トレードの勉強

FX業者のNDD取引、DD取引とは?

NDDとDD取引について
yuki
yuki
今回は顧客から受けた注文をFX業者がどのようにさばいているかのお話です
カオチャイ
カオチャイ
大きく分けるとNDD取引とDD取引がありまして、FX業者を選ぶ要素の一つとなっていますのでしっかりご説明しますね!

 

NDD取引(None Dealing Desk)

NDD方式の説明

 

yuki
yuki
まずはNDD取引の説明からさせていただきます。

NDD取引はFX業者を仲介してのオーダーとはなるものの、顧客の注文は直接インターバンク市場(金融機関しか参加できない巨大な市場で、FXの価格が決まる大元の市場)に流されて決済されます。

後述しますDD取引のように、顧客とインターバンク市場の間にディーラーが入らないので透明性が高く、海外のFX業者ではスタンダードな取引方法となっております。

 

NDD取引はSTPとECNに分かれます

顧客とインターバンク市場の間にディーラーが入らないNDD取引ですが、顧客の注文をインターバンク市場に流す方式の違いで、STP方式とECN方式いう2種類に分別できます。

 

STP方式

まずSTP方式ですが、FX業者はインターバンク市場のカバー先(FX業者の取引先)で一番顧客に有利な価格を掲示しているところを選択し、その価格に自社の利益であるスプレッドを足して自分の顧客へ掲示します。

このスプレッドがSTP方式を採用している業者の利益になります。

STP方式では、一旦FX業者が顧客の注文を呑んで(決済して)から瞬時にインターバンクへ流すのですが、瞬間的に値動きが激しい時などFX業者に損失が出る可能性がある時などは、リクオート(約定拒否)が起こることがあります。

 

yuki
yuki
海外のFX業者はこのSTP方式が多いですね!

 

ECN方式

ECN方式は、すべての取引形態で一番透明性が高い方式です。

ECN方式を採用しているFX業者がやっている事は、顧客とインターバンク市場を繋いでいるだけです。したがって、顧客とインターバンク市場の間に入る余地はないので、取引の透明性は非常に高いと言えます。

そのかわりFX業者はスプレッドで儲けることができないので、「手数料」という形で顧客から利益をいただきます。

あとECNの特徴として、参加者同士の注文を直接つなげるので約定拒否という概念自体がないこと、スプレッドが狭い、そして板情報をみることができます。

 

yuki
yuki
ただしECNは、市場に十分な取引量を必要とするため、口座の初回最低入金額はSTPに比べて大きめになります!

 

ここまでNDD取引のSTPとECNを説明しましたが、1番重要なことは「自分の顧客がたくさん取引すればするほど、NDD取引のFX業者は潤う」ということです。顧客とFX業者がwin-winの関係になっているということが、次でご説明するDD取引との大きな違いです。

 

DD取引とは?(Dealing Desk)

DD方式の説明

 

DD取引は、相対取引や店頭取引、OTC(Over The Counter)などとも言われ、顧客とインターバンク市場の間にFX業者のディーラーが入ります。

そして顧客は、FX業者を仲介してインターバンク市場で取引をすると言うよりも、FX業者だけと直接取引をしていると考えたほうがしっくりきます。

まずDD取引のFX業者が顧客に見せている価格ですが、もちろんインターバンク市場の価格を参考にしてはいるものの、基本的にはFX業者が自由に決めています。

そして顧客がその価格を見て注文しますと、まずFX業者がその注文を一旦吸収します。ここでディーラーが登場するのですが、彼らは何をやっているかと言いますと、自社の顧客から受けた注文が偏って自社に損害が出る可能性があるならインターバンク市場に注文を流したり、顧客の注文が負けそうならば自社で吸収したままにしておくということをやっています。

yuki
yuki
この説明ではちょっとよくわからないと思いますので、次の例でご説明します!

