自動売買のお悩み

FXで矢印が書き換えられてしまうリペイントとは?

yuki
yuki
今回は、FXやバイナリーオプションでMT4を使っている時によくある、「リペイント」についてのお話です
カオチャイ
カオチャイ
特にバイナリーオプションの矢印をだすインジケーターによく見られ、リペイントするツールの勝率はあとから見ると当然良い方へ書き換わりますので、ここでしっかり見分け方を勉強していってくださいね!
自分でリペイントを見つける方法はこちら
リペイントの見つけ方
リペイントしていないかを自分で検査する方法 https://fx-ea-labo.com/repaint 従来のリペイントチェックの弱点 こちらはMT4のテスタ...

リペイントとは?

こちらはMT4のバックテストで矢印を書き換えるリペイントの様子

 

リペイントは、エントリータイミングを矢印で教えてくれるインジケーターやEAを動かしているとたまに見かけるもので、一度出た矢印を書き換えてしまうものです。

上記の動画はMT4のチャートでリペイントするインジケーターを稼働させたものですが、一度出現した矢印をなかった事にしてどんどん書き換わっているのがおわかりかと思います。

リペイントするインジケーターは当然勝率が良くなりますが、実際に自動売買で稼働させると、エントリーしたあとに矢印が変わってますので見た目の勝率は当てにならず、殆どの場合ひたすら負けを量産する悪質なものです。

 

ZigZagインジケーターなどはリペイントが前提

 

MT4標準のインジケーターの中には、リペイントを容認しているものもあります。代表的なものはZigZagですね。

これは高値と安値にラインを引いていくものですので、最新のローソクが高値を更新していけば、その度にリペイントして高値を基準にラインが書き直されます。

Zigzagは相場の波を視覚的に見やすくするものですので、リペイントしなければラインがいびつになって波を見やすくするという目的が達成できないので、リペイントありきのインジケーターです。

他にはボリンジャーバンドなども、上下のバンドタッチで矢印が出るものがありますが、リアルタイムで動かすとバンドは開いたり閉じたりしますので、条件が変われば矢印も点いたり消えたりします。

 

なぜインジケーターはリペイントする?

ZigZagやボリンジャーバンドのようにその特性上リペイントを許容しているインジケーターがあるのはご理解いただけたかと思いますが、リペイントしてはいけないはずのインジケーターやEAがリペイントすることがあります。

この理由は大きく分けると下記の2種類に分類することができます。

1、勝率を高く見せて、ツールを販売しやすくするため

2、開発者の技術不足

1に関しては悪徳業者以外のなにものでもありません。

リペイントするインジケーターの勝率は、実際のものよりも良くなります。特にバイナリーオプションなどでは顕著ですので、悪質な開発者が意図的にリペイントするように作り、お客を騙して販売しているものです。

 

2については、開発者自信がリペイントに気づいていない場合があります。

MT4のインジケーターを制作する時に使われるMQL言語には「ローソク足が確定したらシグナルを出す」という機能は存在しませんので、ローソク確定時にどのように矢印を出すかは開発者のソースコードの書き方次第で決まります。

その書き方のルールが定まっていないために、意図せずリペイントインジが出来上がる場合があります。

カオチャイ
カオチャイ
開発者の技術不足が理由リペイントでしたら、見つけた時に開発者に教えてあげると修正してもらえる場合が多いです

 

自動売買とリペイントインジケーターの相性は最悪

リペイント上記はリアルタイム(右)では一つしか矢印がでていないのに、後からチャートに適用すると左のように勝てるところにサインが足されるリペイント

 

リペイントするインジケーターを自動売買で利用すると、「MT4の矢印はでていないのに、自動売買がエントリーした!」とか「MT4のチャートでは矢印がでているのに、自動売買でエントリーしていない!」なんていうことが起こります。

これは冷静になって考えると当然ですね。

自動売買は矢印がでれば100%エントリーしますが、しかしリペイントするツールは後からMT4の矢印を消したり書いたりするわけですから、利用者がMT4のチャートとハイローオーストラリアの履歴を見比べたら、エントリーした場所(履歴)とMT4の矢印の位置が一致しないという事が起こります。

FX-EAラボではAutoMultiTraderというバイナリーオプション自動売買システムを販売しておりますが、エントリーができないというご相談の実に半分以上がこのリペイントインジケーターを使っている事が原因となっております。

yuki
yuki
お客さんからすると自分の信じた矢印インジケーター(サインツール)がまさかリペイントするとは思いませんから、まず自動売買システムを疑うのもわかるのですが、自動売買システムは矢印が無いところでエントリーするということは絶対にありません

