【自動売買の注意点】インジケーターのパラメータは変更してはいけない

インジケーターのパラメータ
カオチャイ
カオチャイ
世の中にあるほとんどのバイナリーオプションの自動売買システムは、サインツールパラメータのデフォルトの数値でサインを読み取り自動売買を行います
yuki
yuki
そのため、MT4上でパラメータを変更しても、自動売買システムはその変更した数値は読み取らずにデフォルトの数値どおりにエントリーします。つまりチャート上の矢印の位置は変わっても、実際のエントリーは初期設定の位置でエントリーするということです
カオチャイ
カオチャイ
これはMT4の仕様なのでどうしようもないところなのですが、ハイローオート付属のサイン読み取りインジケーターである「SignalAUTO」を設定することで、パラメータの変更にある程度対応できます
yuki
yuki
ただし、元のインジケーターとSignalAUTOを両方チャートに適用している場合、双方のパラメータを同じ値に調整しないとエントリーと矢印の位置がずれてしまうので注意が必要です 
カオチャイ
カオチャイ
また、この方法で対応ができないサインツールも数多くありまして、その場合はSignalAUTOをそのインジケーター専用のものに有償にて作り変える必要があります

※こちらの設定は上級者向けで、サインツールによって全然違う項目ですので、設定などに関してはサポート対象外となっております。

※アラートが出るタイプのインジケーターでしたら、パラメータ変更は可能です。詳しくはAlert AUTOの記事を参考にして下さい。

 

専用ツールを作るとパラメータの変更が可能になります
専用ツールの制作
ハイローオート専用ツールの製作について 自動売買取引をもっと快適に 自動売買システムハイローオートをご利用くださっているお客様は年々増え、ハイローオートに登録して...

パラメータの設定方法

パラメータ
カオチャイ
カオチャイ
パラメータの設定ということで、きちんとMT4の操作をできる方が対象の記事ですので、パラメータ画面の開き方などの基本操作説明は省かせていただきますね!
yuki
yuki
まず上の画像は、あるサインツールをデフォルト設定から変更したパラメータです。今回はこのパラメーターをSignalAUTOで読み込めるように設定していきます

 

Signal AUTOのパラメータ画面

パラメータ設定画面
yuki
yuki
こちらはSignalAUTOのパラメータ設定画面ですが、ここには変更したいサインツールの設定値をいれる箇所があります
カオチャイ
カオチャイ
この項目は全部で24段用意してありますが、これを超えるパラメータを持つインジの場合は残念ながら専用ツールを作らなければ対応できませんので、FX-EAラボまでお問い合わせお願いします

それではまず、赤枠の中の1段目から3段目までは通常のSignal AUTO設定と同じように入力していただき、4段目【インジケータのパラメータの入力】は【オン】に変更してください。

カオチャイ
カオチャイ
そして5段目【インジケータのパラメータ01】からですが、ここにお使いのサインツールのパラメータの数値を上から順番に入力していただきます
yuki
yuki
この時に、お使いのサインツールのパラメータの値がtrueまたはfalseになっている場合、ture=1、false=0 に変えて入力してください

 

パラメータ設定画面
カオチャイ
カオチャイ
サンプルのサインツール設定ですとこのような値になります
yuki
yuki
これでパラメータ変更は完了ですが、念の為に入力が終わりましたら、右下の【保存】ボタンを押して値のバックアップをとっておきましょう

設定値のバックアップのとり方

ファイル名
カオチャイ
カオチャイ
こちらはパラメータを記録するsetファイルの保存画面です。ここに保存しておけば後から変更したパラメータを呼び出すことができます
yuki
yuki
ファイル保存の際に注意事項なのですが、赤枠のデフォルトのファイル名に「 * 」が入力されていますが、こちらはファイル名としては使えない記号ですので、かならず削除して保存ボタンを押してくださいね

ファイル名に使えない文字  ¥ / : * ? ” < > |

MT4のパラメータ設定
【MT4の便利機能】.setファイルを使って複雑なパラメータ設定を保存しておこう MT4のパラメータは保存して読み出そう バイナリーオプション自動売買でハイローオートを使っていたりする時にちょっと面倒くさ...

 

コンボボックスの数値を読み取るには?

yuki
yuki
インジケーターのパラメータには、「コンボボックスで選択」させるタイプのものが多くありますが、この場合はどの項目にどの数値が割り当てられているかを探さなければいけません
カオチャイ
カオチャイ
そこで、正しい値の見つけ方として下記のsetファイルをメモ帳で開く方法で探してみて下さい

 

パラメータ画面たとえばこのように一見、設定項目が3段しかなくて簡単そうなラメータですが、3段目が残念ながらコンボボックスになっていました。この場合はどれにどの数値が割り当てられているかを見つけなければいけません。

 

パラメータ画面そこでまず3段目のコンボボックスに設定したい項目(今回はClose)を選んで、赤枠の保存でsetファイルを作ります。

 

setファイルそして保存したsetファイルを「メモ帳」で開きます。すると上記のようにパラメータの数値を見ることができます。

 

パラメータ画面

MT4のパラメータ画面の隣に並べてみると、コンボボックスの値は0ということがわかります。

 

パラメータ画面

つまりSignal AUTOには上から8、17、0と入力すれば変更ができるわけです。

 

yuki
yuki
パラメータ設定については以上ですが、残念ながら「USDJPY」「EURUSD」など、パラメータにテキストで入力する必要のあるものと、選択項目が24段を超えるものは対応ができません
カオチャイ
カオチャイ
その場合は、有償にて専用ツールを作成する方法になります

 

専用ツールの制作
ハイローオート専用ツールの製作について 自動売買取引をもっと快適に 自動売買システムハイローオートをご利用くださっているお客様は年々増え、ハイローオートに登録して...