 

DD取引業者の利益の作り方

DD取引の説明

 

競輪素人のyukiさんが、競輪に精通しているカオチャイさんに希望の車券を買ってくれるようにお願いします。(※競馬は馬券、競輪は車券って言います)

しかしカオチャイさん。yukiさんの希望の車券は絶対に外れるだろうと確信を持ちます。そこでyukiさんから預かったお金をこっそりと自分のポケットにいれてしまいます。

 

カオチャイ
カオチャイ
さらに手数料までもらえてラッキーです。ククク・・・

 

そしてカオチャイさんの予想通りyukiさんのチケットは外れてしまいます。

 

yuki
yuki
はぁ・・外れてしまいましたね・・。あ、カオチャイさん購入ありがとうございました~
カオチャイ
カオチャイ
いえいえ、残念でしたね。またいつでも言ってくださいね~(ククク・・・)

 

これが呑み行為(ノミ行為)と呼ばれるものなのですが、DD取引業者の利益はまさにこれとまったく同じ要領で作られます。

ここで、yukiさんを顧客、カオチャイさんをDD取引業者、車券を注文、手数料をスプレッドとすればご理解いただけますでしょうか?

 

ここで理解しなければいけない事は、業者の利益と顧客の利益は相反しているということです。顧客が儲ければ儲けるほど、FX業者は損失がでてしまいます。

 

もしここで、yukiさんの選んだ番号が勝っていた場合、カオチャイさんは自腹でyukiさんに勝った分を払わないといけませんね。これはFX業者に置き換えたときも同じことです。

ですのでDD取引のFX業者は勝てるトレーダーを歓迎しません。9割負けると言われている初心者トレーダーを取り込むために、「スプレッド0.3銭」なんていう、世界でもっとも狭い水準までスプレッドを狭くして初心者トレーダーを呼び込み、スプレッドで利益を稼ぐのではなく、顧客の損失を自社の利益の源泉として営業しています。

 

NDD取引、DD取引のメリットとデメリット

まずNDD取引業者ですと・・

メリット

リクオート(約定拒否)が無い
取引の透明性がある(NDDのECN方式>NDDのSTP方式>DD取引)
MT4を使える業者がDD取引業者よりも多い
多くの業者でスキャルピングが可能

デメリット

スプレッドが広い(STP)
取引ごとに手数料がかかる(ECN)

 

次にDD取引業者ですと・・・

メリット

スプレッドを非常に狭くできる。(売買手数料が安い)

デメリット

リクオート(約定拒否)がおこる
勝ち続けると約定がしにくくなったり、口座を凍結されてしまう
MT4未対応の業者が多い
取引の透明性がない

 

yuki
yuki
それぞれのメリットとデメリットを理解して業者をえらぶことが大切です
カオチャイ
カオチャイ
ただし、EAを稼働するとなると、大抵の場合NDD取引の業者になってしまいますね

 

ハイローオーストラリアの口座凍結
ハイローオーストラリアの口座凍結の対策方法本日はハイローオーストラリアの口座凍結についてのご説明です。特に自動売買が口座凍結につながるかどうかの見解を、詳しく説明させていただいています。 サインツールをお使いの方は特におすすめの記事です。...

NDD取引は海外、DD取引は国内業者に多い

yuki
yuki
NDD業者は海外業者に多いのですが、理由としては海外のトレーダーはスプレッドの狭さよりも取引の透明性などを重視してFX業者を選ぶ傾向があります
カオチャイ
カオチャイ
逆に、日本のトレーダーは狭いスプレッドを重視しますね!日本の業者間での低スプレッド競争は常に起きています!
yuki
yuki
個人の好むスタイルによって、DDかNDDかは選べばよいのですが、MT4に対応している業者はNDD取引を採用している会社が多いですね!
カオチャイ
カオチャイ
国内では13社がMT4に対応していて、そのうちEAを使えるのは10社のみですね!

 

MT4でEAが使える業者一覧
MT4が使える国内FX業者一覧国内業者ではそこまで多くない、 MT4でEAを使うことができる業者の一覧です。 MT4が使えてもEA取引が不可だったりする業者さんもいらっしゃいますので、そのあたりも合わせてご紹介しています。...

FX業者のDD取引、NDD取引とは? まとめ

yuki
yuki
DD取引業者はたしかに利益を顧客と相反してしまいますが、低スプレッドは短期取引ではたしかに有利です!
カオチャイ
カオチャイ
ECNは魅力的ですが、取引量がある程度大きくなると手数料割引などがありますが、小ロットのうちは手数料に泣くこともありますからね
yuki
yuki
とにかく情報だけ集めるのではなく、実際にデモなどでいろいろな口座を試してみることをおすすめしますよ!