自動売買システム

【裁量&自動売買】ハイローオーストラリア取引におすすめのパソコンスペック

パソコン特集
yuki
yuki
バイナリーオプション取引の代表的な業者であるハイローオーストラリアで取引をするにはどれくらいのパソコンスペックが必要なのでしょうか?
カオチャイ
カオチャイ
また、裁量トレードだけでなく、ハイローオートなどの自動売買システムを使う場合は必要スペックが変わりますね
yuki
yuki
そこで今回は、ブラウザからの裁量取引と自動売買での取引に分けてパソコンの必要スペックのご紹介していきますね!

ハイローオーストラリアの取引に必要なスペック

まずハイローオーストラリアで取引を実現するために必要な最低限のパソコンスペックはこちらです。

ハイロー取引に必要な最低スペック

・CPU:ペンティアム(Pentium)500MHz以上

・メモリ:2GB(Windows10の必要最低メモリ数)

・グラフィックボード:特に必要なし(CPU内蔵グラフィックスを利用)

・通信環境:128kbps以上

カオチャイ
カオチャイ
OSはWindows10を使用、記憶媒体は最近は値段が下がっているSSDの利用がおすすめです。(HDDでも問題なし)

上記がハイローオーストラリアで取引するための最低スペックです。まずそれぞれのパーツがハイローオーストラリアの取引のどこに影響するかをご紹介していきます。

 

CPUは取引のあらゆる部分に関係している

CPU

CPUはパソコンの処理能力の中核を担うパーツで、裁量トレードでも自動売買でもともに重要なパーツとなります。

Windowsが立ち上がるスピードも、ブラウザを開いた時の描写速度やページの切り替え速度などすべてに関わる重要なパーツです。

ハイローオーストラリア公式Q&Aには、CPUはPentium500MHz以上との指定がありますが、これは20年近く前に開発されたCPUで、現在は販売されていませんし、最近はどんなに安いパソコンを購入してもPentium500MHz以下のスペックは無いかと思います。

ちなみにCPUを作っているメーカーはインテル社とAMD社の2つがありまして、最近は将棋界の藤井聡太二冠がAMDの「Ryzen Threadripper(ライゼン・スレッドリッパー)3990X(価格50万円!)」という超高性能なCPUを自作パソコンに組み込み話題になりましたが、ハイローオーストラリア取引に関しては「よほど古いパソコンでない限りは動く」という認識で大丈夫です。

自動売買を行う場合はIntel corei5以上が理想です

 

メモリ(RAM)

メモリ

メモリはデータを一時的に記録するパーツで超高速に動作することができます。

通常CPUが取り扱うデータはハードディスクなどの記憶媒体に記録されていますが、実はハードディスクは処理速度がそこまで早くありません。

そこでハードディスクに入っているデータを一時的にこのメモリ(RAM)に移動しておいてCPUのデータの読み込みを速くするという工夫をしています。

このメモリが不足しますとCPUはメモリではなく処理速度が遅いハードディスクから読み込みを行うため、パソコンの画面がカクカクしたりフリーズするようになります。

ハイローオーストラリアは最低メモリ容量の指定はしていませんが、多ければ多いほうが良いパーツです。

自動売買を行う場合は8GB以上が理想です

 

グラフィックボード(GPU)

グラフィックボード

グラフィックボードは主に画像の描写に力を発揮するパーツです。

最初に紹介したCPUにもこのグラフィックボードとほぼ同じ機能は内蔵されているので、ハイローオーストラリアの取引には必ずしも必要なパーツではないのですが、グラフィックボードがあれば多くのチャートを表示する時に快適な動作が期待できます。

また、ビットコインなどの仮想通貨界隈ではマイニング(採掘)をして通貨を手に入れることができますが、採掘に必要な計算はグラフィックボードの得意領域なので、仮想通貨ブームの時にこのグラフィックボードが売れすぎて品薄になってしまいましたね。

カオチャイ
カオチャイ
そのため、グラフィックボードはなかなか値下がりがしにくい傾向があります
ゲーミングPCというジャンルで探せば大抵グラフィックボードは搭載されておりますのでおすすめです

 

通信速度(インターネット回線)

通信速度通信速度は、日本の場合ですと光回線が主流になっていますので特に問題はありません。一世代前のADSLでもハイローオーストラリア取引は快適に稼働できます

ただし光回線やADSLが通せない地域もあり、その場合は無線タイプであるWiMAXなどを使用することもあるかと思います。

光回線は有線なので、高速、安定、大量量通信が可能ですが、無線タイプの場合はケーブルが不要になるという便利さでは有線を上回りますが、安定性に関しては大きく劣ります。

ハイローオーストラリアで取引をする場合、チャートを見ながらの裁量トレードで無線タイプの場合ですと、チャートの描写が遅くなったり更新が一瞬止まったりというデメリットがあります。

ハイローオーストラリアでトレードを行うときは有線タイプがおすすめと言えるでしょう。

 

yuki
yuki
ここまででハイローオーストラリアの取引に関係するパーツをご紹介しましたが、実は裁量トレードと自動売買では必要な能力が少し変わってきます
カオチャイ
カオチャイ
そこで次からは、裁量トレードと、自動売買別におすすめパソコンとスペックをご紹介していきますね!