→リペイントチェック代行はこちら

 

インジケーターのリペイントの種類

リペイントするインジケーターは、矢印の出し方に色々な種類が存在しますが、大きく分けると下記の2つに分かれます。

もともとサインがあったのに後から削除されるもの。

これは履歴と照らし合わせた時に「サインがないのにエントリーされた!」と言われるタイプのものです。

もともと矢印がなかったのに、後からサインが出るもの。

これは履歴と照らし合わせた時に「チャートにサインがあるのにエントリーされていない!」と言われるタイプのものです。

カオチャイ
カオチャイ
どちらのリペイントも自動売買システムを疑いたくなってしまいますが、原因はリペイントするシグナルインジケーターにあるんです

 

確定したローソクの1つ前の足に矢印をだすインジケーターも存在する

リペイント上記はとあるリペイントするインジケーターを1分足チャートで表示させたものです。(画像はクリックで拡大できます)

チャートの一番新しい足は、右下の時計を見ますと13:34分のものということがわかります。アラートも13:34分台で出現しております。

しかしエントリーサインをみるとなぜか13:34分の最新の足ではなく、一つ前(13:33分)の足に赤いエントリーサインが点いています。

このように最新の足の動きを見て一本前にアラート(矢印)出す造りのインジケーターは、過去足だけを見たら成績を良く見せることができます。

例えば最新の足が、大陽線になりそうな時に一本前の足にHIGHサインをだせば大体勝てますからね。

これは一晩録画などをして、後から履歴と照らし合わせて目視してみないとわかりにくいですが、リペイントの一種です。 →リペイントチェック代行はこちら

 

リペイントインジケーターの見つけ方

リペイントしないインジケーターを見つけるためには、インジケーターをデモトレードなどで稼働させてチャートを録画して目視するのが一番確実ですが、ちょっと時間と手間がかかります。

また、MT4のテスター機能を使い、ビジュアルモードなどで炙り出す方法もありますが、検出率が低いのであまりおすすめできません。

そこでもっと手軽にリペイントを見つけたいという方に一度試していただきたいものが、SYSFAC_AMT_AUTOを使った方法です。

 

2022年4月追記

リペイントチェック方法解説の反響が大きかったので、SYSFAC_AMT_AUTOを使ったチェック方法は、下記に別記事を作成しました。

リペイントの見つけ方
リペイントしていないかを自分で検査する方法 https://fx-ea-labo.com/repaint 従来のリペイントチェックの弱点 こちらはMT4のテスタ...

 

リペイントの矢印を強制表示してみると・・

リペイントシグナルを非表示 こちらがMT4チャートのデフォルト状態でリペイントするインジケーターを表示したものです。

ここだけを見るとエントリーポイントが絶妙なインジケーターに見えますが・・・

 

リペイントシグナルを表示SYSFAC_AMT_AUTOを使い、一度でも矢印をだしたものをすべて強制表示させてみますと、このように一度出した矢印を削除していたことがわかってしまいます。

yuki
yuki
この機能を使うと、数撃てば当たる方式でひたすらエントリーをして、勝てたポイントだけ残すリペイントを見破ることができます!
カオチャイ
カオチャイ
市販の有料インジケーターにはこういうツールが潜んでいるので気をつけましょうね

 

SYSFAC_AMT_AUTOは不完全なインジケーターも簡単に判別が可能

こちらはリペイントのお話からは少しずれますが、自動売買を行う際に、なぜか売りと買いが逆になってエントリーしたりする事があります。

この場合まずまっ先に疑われるのが自動売買システム側なのですが、原因特定には先程SYSFAC_AMT_AUTO「リペイントチェック用の矢印を残す」で見つけることができます。

そもそもAutoMultiTraderをはじめ、ある程度実績のある自動売買システムではその構造上、「出現したシグナルと逆にエントリーする」なんていうエラーは起こりえません。

殆どの場合、ツールの作り方が悪く、開発者がエラーに気づかない状態で販売、配布していることが原因で、意図せぬ方向に矢印が出現していたことがほとんどです。

 

リペイントツール経験の浅い開発者が作るインジケーターにはこのようにエントリーシグナルが頻出しているものがあります(SYSFAC_AMT_AUTOを通さずに見るとわかりません)

 

リペイントツールこちらはSYSFAC_AMT_AUTOを通してみると1つのローソクに、ハイとロー両方に矢印がでていることが判明したものです。しかし実際にMT4だけでみるとハイの矢印しかでていないインジケーターでした。

