自動売買のお悩み

【自動売買】MT4の勝率とハイローオーストラリアの勝率が一致しない理由

MT4とハイローオーストラリアの勝率が一致しないのはなぜ?
yuki
yuki
本日は良くご相談をいただく、自動売買時に、MT4の勝率とハイローオーストラリアの実際の勝率が完全に一致しない理由について解説したいと思います
カオチャイ
カオチャイ
対策方法についても合わせて解説しますのでぜひ参考にしてくださいね

MT4上で勝率が高くてもハイローオーストラリアで取引すると勝率が低くなる?

勝率インジケーターこちらはシストレファクトリーの勝率表示インジケーター

 

MT4には便利なインジケーターがたくさんありますが、その中にサインツールの勝率をチャートに表示してくれるものがあります。

また、最初から勝率表示機能を実装しているサインツールなどもありますね。

これらはローソク足◯本分期間の勝率をチャート上に表示してくれるのでバックテストの手間が省ける優れものです。

しかしMT4のチャートに表示される勝率がいくら良くても、実際にハイローオーストラリアで動かしてみると、思った通りの勝率にならないという経験はございませんか?

これにはきちんとした理由がありまして、自動売買初心者さんが最初にハマるところでもありますので解説していきます。

 

ハイローオーストラリアの価格とMT4の価格は違う

ハイローオーストラリアとMT4の価格

 

まず重要な理由として、ハイローオーストラリアの価格とMT4の価格は異なるということがあります。

皆さんはFXやバイナリーオプション取引の際に表示されている通貨ペアの価格は、世界で統一されておらず、業者が価格を決定しているということはご存知でしょうか?

実はMT4を提供しているFXブローカーごとに、通貨の価格は微妙に差が存在します

これはブローカーのバックにはブローカーの取引をカバーしてくれる巨大な銀行があるのですが、この銀行が提示する価格に従ってFXブローカーはそれぞれ自由に価格を提示している事が理由です。

そのため、例えばハイローオーストラリアはFXCMLMAXという2つのマーケットメイカー会社の価格を参照してチャートを作成していますが、お使いのMT4業者が例えばオアンダを使っていれば、自動売買システムはオアンダの提示するMT4のチャート価格に従って注文を出します。

しかし当然ハイローオーストラリアのチャートとオアンダ(MT4)のチャートは価格などは同期しておりませんので、ここで微妙な誤差が産まれるのです。

オアンダのオーダーブック
OANDA(オアンダ)のオーダーブックで勝てるのか?OANDAが提供しているオープンブックはまだまだ知名度は低いですが非常に有用なツールです。今回は顧客のポジションや注文を視覚化しているオープンブックの本当の使いこなし方をご紹介します。...

 

エントリータイミングが違う

ハイローオーストラリアのエントリー

MT4のチャート上に表示される勝率ですが、これは勝率インジケーターでもバックテストでも、サインが00秒で確定したとみなして勝率を出しています。

そこにはエントリーが2~3秒遅れたなどの情報は考慮されません。

だけど自動売買時のハイローオーストラリアのエントリーって履歴を見てみると2~3秒送れていることがよくありますよね?

特にたくさんの通貨を同時に動かしているときなどはほぼエントリーできません。この理由として、実はハイローオーストラリアは1つの口座からの同時エントリーはサーバーの負担を軽減するためにわざと遅延させてエントリーするということを行なっています。

また、世界中からエントリー注文が届く、◯時00分00秒、◯時15分00秒、◯時30分00秒など、15分単位で切りの良いところなどは特にエントリーをずらされる事が多いです。

指標時のスプレッドなどに関しても、00秒時点ではスプレッドが開いていなかったけれども、2~3秒後に思いっきりスプレッドが開いていた場合なども勝率が大きくずれる原因となります。

 

即エントリーを使っている場合

自動売買の即エントリー機能

自動売買のエントリーですが、通常はサインツールが矢印を出し、その矢印が00秒で確定したらエントリーします。つまり矢印がでた次の足(の00秒で)エントリーというのが一般的なエントリー方法です。

