トレードの勉強

MT4が使える業者はなぜ少ないのか?

MT4を使える業者はなぜ少ない?
yuki
yuki
今日はなぜMT4が使える会社が少ないのかを説明したいと思います
カオチャイ
カオチャイ
ここをご覧になっている方でしたらすでにMT4は導入されているかと思うのですが、実際MT4が使える業者って少ないですよね!
yuki
yuki
今日はその辺りのお話をちょっと突っ込んで書いていきたいと思います! 

 

FX業者がMT4を配布するためのハードルは3つ

MT導入のハードル

 

yuki
yuki
まず国内業者がMT4を配布しない理由の理解の前に、DD取引とNDD取引の違いを理解しておかなければいけません
カオチャイ
カオチャイ
もし、2つの違いがまだわからない方は下記の記事をご覧になってくださいね!
NDDとDD取引について
FX業者のNDD取引、DD取引とは? NDD取引(None Dealing Desk) NDD取引はFX業者を仲介してのオーダーとはなる...

 

FX業者がMT4を配布するためのハードルその① 手数料

MT4はMetaquotes社が開発し、世界に配布しています。

我々は無料でMT4やMT5を利用できており、トレード中に広告などもでないのにMetaquotes社はどうやって利益を出しているのでしょう?

その答えとして、Metaquotes社はFX業者に取引量に応じて手数料をいただくというビジネスモデルで営業しています。

MT4はそれ単体では動きません。必ずどこかのFX業者の口座に繋いで利用します。そしてその取引量に応じてFX業者がMetaquotes社に使用料を収めています。

yuki
yuki
ですのでMT4は決して無料ツールというわけではないんですよね 
カオチャイ
カオチャイ
Metaquotes社に手数料をとられちゃうのなら、自社ツールを開発して顧客に使ってもらうほうが良いと考えている会社はMT4の配布を行いませんよね

 

FX業者がMT4を配布するためのハードルその② 顧客管理

国内のFX業者の多くは、自社オリジナルの取引ツールを配布して顧客に使ってもらっています。

オリジナルの取引ツールは多大な開発費がかかりますが、なぜそこまでして自社ツールにこだわるのでしょうか?それは「顧客管理」を徹底したいからです。

国内のFX業者と書きましたが、これはつまりDD取引業者のことです。

まず確認しておきたいことはDD取引業者と顧客は絶対にwin-winの関係にはなりません。

「DD取引業者の利益は顧客の損失。双方の利益は相反するもの」という前提があります。

 

さて、DDとNDDの記事でノミ行為についてはお話しました。DD業者は勝っているトレーダーの注文と負けているトレーダーの注文をどうやって区別してインターバンクに流したり、自社で吸収したりしているのでしょうか?

実は、顧客が勝つか負けるかのデーター収集を自動でおこなうのが「自社オリジナルの取引ツール」なのです。

FX業者は勝つトレーダーの注文は素早くインターバンク市場に流したいですし、9割が負けると言われる初心者トレーダーの注文は自分のところで抱えておきたいです。その勝つか負けるかのトレーダーの技量を自前の取引ツールで測って、自動で注文を流したり吸収したりしているのです。

しかしここにMT4を絡んできます意外と不便なんです。顧客の注文を全部呑むことしかできなかったり、セキュリティも弱いですし、マイナススプレッドが表示されなかったりと不便ですし、顧客データー収集も細かく調整できません。

となりますとDD取引業者にとっては利益を作り出すことが難しくなってしまいます。

ならばMT4をわざわざ使う必要はありません。自社ツールを稼働させよう。となる訳です。

とある業者の質問箱より

MT4が使えませんか?顧客からは連日このようなお願いが飛んでいるかとは思うのですが、まあ通るわけないですよね・・

 

yuki
yuki
ですのでFX業者の自社ツール開発は常に盛んです。MT4よりも使い勝手を良くしないと顧客が使ってくれませんからね!
カオチャイ
カオチャイ
次から次へと新機能を盛ってきますが、つまりそれば自社ツールを使って欲しい理由があるからなんですね

 

FX業者がMT4を配布するためのハードルその③ 資格が必要

海外では盛んなのですが、コピートレードというものがあります。

これは毎月手数料を支払って、有名なトレーダーさんのトレードをそのままコピーして自動で売買するものです。

トレードを公開しているトレーダーさんの中には結構勝率の高い方もいらっしゃり、皆さんトレードの利益+公開しているコピートレード手数料が収入として入るわけですから、公開しているトレーダーもそれをコピーする人もwin-winの関係なので意外とうまく回っています。

しかし日本ではこのコピートレードをするためには「投資助言代理業者」という資格が必要になんです。

そしてこの「投資助言代理業者」をとるためには下記の条件が必要になります

 

1 500万円以上の保証金を役所に預ける

2 投資を判断する人、コンプライアンスを監視する人、内部監査をする人の3人を役員として配置しなければならない。また、この3名は金融庁管轄の役所から正式に認められなければいけない。

3 新規会社の立ち上げ、または社内に専門の部署を立ち上げなければならない

 

yuki
yuki
これはなかなか手間がかかりますね
カオチャイ
カオチャイ
MT4を配布するためだけにこれを準備するのは少々割に合いません
yuki
yuki
そうですね、ですので現在MT4を配布している会社は、 「投資助言代理業者」取得がややこしくなる前から資格を持っていた業者さんの場合が多いです

 

ところでMT4はコピートレードツールにあたるの?

 

yuki
yuki
これは非常にグレーゾーンなんです
カオチャイ
カオチャイ
実際にEAがコピートレードツールに当たるかどうかは、正式な司法判断がでたわけでありません、ただEAは作った人のトレードをそのまま行うわけですからコピーツールとみなされる可能性は極めて高いです
yuki
yuki
お役所と仲良くやっていきたいFX業者は事を荒立てたくないので、なるべく触らないようにしているのが現状というところでしょうね
カオチャイ
カオチャイ
がんばって資格をとってMT4を配布したって、DD業者には利益はそこまでないですからね

 

FX業者がMT4を配布するためのハードルその④

 

MT4が使える業者はなぜ少ないのか? まとめ

yuki
yuki
以上がMT4を配布している業者が少ない理由となります
カオチャイ
カオチャイ
やっぱり業者にとっては利益を産むか産まないかが非常に重要なところなので、MT4が国内で広まらないのは自然なことと考えたほうが良いですね
yuki
yuki
FX-EAでは国内外のMT4配布業者を公表していますので、そちらの記事も参考にしてみてくださいね
MT4でEAが使える業者一覧
MT4が使える国内FX業者一覧国内業者ではそこまで多くない、 MT4でEAを使うことができる業者の一覧です。 MT4が使えてもEA取引が不可だったりする業者さんもいらっしゃいますので、そのあたりも合わせてご紹介しています。...