トレードの勉強

ハイローオーストラリアは自動売買で攻略できるか?

ハイローオーストラリア攻略
yuki
yuki
本日はハイローオーストラリア(HighLow.com)を自動売買を使って攻略する方法のお話です
カオチャイ
カオチャイ
FX-EAラボには世界中の1000を超えるバイナリーのサインツール取引データが集まっています。その取引データからわかる安定して勝っているロジックの特徴などをお話していきたいと思います

ハイローオーストラリアを自動売買で攻略する

結論から言いますと、バイナリーオプションの自動売買はFXの自動売買よりも勝てるサインツールが多い傾向があります。

推測できる理由としては、サインツール開発の際にFXと違って損小利大のトレードを意識する必要もなく、損切の位置も考える必要がなく、開発者様方が「エントリーだけに集中して開発できる」というのが理由にあるのでしょう。

制作過程もエントリーだけなので損小利大や損切りを考えなければいけないFXの自動売買ロジックを作るよりも早くできますし、その浮いた時間分で別のロジックを制作することができるので、それが勝率につながっているのでしょう。

 

FX-EAラボの取引データから、勝ち続けるロジックの特徴を割り出します

サインツールの勝率FX-EAラボには世界中の1000を超すサインツールの取引データが集まってきます

 

FX-EAラボは国内でサインツールのロジックを開発している業者さんともつながりがあります。

お客さんの個人情報は収集してませんが、ロジックがどこでエントリーをしたかや、どんな時間足が得意かなどのデータはリアルタイムであつまっておりますので、それらのデータを分析しますと安定して勝てる自動売買ソフトの特徴が見えてきます。

今回はそんな中から、ハイローオーストラリアを攻略するためのサインツール探しに有効と思えるデータをご紹介していきたいと思います。

カオチャイ
カオチャイ
なお、個別のインジケータの質問についてはお応えできませんのでご了承くださいませ

ハイローで勝てるロジックの特徴① 時間は5分以上

ハイローオーストラリアのゲーム時間

 

まず勝てるサインツールの特徴としてあげられるのは、ゲーム時間は5分足以上で稼働されていることです。

これはやはり、最近の小さなボラティリティでは0.1pips辺りの重みが違うからです。

昔は1分で1.0pipsなんて簡単に動いていましたが、現在は0.3pips程度しか動かない状況をよく見かけます。そのため、短い足ではほぼギャンブルという状態になってしまいまして、ロジックがうまく機能している印象がありません。

1分ゲームは取引回数は稼げますが、現実的なデータとしてturbo1分足のゲームを抜き取って3万回取引した場合の勝率を見た場合45%前後に収まっています。

ここに更にペイアウトで不利な条件がはいりますので、turbo1分足で勝つのは至難の業というわけです。

 

ハイローで勝てるロジックの特徴② 勝率が高くない

安定して勝てるサインツールの特徴として、サインツールがデフォルトの状態で52~54%で、そこから利用者が通貨や稼働時間、ゲームを選別していき最終的な勝率が56%~辺りに落ち着くという特徴があります。

こういったツールは月単位で2~3回(ヶ月)負け越す時もありますが(コロナ暴落の時はやられていました)逆に言えば年に9~10回(ヶ月)は勝ち越します。(そもそも月単位で完全に負けない自動売買はあまりありません)

負けたときも傷が浅く、大勝ちはないものの、大負けがとにかく少ないです。

逆に初心者に人気のサインツールは勝率80%!90%!なんていうものがありますが、こういうサインツールの特徴としては大勝ちがありますが大負けも半端ないです。酷いものですと1月の第一週の勝率が80%で、その後3週は平均勝率24%まで落ちたというツールも存在します。

これは明らかにオーバーフィッティングでごく一部の相場にしか適合できないサインツールですね。

 

ハイローで勝てるロジックの特徴③ パラメータ数が少ない

バイナリーのサインツールこちらは一世を風靡した台湾製のkobi1440というインジケータ

 

これはあくまでそういう傾向があるというお話なのですが、安定して勝てるツールは、お客さんが設定できるパラメータが少ないです。

極端なものですと上のkobi1440のようにパラメータ画面すらありません。理由として、開発者側の立場から言わせていただきますと、開発過程で徹底的に検証を行った場合、利用者にパラメータをいじってもらっても勝率と評判が下がるだけで何も良いことは無いからです。

表にはなかなかでてきませんが、勝てるサインツールの開発者さん達の多くは制作3日・検証100日という考えの方が多いです。

逆にネットでよく目にする勝てない有名インジケータの開発者の多くが制作100日・検証3日という感じでしょうか。

また、利用者がパラメータをたくさん変更できるサインツールは、負けた理由も利用者のせいにできますからね。開発者としては良い逃げ道になります。

そういう意味でパラメータが少ないインジケータのほうが勝っている傾向があります。

目安として色の変更や、文字の太さなどの調整のパラメータは覗きまして、実際に期間設定など勝率に直接関わるパラメータが10個以上あるものは疑ったほうが良いです。

FX-EAラボが確認したツールの中で一番多いものは70を超えていますね。もしバグが見つかったら開発は探し出すのが大変ですし、そもそもMT4で自動売買をするにあたってプログラム上の制限があり、50個までしか受け付けないのでやっぱりシンプルが一番。