 

このようにリペイントだけでなく、矢印の方向がおかしい事は、経験の浅い開発者が作ったインジケーターには良くあることです。

実際にトレードする前にSYSFAC_AMT_AUTOで矢印を表示させながらデモトレードを行い、余裕があれば録画してチェックすることをオススメします。

 

勝率の高すぎるインジケーターもリペイントを疑う

これはリペイントを見つける以前に心に留めておくことです。

バイナリーオプションのインジケーターの場合、マーチンゲールを使わないという前提で、勝率が65%以上になることはほとんどありません。

70%以上ともなると、1週間などの短期間でならありえますが、月で70%を出すというのは見かけたことがありません。

しかし一般的に売られているツールでリペイントなし勝率80%!90%!なんていうウリ文句はとても良く見かけます。

なので、一つの基準として、「マーチンを使わない勝率が70%以上」のツールはまずリペイントを疑ってかかってください。

 

リペイントするインジケーターの弊害

リペイントツールは通常取引で勝率を良く見せる以外にも、バックテストを行った時にリペイントした後の結果を出すものも多く存在します

つまりリペイントシグナルツールは、まともなバックテスト結果を期待できません。

ひと晩かけて10年分のバックテストをやってもそれはすべて無駄な時間となります。

また、意図的にバックテストができないように細工してあるリペイントインジケーターも多いです。「バックテストはできないから良くわからないけど、MT4のチャートの矢印を見ると矢印は勝っていそうだから動かしてみよう」という初心者さんはたくさんいらっしゃいますからね。

しかもたちが悪いのは、リペイントするかどうかは実際にインジケーターを見てみないとわからないので、有料インジの場合は購入する前にはリペイントしているかどうかがわかりません。

ですので、きちんとしたインジケーターかどうかは中立の立場の方の発言や、ブログでの自作自演を見極める力が必要ですね。

カオチャイ
カオチャイ
ひたすら勝率の良さをアピールしているものは怪しいですね

 

裁量トレードならリペイントはあり?

なお、スキャルピングなどの超短期で裁量トレードの場合ですと、リペイントするもののほうが矢印がすぐに出るのでエントリーチャンスを逃さないというよくわからない主張を唱えている方もいらっしゃいます。

リペイントしなくともすぐに矢印は出すことが可能ですし、あとから矢印を書き換えたらエントリーチャンスは逃さないのでしょうか?よく意味がわかりません。

自動売買システムでトレードを行う前提としてみますと、矢印を削除するリペイントは完全に悪です。極悪です。

万人が使えるバイナリーオプション自動売買システムを提供しているFX-EAラボからしますとリペイントは利用者に利益がまったくない害悪でしかないので、利用者の方々は注意してくださいね。

 

FXで矢印が書き換えられてしまうリペイントとは? まとめ

yuki
yuki
リペイント確認で動画を取りたいという方には便利なソフトとしてScreenpresspoは使いやすくておすすめですよ
カオチャイ
カオチャイ
録画だけでなくスクリーンショットも簡単にとれる便利ツールでございます
yuki
yuki
怪しいエントリーがあった場合は必ずデモトレードで試してみてくださいね!
バイナリーオプション自動売買システムならAutoMultiTrader
バイナリーオプション自動売買システムAutoMultiTraderとは?
バイナリーオプション自動売買システムAutoMultiTrader(AMT)徹底解説 https://fx-ea-labo.com/amt_fee AutoMultiTrader(AMT)とは? AutoMul...
AutoMultiTrader(AMT)ダウンロードとご利用料金 https://fx-ea-labo.com/automultitrader AutoMultiTrader(AMT)...
バイナリーオプション自動売買システム AutoMultiTrader(AMT)簡単マニュアル AMTは2022年1月以降のハイローオーストラリア新仕様に対応しております。 https://fx-ea-labo.com...
バイナリーオプション取引所Bi-Winning
バイナリーオプション取引所「Bi-Winning」の評判 Bi-Winningとは? Bi-Winning(バイウィニング)は2021年4月にオープンした新しいバイナリーオプション...
ABOUT ME
YUKI
MT4をこよなく愛する開発者です。FX-EAラボの他に、サヤ取りを追求した株ラボ、MT4、MT5のツール制作に特化したシストレファクトリー、EAやインジケーターに認証やペイパル決済機能が付けられるMQLAuthシステムなどの開発にも関わっています。 YUKIプロフィール