ハイローオーストラリアの裁量トレードにおすすめのパソコンとスペック

ハイローオーストラリアにChromeなどのブラウザでログインし、手動で裁量トレードを行う場合に必要なパソコンの能力は下記の順番で重要です。

①CPU  ②通信速度  ③メモリ  ④グラフィックボード

ハイローオーストラリアのサイトは通常のサイトに比べてグラフィカルな作りで重い部類にはいるサイトです。

そのため①のCPUの処理能力と②の通信速度は快適なトレードのために重要なパーツとなっています。

また、③のメモリですが、ブラウザーはメモリを多く消費するのでCPUと通信速度に比べて重要度は落ちますが、決して軽視していい訳ではないのでご注意ください。

そして④のグラフィックボードですが、こちらも使っていないわけではないのですが、裁量トレードの場合はMT4を使った自動売買ほど、一度にたくさんのチャートを表示するということはありません。

ゲームや、大型ディスプレイを使うときはもちろん強力なグラフィックボードがあったほうが良いですが、裁量トレードでポチポチとやる場合はそこまで重要ではありません。

 

裁量トレードにおすすめのデスクトップパソコン

こちらはLenovoのタワー型デスクトップパソコンです。価格の割にスペックが高く、グラフィックボードは内蔵のものでそこまで強くありませんが、将来的に自動売買を行う場合でもある程度使用に耐えるスペックを持っています。

ただし、本格的にゲームをやる場合などですとグラフィックボードの増設が必要ではありますが、気軽にハイロー取引を行うにはおすすめのパソコンです。

 

裁量トレードにおすすめのノートパソコン

コスパ重視ならASUS E203MA E203MA-4000G/A

こちらは2代目のパソコンとしてのスペックですが、出先でちょっとトレードを行う場合にはちょうどよいスペックです。

CPUはインテル Celeron プロセッサー N4000でメモリは4GBとパワフルとは言えませんが、基本的な操作に影響はなく、何よりバッテリーの駆動時間が14時間超えは安心感がありますね。

 

高機能で安定といえばDell New XPS 13シリーズ

こちらはDELLのXPS13シリーズです。ベゼルが非常に狭く、同サイズのノートパソコンよりも画面が大きく見やすいです。

CPUはインテルi7、メモリも16GBとパワフル。そして何よりDELLは第三者機関の検査で耐久性や安定度などで1位に輝いておりますので自動売買の信頼性は抜群です。

 

ハイローオーストラリアで自動売買におすすめのパソコンとスペック

ハイローオーストラリアをハイローオートなどの自動売買で行う場合は裁量トレードの場合とは少しパーツの優先順位が変わります。

①グラフィックボード  ②CPU ③メモリ  ④通信速度

裁量トレードでは優先順位が低かったグラフィックボードが、自動売買となるといちばん重要なパーツになっています。なぜこの様になるかと言いますと、自動売買の場合は複数の通貨で稼働させる場合がほとんどです。

その際に、ハイローオーストラリアのチャート画面をいくつも同時に開いて読み取るということを行うのですが、ハイローのチャートを描写する時にグラフィックボードがあればCPUの負担が減ります。

大量のチャートの描写はCPUだけでは負担が大きすぎるので自動売買にはグラフィックボードが重要になってくるわけです。

 

自動売買におすすめのデスクトップパソコン

こちらはASUSのミドルスペックのゲーミングパソコンで、グラフィックボードにGTX1660というコスパの良いボードが搭載されています。

ゲームをやるのは問題なく、自動売買で多くのチャートの描写も問題ありません。CPUはcorei5のでメモリは16GBと十分なスペックがあります。

 

自動売買におすすめのノート、ASUSゲーミングパソコン

こちらはASUSのゲーミングパソコンです。激薄のボディにCPUがAMD Ryzen 7 5800HSと、グラフィックボードはNVIDIA GeForce GTX 1650を備えてたハイスペックゲーミングPCです。

上位モデルはCPUがRyzen 9になりその他も地味にスペックが良くなりますが、自動売買をメインと考えるとこのモデルが一番コスパと性能のバランスが取れています。

もちろん複数のチャートを表示してもサクサク快適で、メモリも16GBなので動画編集なども問題ありませんよ。

 

【裁量&自動売買】ハイローオーストラリア取引におすすめのパソコンスペック まとめ

yuki
yuki
PCのスペックが低いと、特に自動売買ではページの描写が間に合わずエントリーしないというエラーが起こります
カオチャイ
カオチャイ
ですので、多少ゆとりをもってスペックを考えるべきなのですが、基本的に迷ったら「ゲーミングPC」を選べばハイローオーストラリアでトレードは問題ありませんよ!
ハイローオーストラリアのVPS
ハイローオーストラリアで自動売買!正しいVPSの選び方ハイローオーストラリアでMT4を動かすのに適したVPS業者さんのご紹介です。 VPSって何?という方も、一度VPSを触ってしまいますとあまりの快適さに離れられなくなりますよ!...
サヤ取り手法
先出しトレードで証明!コロナ暴落でも利益を出し続けた株サヤ取り手法 株サヤ取り(アービトラージ)は暴落でも負けない 2020年の2月から3月にかけての暴落は、2008年のリーマンショックぶりとも言え...
バイナリーオプションのシグナルツールダウンロードサイト
【安全】バイナリーオプションの無料サインツール配布サイト7選無料でバイナリーオプションのサインツールをダウンロードできるサイトを集めました。 すべて安全が確認できているサイトですよ。...