 

ハイローで勝てるロジックの特徴④ ころころとロジックが変わらない

巷で売られているサインツールの中には、相場によってロジックが変わるものがあります。

こういうツールは自動売買をする時にMT4のデータウィンドウが賑やかでなんか凄い感がありますが、基本的に複数ロジックを内包しているインジケータできっちり稼げるものは非常に少ないです。

一つのツールに入れても良いのはせいぜい2つのロジックくらいまでじゃないでしょうかね。3つ以上あったら残念ながらそれはあまり勝てるインジケータではないです。

たしかにたくさんのロジックを内包したほうがエントリーは多くなりますから素人受けは良いです。なんか凄い!って宣伝もしやすいです。でも復数のロジックを内包するとエントリーが被ったり、マーチンの邪魔をしたりと別の問題が発生します。

なので真面目な開発者さんだったら多分ロジックごとに別々に制作するかと。aとかbとか通貨別にロジックを用意したりします。そのほうがバックテストもやりやすいです。

複数ロジックにするということ自体、開発者の自信のなさが現れていますし、相場によってロジックが変わる発想はまあ良いとして、相場が変わったことの判断をなにでするかも問題ですね。

相場の変化はVIX(恐怖指数)やATR(ボラティリティの強弱)である程度わかりますが、これらを参考にロジックを切り替えてその相場に合致するかはまったく別の話です。

もっと細かく相場を分析したくてもMQLで作るインジケータは水平線とかをうまく数値化できませんし、色々な相場と相関のある価格を引っ張ってきて総当たりで計算して現在の相場がどんなものかを割り出すなんて方法もありますけど、そもそもMT4にやらせる計算ではないので激重になります。

なのでお手軽に相場判断をVIXなどに頼ったりしている開発者さんが多いのが現状ですね。

しかしそもそも私が考える複数ロジックを内包させる一番の問題は、開発者が「相場を休む」という大切なことを理解していないという事です。

暴落などでいろいろな商品の相関が崩れている時は相場は完全なランダムウォークになります。つまりギャンブルです。トレードのうまい人達はそういう部分での取引は完全に停止します。

しかし相場をよくわかっていない開発者はランダムウォーク状態なのにチャートの形に無理やり意味を見出してロジックを動かそうとするのです。

一応データからわかる部分として興味深いのは、2018年の世界同時株安の際に利益を出したEA(FXの自動売買)は取引回数が極端に減り、負けたEAはエントリーが普段よりも多くなる傾向がありました。

相場のわからない部分ではいさぎよく止めるのが正解なんですよ。

 

一般には無名ですが、専業のトレーダーさんは皆さん読んでいる名著です

開発者と連絡がとれる。成績が出されているのは大事

こちらは今回の主旨であるFX-EAラボのデータとは関係ない部分なのでさらっとだけ書いておきますが、ハイローオーストラリアを攻略するためには、信頼できるインジケータだけではなく信頼できる開発者を探すのが一番手っ取り早いです。

お問い合わせ欄から問い合わせると、きちんと開発している方は意外と突っ込んだデータや自動売買の設定に関する数値なども教えてくれます。(もちろん礼儀のない人には教えません)

これは検証が大好きな開発者さんあるあるなんですが、しっかりと取ったデータって他に興味のある人から聞かれるとつい話したくなっちゃうんですよね。Twitterでも気軽につぶやいている人が多いです。

しかし売ることに重点を置いて検証に力をいれていない開発者さんは、データなどをきちんと取ってないので基本は秘密主義キャラが多く、過去の信憑性のない実績だけをアピールや、無料グループにいらしてください(その後有料に)のような流れで招待してきます。

ブログで公表されている過去の成績も思いっきり作り話だったりしますので、先程も書きましたがそういった開発者のサインツールで勝ち続けるものはほぼ無いです。

この記事を読んでくれた方はせめて騙されないように気をつけてくださいね。

 

yuki
yuki
ちなみにFX-EAラボはバイナリーの自動売買システムを販売しているのに、よくサインツールに関して否定的な記事を書きます。そしてその点でなぜか?という質問をよくいただきます
カオチャイ
カオチャイ
これは我々のビジネススタイルに関係している部分なのですが、我々の販売するハイローオートは、ロジックをお客様に用意して頂きそれを自動売買化するシステムです
yuki
yuki
そして月額チケット制なのです。つまり、お客さんが勝ってくれないとハイローオートの利用も打ち切られてしまうんです
カオチャイ
カオチャイ
なので我々がビジネスを続けるためには、お客さんには正しい情報を提供する事しかないんですね。ご理解いただければ幸いです!

 

ハイローオーストラリア攻略の手順

ハイローオーストラリアの攻略手順
yuki
yuki
この質問は特にトレード歴1年未満の方々にとても多くいただきますので、初心者の方向けに自動売買で勝つためのスタンスを少しだけ説明させていただきますね
yuki
yuki
ここまでの記事である程度インチキサインツールの特徴はつかめたと思いますので、ここからはサインツールを手に入れたあとのお話です!

