自動売買システム

【MT4の便利機能】.setファイルを使って複雑なパラメータ設定を保存しておこう

MT4のパラメータ設定
yuki
yuki
本日はMT4初心者さん向けに、ハイローオートに付属しているSignalAUTOなどのパラメータ設定を保存して、読み出しを簡単に行う機能のご紹介です
カオチャイ
カオチャイ
基本的な機能なのですが、意外と知らない方が多く、「パラメータの設定を一つずつするのが面倒くさいのでなんとかしてほしい」というお悩みがあっさり解決しますよ!

MT4のパラメータは保存して読み出そう

MT4のパラメータ

バイナリーオプション自動売買でハイローオートを使っていたりする時にちょっと面倒くさいのが、インジケーターのパラメータの設定です。

ハイローオートには、サインツールの矢印を読み込む「Signal AUTO」、「Object AUTO」、「Alert AUTO」の3種類インジケーターがありますが、10通貨など複数の通貨で自動売買を動かす場合は、チャート1つごとにパラメータの設定をしなければいけないですし、一箇所でも間違えて入力すると正しくエントリーがされません。

また、FX-EAラボに届くお問い合わせで、「ドル円はエントリーするのにユーロドルがエントリーしません!」なんていうお問い合わせは、大抵パラメータの設定が間違っているパターンがほとんどです。

そこで今回はこのパラメータ設定の値を保存しておく.setファイルについて解説です。

 

setファイルの作り方

まずはさておき、setファイルを作ってみましょう。MT4にSignal AUTOなどのインジケーターをセットして、「パラメータの入力」画面を開き、適当に数値を変更してみましょう。

 

MT4のパラメータ

そしてパラメータの入力画面の右下を見ると、上記のような「保存」というボタンが見えるはずです。そこをクリックしてください。

 

MT4のパラメータ

そして①でお好きなファイル名(保存したいインジケーターの名前など)を入力してから②の保存ボタンを押しましょう。

ここでは「Test_Para」という名前で保存してみます。

するとsetファイルがMT4の中に保存されます。

カオチャイ
カオチャイ
ファイル名をつける時の注意事項として、一部の記号「¥ / : * ? ” < > |」の文字は使えません!

setファイルが保存される場所はMT4のデータフォルダの【MQL4】→【Presets】というフォルダにはいっています。.setファイルを貰った時などはこのフォルダに入れて読み込みます。

 

setファイルの呼び出し方

パラメータの読み込み

次に先程保存したsetファイルを読み込んでみましょう。

MT4で新しくチャートを作り、そこへSignalAUTOを適用して、「パラメータの入力」画面を呼び出します。

そして先程は「保存」ボタンをクリックしましたが、今回はその上にある「読み込み」ボタンをクリックしてみましょう。

 

パラメータの読み込みすると上記のファイル選択画面が開きます。

ファイル名を見るとさきほど保存した「Test_Para」ファイルが表示されていますので、選択して「開く」をクリックしましょう。

すると最初に保存したパラメータ設定がチャートに適用されます。

これで一つずつパラメータの変更をする必要はなくなりましたね。

 

MT4の定形チャート機能を使う時の注意

定形チャート

こちらは.setファイルの保存とよく混同して語られる「定形チャート」の保存と読み込み機能です。

これはチャートにセットしてある「インジケーター」と、「チャート上のラベル(文字)」の2つを保存する機能なのですが、この機能を使って「Signal AUTOを保存」すると少々やっかいな問題が発生します。

どういう事が起こるかといいますと、まず「Signal AUTOを保存」した定形チャートを新しいチャートで読み込みますと、まずMT4はインジケーター(Signal AUTO)を読み込んでチャートに識別番号を表示します。

そして次にチャート上のラベル(文字)ですが、ここでもともと保存してあったSignal AUTOの文字を表示してしまいます。

この結果何が起こるかと言いますと、識別番号がで新規に読み込んだものと、でもともと保存しておいた識別番号が二重に表示されてしまうというバグがおこってしまうのですね。

これはMT4の仕様ですので残念ながら回避する方法がありません。ですので定形チャートには通常のインジケーターでしたら保存は問題ありませんが、Signal AUTOやAlert AUTOなどの矢印読み込みインジケーターは保存しないようにお願いします。

カオチャイ
カオチャイ
MT4は古いソフトですので、こういう細かい部分の対応ができないのです・・

 

ハイローオートのデフォルト保存機能も忘れないであげてくださいね

現在の設定をデフォルト設定にする

こちらも使ってもらうと、とても便利な保存機能です。

ハイローオートの取引画面では、フライングエントリーやマーチンの設定などを細かく指定できますが、複数通貨窓を作る時に、一つずつ設定するのは非常に手間がかかります。

そんな時は、まず取引画面の数値を一通り設定した後に、上記の「現在の設定をデフォルトにする」ボタンをクリックすると、設定した数値が基本の設定になりますので、次回からは一つずつ設定する必要がなくなります。

yuki
yuki
取引画面を一括作成する時などには必須の設定ですよ!

 

【MT4の便利機能】.setファイルを使って複雑なパラメータ設定を保存しておこう まとめ

yuki
yuki
今回は基本的な機能のご紹介でしたが、意外と使っていない方が多いのでご紹介しました
カオチャイ
カオチャイ
設定の手間も省けますが、それ以上に設定ミスでエントリーしない!というトラブルを回避できますのでぜひ使ってくださいね!
専用ツールの制作
ハイローオート専用ツールの製作について 自動売買取引をもっと快適に 自動売買システムハイローオートをご利用くださっているお客様は年々増え、ハイローオートに登録して...
ハイローオーストラリアのVPS
ハイローオーストラリアで自動売買!正しいVPSの選び方ハイローオーストラリアでMT4を動かすのに適したVPS業者さんのご紹介です。 VPSって何?という方も、一度VPSを触ってしまいますとあまりの快適さに離れられなくなりますよ!...
ハイローオーストラリア15分取引
ハイローオートの15分判定について FX-EAラボがお客様のMT4オリジナルインジを開発します ハイローオーストラリアの15分判定は3種類 上記の画像を...