておりますし、一般的なカジノも胴元が勝ちやすい仕組みになっていますので特段騒ぐ事ではございません。

しかしそういった仕組みの上で我々は戦っているという事はきちんと理解しなければいけません。顧客をはめ込む仕組みに関してはブラックボックスな部分もあるので断定できませんが、個人単位で遅延を起こして不利なところで約定させるという事は可能という話です。

その対策として、ハイローオートをはじめとした自動売買システムではフライングエントリー機能をつけて00秒に近いエントリーを可能にしているのですが・・・

yuki
yuki
しかしながらHighLow.com(ハイローオーストラリア)は複数通貨の同時エントリーはできない仕様となっております
カオチャイ
カオチャイ
そのため、複数通貨で取引をおこなっている場合は、最初の通貨がエントリーして次の通貨がエントリーするまでにどうしても1秒以上のタイムラグが発生してしまいます。そのためお客様の取引通貨数によってエントリーの誤差が発生します!
yuki
yuki
まずここが同じグループの同じロジックなのにエントリーのズレが起こる要因の一つですね!
スリッページ
スリッページやリクオートについてFX取引でのスリッページやリクオートは業者の取引形態によって、起こるメカニズムが違います。 本日はそのあたりを詳しく説明し、皆さん自己防衛できるように解説しています。...

 

HighLow.comは重い

ハイローオーストラリア

HighLow.comはブラウザ上での取引ですが、グラフィカルで負荷の高いウェブサイトでの取引を強要しております。また、APIや独自の接続プロトコル(軽量な取引を可能にする方法)を提供していません。

そしてハイローオートは、アップデートごとに軽量化を図っていますが、複数ブラウザを起動する仕組みになっておりますので、複数通貨を同時に取引するには相当のマシンスペックを要求します。

そのため、HighLow.comがそういった環境でトレードを顧客にさせているということを前提に戦略を考えなければいけません。

たとえば、チャートとの厳密さを求めるならば使用するチャートをHihgLow.comがレートをとっているFXCMに変更する。

VPSのスペックを可能な限り引き上げる。

VPSをHighLow.comのサーバーのできる限り近いところに置いて注文の遅延を減らす。(と思ったらHighLow.comはサーバーの場所非公開でした、FXCMのサーバーはオーストラリアですが、これはレートをとってきているというだけで、サーバーの場所は関係ないです)

VPSとMT4のサーバーの時計を合わせる。

1通貨のみの運用にしてできる限り遅延を防ぐ。

といった工夫が必要になるかと思います。

 

遅延に対する考え方

yuki
yuki
以上の例を踏まえまして、約定がずれるということは避けて通れませんが・・・
カオチャイ
カオチャイ
ずれるということをあまりネガティブに考えすぎるのはメンタルに悪いですね
yuki
yuki
そこで遅延に対する考え方なのですが、例えば3秒間の遅延が常に起こると仮定しますと・・・
カオチャイ
カオチャイ
統計的に見ればこの遅延はプラスにもマイナスにも働きます!

 

そうなんです。「3秒遅れてエントリーしたおかげで負けた!」という事があれば、「3秒遅れたおかげで勝った!」ということが必ず起こります。HighLow.comが1分のゲームを57秒で確定させたりしなければの話ですが、そこまであからさまな現象は現在まで確認されておりません。

となりますと、この勝った負けたの話は短期のトレードで判断するのではなく、1ヶ月や1年単位の長い期間で判断しなければいけません。

VPSの環境についても、たとえ同じ会社の同じスペックのVPSを使っていたとしても、同一サーバー内で他のユーザーがかけている負荷の大きさや、バックグラウンドで起動しているチャートの数、インジケーターの数なども異なりまして、これら全てが影響してパフォーマンスが決まりますので、VPSがまったく同じ動作をするということはありません。

取引の道具は世の中に多く提供され、大体は皆が同じ結果になるようになってはいますが、誤差については各々道具を使用するものが創意工夫をして地道に解決を図るしか無い茨の道でございます。

同じロジックで自動売買を動かしているのにエントリーがずれる理由 まとめ

yuki
yuki
以上が、エントリーがずれてしまう原因なのですが、それを踏まえて取引スタイルを作らないといけないんですよね
カオチャイ
カオチャイ
今回は自動売買の話ですが、裁量トレードですとスキャルピングの方々がよく遅延に悩まされてデイトレードに移行するという話は多いですね!
yuki
yuki
残念ながらエントリーの遅延に関しては完全な対処方法というものはありません。それを踏まえてのお取引を皆様には心がけていただきたいです! 
vdpとは?
自動売買の大敵、VDPとは?【いつの間にかやられてしまう】 VDPとは悪魔のツール VDPは「Virtual Dealer Plug in」というツールで、業者のサーバー側でMT4で...