 

ハイロー攻略の手順① 自分のロジックを理解する

まずバイナリーオプションの自動売買を稼働させるにあたって大切な事は、「自分が理解していないロジックは走らせてはいけない」ということです。

特に初心者にありがちなのが、有料インジなどを雑誌のカタログを見るかのように探し、バックテストが右肩上がりだからという理由だけで次々とインジを購入してそのまま自動売買にセットして放置というやり方です。

これは正直お勧めしません。

勝つためには、どれだけ評判が良いロジックでも必ずご自身でバックテストを行ってください。

例えば、日本時間(レンジが多い)の勝率とロンドン時間(トレンドがでやすい)の勝率の違いを比べてみる。

仲値の時間(9時55分)やロンドンフィックス(夏時間の24時)や指標が出る時間帯は止めたほうが良いのか悪いのか検証する。

こういうことを検証してからロジックは走らせるべきです。

ハイローオートに装備されているアナライザーで上記のことは無料で検証できますよ)

 

バイナリーバックテスト
【無料】バイナリーオプションのバックテストのコツハイローオートに無料で装備されているバイナリーのバックテストツールのご紹介です。 お使いのサインツールの苦手な場所をあぶり出して勝率を上げるのに必須のツールですのでぜひ使ってみてください。...

 

ハイロー攻略の手順② 相場全体のデータを取る

ハイローオーストラリア取引画面

サインツールの検証は行いますが、相場全体の分析を行わない人、または分析のやり方がわからないという人は多いかと思いますが、ハイローオーストラリアを攻略するためには相場全体のデータ取りはとても大切です。

相場全体を見るというのはどういうことかと言いますと、平時とランダム時の相場の違いを理解することです。

もう少し具体的に言いますと例えば中期~長期で見ると平時はドル円と日経平均が相関関係にあります。NYダウと10年国債金利も相関していますし、豪ドル円とNZドル円も相関しています。

ドル円とユロルやNYダウと金の価格は逆相関の傾向が強いなど、市場には相関して動いているものがたくさんあります。

しかしこれらの相関関係が崩れますと市場はランダムウォークに突入します。この期間中は抵抗帯やインジケータが効かなくなり、ほぼギャンブル相場に変化します。

普段から市場を見ている人たちは、自分が監視している銘柄の相関が崩れるとサインツール勝率が下がることを知っているので自動売買の停止などの措置をおこないます。

ツイッター界隈を見ていると「8月は難しかった」とか「今月は仕方ない」などのつぶやきが多いですが、実際に市場を検証したデータが蓄積されている方々はきちんとロジックを止めたり、パラメーターを少しいじったりして利益をきちんと出しています。「難しかった」ではなくて「難しそうだ」で食い止めているんです。

ハイローオーストラリアで本気で勝ちに行くためにはそのあたりのデータは非常に大切なんです。

 

ハイロー攻略の手順③ ロジックと市場を繋げる

ロジックのデータ、市場のデータが集まったら、負けた時の市場の動きはどの様になっていたかを繋げて見てみましょう。ここが結構面倒くさいところで、ほとんどの人がやらない作業です。しかし勝っている人は当然のようにやっている作業でもあります。

個人的にデータ取りを始めた頃は毎日エクセルに記入しておりましたが、現在は朝の10分程度チャートを見ればだいたいはわかるようになりました。面倒くさい作業だったぶん、一度脳が覚えると忘れません。

時間が足りなかったり、やり方がなかなか難しいと感じる人は、せめてドル円と日経平均の相関があるときに、ご自身のサインツールの勝率がどうなっているかから始めるのも良いです。とにかく一歩だけでも踏み出すことが大切です。

どんどん検証したい人は、ビットコインとNYダウの相関や、原油と金利や金をつなげてみても面白いことがわかるかもしれません。

このデータが蓄積して一度身につきますと、自動売買の停止時が簡単にわかるようになります。VIXなどを頼りにするよりも精度は高いです。身につくまでには時間はかかることですが、いくら自動売買とは言え楽して稼ぐことはできませんので、皆様にはぜひ一歩踏み出していただきたいです。

 

ハイローオーストラリアは自動売買で攻略できるか? まとめ

yuki
yuki
ズバリいいますがハイローオーストラリアは攻略可能です。うちのお客さんでも安定して利益を出している方は少しずつ増えています。ただしそれは自動売買ロジックに頼りっきりではなくご自身のスキルも上げることが必要です
カオチャイ
カオチャイ
私も昔は購入したインジケーターをMT4に放りこんで結果を見守るだけでしたが、市場の検証を繰り返すようになってからは適切なところで止められたり、無料のインジケーターを見つけてきて組み合わせて利益をだせるようになりました
yuki
yuki
特に自動売買初心者の方は売られているロジックを過信せず、検証とともにご自身のスキルアップを頑張りましょうね!FX-EAラボはそういうトレーダーさんを応援しております!
MT4のヒストリカルデータ設定
MT4にデューカスコピーのヒストリカルデータをいれる方法 https://fx-ea-labo.com/books ヒストリカルデータとは? ヒストリカルデータとは、MT4の...