しかし中には矢印が出た瞬間にエントリーを求めるトレーダーさんがいらっしゃいます。そのためハイローオートにはサインがでたら即エントリーするという機能が備え付けられているのですが、このエントリーの場合はハイローオーストラリアとMT4の勝率にかなり差がでることになります。

先ほどと同じ理由ですが、MT4上の勝率は00秒で確定したとみなして勝率を計算しますが、即エントリーというのは00秒~59秒の間でサインがでたらエントリーしてしまいます。

そのため、MT4とハイローオーストラリアの履歴では誤差が産まれてしまうのです。

ハイローオーストラリアの無料デモトレード
ハイローオーストラリアのデモだとなぜ勝てるのか?リアルとの違いを解説ハイローオーストラリアのデモトレードを使った偽装動画のご紹介や、リアル口座との違いなどを解説しています。バイナリー初心者の方はぜひ参考にして下さいね。...

 

 

MT4の勝率とハイローオーストラリアの勝率を近づける方法

yuki
yuki
ここまでご紹介してきた微妙な誤差ですが、なにか解決する方法はないのでしょうか?
カオチャイ
カオチャイ
残念ながら完全に解消する方法はありません。しかしある程度対策をとることはできます

 

ハイローと同じ価格を提供している業者を使う

ハイローオーストラリアの価格ですが、FXCMとLMAXの2つの業者の価格を参照しています。

そしてFXCMに関してはMT4を提供していますので、FXCMに口座を開いてMT4をダウンロードすればハイローオーストラリアに近い価格での取引が可能になります。

ただしFXCMのスプレッドが急激に開いたり流動性が低くなって価格が飛ぶようになるとLMAXの価格が優先されますので完全に一致というのは難しいとご理解ください。

 

短い時間足では取引を行わない

こちらがもっとも安全な方法です。

MT4とハイローオーストラリアの価格差ですが、お使いのブローカーによりますが平時ですと0.01~1pips程度の誤差がでます。

1pipsというと1分や5分足トレードではかなり勝率に影響がある価格ですが、では15分や1時間取引の場合はどうでしょう。この場合ですとかなり1pipsの影響度は下げることができます。

ハイローオーストラリアでも15分取引のペイアウト率が1.8倍と一番低く設定されているのは、誤差の影響が少なく、お客さんの勝率が一番高くなる可能性が高いからです。

ですので、自動売買取引においては15分足の1番早い時間(次足判定)を使うのが、エントリー数はそこそこに確保できつつ、勝率インジケーターに近い数字がでるということでおすすめの時間でございます。

 

MT4の勝率とハイローオーストラリアの勝率が一致しない理由まとめ

yuki
yuki
上記がMT4のチャート上の勝率とハイローオーストラリアで実際に自動売買を稼働させた場合の勝率の差の解説でした!
カオチャイ
カオチャイ
1分足取引の即エントリーなどでは、チャート上の勝率はほぼ当てになりませんので、色々な時間足で試されることをおすすめしますよ!
エントリーの遅延
ハイローオーストラリアで00秒エントリーがずれてしまう理由 https://fx-ea-labo.com/signtool-syurui サインツールが矢印を出すタイミング 自...
サインツールの種類
意外と知らないサインツール(シグナルツール)の基礎知識 EAとサインツール、インジケーターの違い まず最初に、少々ややこしいインジケーター、EA、サインツール(シグナルツール)と...
FXで矢印が書き換えられてしまうリペイントとは? リペイントとは? こちらはMT4のバックテストで矢印を書き換えるリペイントの様子 リペイントは、エントリータイミング...
ハイローオーストラリア15分取引
ハイローオートの15分判定について FX-EAラボがお客様のMT4オリジナルインジを開発します ハイローオーストラリアの15分判定は3種類 上記の画像を...
ABOUT ME
YUKI
MT4をこよなく愛する開発者です。FX-EAラボの他に、サヤ取りを追求した株ラボ、MT4、MT5のツール制作に特化したシストレファクトリー、EAやインジケーターに認証やペイパル決済機能が付けられるMQLAuthシステムなどの開発にも関わっています。 YUKIプロフィール